2020.05.27

通常生活に備えるために! 「猪突猛進」鍋

ようやく東京も緊急事態宣言が解除。ふだんのアクティブな生活に戻るべく宣言前夜にいただいたのは、極上のジビエのお鍋でした!

CATEGORIES :
CREDIT :

文/八木千晶(LEON)

こんにちは、LEON編集部の八木です。緊急事態宣言が解除された今週、十分に周囲に配慮とケアをしながらになりそうですが、ふだんの生活に戻れるようになりそうですね。(自粛は自粛で、プライスレスな経験をさせていただきました。毎朝、掃除機をかける習慣がやっとついたのですから…そこかよ)
期間中はホームセンターにしか通わない日々のおかげで、なにより花を飾るのが毎日の癒しになりました。お花を習いたい。さて、そんな自粛の終わりにお取り寄せをしたのが、新鮮なジビエ! なぜならこの優雅なる廃人生活からの脱却のため、自分に喝と精力をあたえたかったからです(笑)。

購入したのは最近公私ともにお世話になっている、食情報WEBマガジン「おいしんぐ!」代表でありフーディーの金沢大基さんからオススメのイノシシ肉。産地は広島県、安芸高田市で、実はこの地域は「人口より鹿、猪が多い町」と言われているほどイノシシやシカが数多く住んでいるそうで。そのぶん、プロフェッショナルな猟師が良質なジビエを新鮮なうちに加工し、全国に流通させているのですね。今回は未発売のものを、特別にお裾分けいただきました。
クール便で来ました。で、解凍しました! 真っ白な脂身が既にうまそう。でも、イノシシ肉を取り寄せたところで、イノシシ家庭料理を食卓に上げたことがないブー! とキッチンでブヒブヒ鳴いていたら、こちらのお肉を実際に使用している東京•芝の割烹「食事 太華」が監修したオリジナルレシピがジビエ振興協議会のお手紙とともに添えられていました。ほっ。ブヒ。メニュー名は…「極上の猪しゃぶしゃぶ」とな!?
PAGE 2
で、作ってみたものがコチラ。なにより斬新だったのが、調理法。いままで外食で頂いていたイノシシ鍋は、味噌や香りが強い野菜とぐつぐつ煮込んだ濃厚なお料理だったのですが、肉の脂感が強いと感じていました。

しかしコチラは“しゃぶしゃぶ”と銘打っているため、薄切りのイノシシ肉をいったん“湯通し”をして余分な脂とアクを落とし、千切りのゴボウなどの野菜をたっぷり入れた甘口の醤油出汁に再度くぐらせていただく…という未知のしゃぶしゃぶ。イノシシってなかなか雄々しいイメージですが、お肉の旨味と出汁の甘味とゴボウの香りで三位一体となり……、これ女子、ぜったい好きな味ー!!
ということでペロリ完食。金沢氏からの「死んでも鍋のスープは捨てるな」のDMを守り、鍋の亡骸感あるスープに我が家の“スタ麺”、徳島のコシ最強そうめん「半田めん」を投入してすすりました。アクセントに京都の黒七味かけて! もうね、全米が泣きました。3回おかわりしました。なんならその後、おじやもつくって食べました。

と、食べた後から精力が満タンチャージされたのか!? 実食感想文が長くなってしまいましたが、通常生活に戻るスターティングメシとしてジビエをオススメします!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        通常生活に備えるために! 「猪突猛進」鍋 | 編集記 | LEON レオン オフィシャルWebサイト