2020.04.13

1000万円超えのCクラス! AMG C 63 Sはモテるセダン

生活感漂わず、でも便利で、自宅のガレージに入って、走りも楽しめて……。クルマ選びってホント、欲張りだしたらキリがありませんよね。そこで見つけたのがこのセダン。大オススメですよ!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/近藤高史(LEON)

みなさん、こんにちは、元気ですかーーッ。クルマがあれば、どこでも行けるッ!
LEONのクルマ担当、近藤です。
自粛自粛で自宅待機。この機会に、次に買いたいクルマをネット検索、なんて方も多いのではないでしょうか。おうちの方に反対されても「日本の経済をまわすためだ!」などと苦しい言い訳をしながら……(笑)。
さて、LEON3月号でも特集したセダンの中から今回、おススメしたい1台はメルセデス AMG C 63 Sです。
日本で取り回ししやすいサイズのCクラスでありながら、V8ツインターボチャージャー付き4リッターエンジンは“ヴォンっ!”という、始動した瞬間からテンション爆上げのエンジン音が実に心地よいクルマ。
Cクラスゆえ車庫やガレージに入らないという悩みは皆無、4ドアセダンゆえ4人で乗れないという悩みも皆無。それでいて信号が青になった瞬間のちょっとした競走や、ホテルのエントランスや駐車場に並んだ時の競争意識でも、必ずや優位に立てるという1台なのです。
ドライブモードが<Comfort><Sports><Sports+>そして<Race>とあり、ひとりでドライブする時などは、実に戦闘意欲を掻き立ててくれます。
PAGE 2
ワタクシ、試しにまぁまぁ高級車が駐車場に並ぶゴルフ場に乗り付けてみたのですが、周囲の反応がどんどん変わっていく様が面白くって。

「あぁ、メルセデスね」→
   ▼
「しかもCクラスか…」⤵
   ▼
「あ! でもAMGだ!」⤴
   ▼
「お! あのフェイス、あの音は、もしかしてロクサン⁉」⤴
   ▼
「わ! しかもカーボンパッケージ。タダ者じゃないかも…!」⤴⤴

こんな感じの周囲の視線や反応の流れ。わかりますよね、これぞクルマ選びのだいご味ってヤツでして。
フェイスもAMG専用ラジエターグリルがとてもイカツくて見て満足、走って満足、まわりの反応で大満足!なクルマでした。そこそこコンパクトなボディにオーバースペック気味なエンジン。このギャップこそが、モテるクルマなのではと思いました。グリルのお話は次号LEON(4月25日発売)でも取り上げていますのでぜひご覧になってくださいまし。

メルセデス AMG C 63 S

全長×全幅×全高:4755×1840×1430mm
車重:1790kg
エンジン:4.0リッター V型8気筒 ツインターボチャージャー付
最高出力:510PS(375kW)/5500-6250rpm
最大トルク:700N・m(71.4kgf・m)/2000-4500rpm
9速AT
価格:1433万円(試乗車:コンフォートパッケージ、AMGカーボンパッケージ、AMGパフォーマンスパッケージ付 1619万2000円)

◼️ お問い合わせ
HP/www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/mercedes-amg.html

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        1000万円超えのCクラス! AMG C 63 Sはモテるセダン | 編集記 | LEON レオン オフィシャルWebサイト