• TOP
  • FROM EDITORS
  • 「軽井沢マリオットホテル」でホントは苦手だったひとり旅を克服!

2022.06.15

「軽井沢マリオットホテル」でホントは苦手だったひとり旅を克服!

初夏の軽井沢でひとりステイ! 苦手なひとり寝を克服できたのは、「軽井沢マリオットホテル」のあたたかいおもてなしと、温泉満喫プランのおかげでした。

CREDIT :

文・写真/秋山 都 

LEON.JP食いしん坊担当の秋山都です。

‟美味しいもの、未知なものあらば東奔西走する”をモットーにしておりますため、日々バタバタと走り回っております。この日も年間40日しか営業しない幻のレストラン「ラ・カーサ・ディ・テツオ オオタ」で食事をするため軽井沢へ出かけておりました。

アマゾンの料理人として知られるまで太田哲雄シェフのことはまたいずれ記すとして、「ラ・カーサ・ディ・テツオ オオタ」でのランチはなんと5時間も続くのです。

12時にスタートして、終わるのが夕方5時。グルメで知られたかの皇帝ネロもこれほど長時間にわたって食べ・飲み続けたことがあるでしょうか? (きっとあるんでしょうね)
▲ 信州の山へ自ら採集に行った食材をコースに仕立てる太田哲雄シェフ(右)。
大満足のランチを終えて、パンパンに膨らんだお腹をサスサス。「もう今夜は帰りたくない……」と、(満腹すぎて)うるんだ瞳で友人たちを見つめてみても、みんなさっと目をそらすか、腕時計(してないのに)を確かめるそぶり。そうですよね、きっとそんなことになるだろうと、私は軽井沢でのステイ先を確保しておりました。

「お部屋広そうだから、誰か一緒に泊まってもいいよ?」

このダメ押しにも誰も乗ってこなかった。仕方ない、今夜はひとりで軽井沢ステイを満喫しちゃいましょう!
PAGE 2

◆ 軽井沢マリオットホテル(長野県)

ひとりで軽井沢に泊まる、というやや寂しい状況で私が定めた条件は下記の通りです。

1. ホテルであること(旅館でひとり寝は少し怖いので)
2. PC作業できるワークスペースが確保されていること(旅先はなぜか仕事が捗るもので)
3.温泉がある(単純に好きなので)
4.駅から至近か、シャトルバスがあるなどアクセスが良い(タクシー代を節約したいので)
▲ 軽井沢マリオットホテル、ノースウイングのゲストルーム。
ということで、今回お世話になったのは「軽井沢マリオットホテル」。ご存知グローバルホテルブランド「マリオットホテル」として2016年に開業し、2017年にはノースウイングを増築。軽井沢から中軽井沢へ抜ける軽井沢バイパス沿いに緑豊かな森に囲まれたリゾートホテルがあるな~と以前から気になっていたのでした。
▲ 「軽井沢マリオットホテル」の大浴場・露天風呂。モデルは筆者……と言いたいところですが、違います。
今回の滞在を決めた最大の理由は、この「軽井沢マリオットホテル」には「温泉満喫プラン」があったから。温泉アドバイザーによる入浴指南書に沿って大浴場・露天風呂の天然温泉を楽しめるのはもちろん、ゲストルームには専用の露天風呂が!
PAGE 3
▲ 露天風呂でひとり「プリティウーマン」ごっこ。
ホテルの快適性を持ちながら、いつでも気兼ねせずにどぶんと入れる露天風呂があるのは本当に気持ちよいものでした。夜はシャンパーニュといちごで優雅に(ひとりです)、朝は仕事用の資料をもちこみながら半身浴……部屋で過ごした時間の3分の1ほどをお風呂で過ごしたと言っても過言ではありません。
▲ 朝は読書をしながら半身浴。このスノコ(ふた)の上にPCをもちこんで仕事ができるかなと思いましたが、万が一のことを考えて止めました。
入浴指南をしてくださる温泉アドバイザーとは、マリオットホテルを擁する森トラスト・ホテルズ&リゾーツが独自に育成しているプログラムで取得できる資格のホルダー。入浴だけではなく、温泉による血行促進効果を高めるローカル食材を紹介してくれるなど、そのアドバイスは広汎に渡っています。
PAGE 4
▲ 温泉アドバイザーのバッジ。かわいい。
▲ 客室のアメニティはタイ発のスパブランド「THANN」でした。今後は『VOGUE』のエディターが立ち上げた「This Works」に変更になる予定だそう。そっちも気になる!
PAGE 5
さて、一夜明けて翌朝。朝食はメインウイングの「グリル&ダイニング G」でブッフェをいただきました。信州産の食材や、ご当地の料理がたくさんあって目移り……。
▲ 信州産食材コーナーが充実!
あれも食べたい、これも食べたい……と気は逸りましたが、厳選のうえ、「信州なめこそば」と、信州みそのおみそ汁をいただきました。
▲ 蕎麦は茹であげてあるものでしたが、のどごし良くて美味。朝からお蕎麦ってなんかヘルシーでいい感じ。
PAGE 6
▲ みそ汁にはこれまた長野・善光寺名物「八幡屋礒五郎」の七味をたっぷりかけて。
【ひとりステイを終えて】

「マリオットホテル」は世界で590軒以上もある巨大ブランドですし、どこかドライな、均一的なサービスが受けられるのだろうと思ってましたが、さにあらず。ホテルのところどころに手書きのPOPがあったり、ローカルな食材に焦点を絞った朝食を楽しめたり……心あたたまるサービスが印象的で、日本人的なホスピタリティに富んだホテルでした。このおもてなしのおかげで、ひとりなのに全然寂しくなかった。むしろ、ひとり旅の心地よさにハマってしまいそうです。

● 軽井沢マリオットホテル

住所/長野県北佐久郡軽井沢町長倉4339
予約・お問合せ/0267-46-6611
HP/karuizawa-marriott.com
*ホテル~軽井沢駅/中軽井沢駅の無料送迎あり。

PAGE 7

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        「軽井沢マリオットホテル」でホントは苦手だったひとり旅を克服! | 編集記 | LEON レオン オフィシャルWebサイト