• TOP
  • FROM EDITORS
  • 極私的・NBAプレーヤー八村塁に履いて欲しいナイキの一足

2019.07.17

極私的・NBAプレーヤー八村塁に履いて欲しいナイキの一足

日本人初のNBAドラフト入りを成し遂げたバスケットボールプレイヤー八村塁。そんな八村選手に(個人的に)履いてほしいスニーカーを選んでみました!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/平井敦貴

八村選手が成し遂げた、もう1つの「日本人初」の快挙

こんにちは、LEON.JPの平井です。

ついに日本人初のNBAドラフト入り選手が誕生しましたね。その名も八村塁。皆さんも連日のニュースでご覧になっているのではないでしょうか。

そんな八村選手ですが、実は「日本人初」の快挙をもう一つ成し遂げているのをご存知でしたでしょうか? それは、日本人アスリートとして初めての「ジョーダン・ブランド」との契約です。
マイケル・ジョーダンをモチーフとした「ジャンプマン」ロゴが特徴の「ジョーダン・ブランド」。写真はナイキ「AJF6」(2009年発売モデル)。
「ジョーダン・ブランド」とは、バスケットボールの神様「マイケル・ジョーダン」の名前を冠したナイキ発のブランドで、これまでにNBAでも名だたる選手が契約をしてきました。レイ・アレン、カーメロ・アンソニー、ラッセル・ウェストブルック、クリス・ポール、ブレイク・グリフィン、ジェイソン・テイタムなどなど。いずれもNBAトップクラスのスタープレイヤーたちで、そんな中に八村選手の名前が加わるというのですから、その注目度は世界的と言っても過言ではありません。

また、八村選手と言えばベナン人の父と日本人の母を持ち、故郷・富山をこよなく愛していることでもよく知られています。八村選手は日本人であることはもちろん、父から受け継いだベナンのルーツにも誇りを持っており、NBAドラフト指名の瞬間には、ベナンと日本のモチーフが裏地に半分ずつ描かれたジャケットを着て登壇をしました。

さて、そんな自身の持つ2つのルーツを大事にする八村選手ですが、ここではそんな八村選手に「極私的」に履いて欲しいスニーカーをご紹介したいと思います。

それがこちら、ナイキ「AJF6(エア・ジョーダン フュージョン6)」です。
こちらは2009年に発売されたモデルで、大ヒットモデル「エア・ジョーダン6」と永遠の定番「エア・フォース1」をまさしく融合(フュージョン)させたもの。基本的なアッパーのつくりは「エア・フォース1」のミッドカットモデルとしながらも、「エア・ジョーダン6」の特徴であるシュータンやヒールデザインなどを上手く掛け合わせたデザインとなっています。
PAGE 2

「AJF6」はエア・ジョーダン6とエア・フォース1の良いとこどり!

四角い穴が2つ空いたシュータンは「エア・ジョーダン6」の最も特徴的なアイコンです。ちなみに「エア・ジョーダン6」は漫画「スラムダンク」の主人公・桜木花道が履いていたのでそのデザインを記憶している方も多いかもしれません。
同じくシュータンの紐通しの部分にはジャンプマンロゴが配されています。このデザインも「エア・ジョーダン6」と同様のものになっています。
ヒール部分の特徴的なデザインも「エア・ジョーダン6」と共通です。指を引っ掛けて履きやすくするためのヒールパーツですが、後ろから見たときのデザインのポイントにもなっています。
PAGE 3

アイコニックなソールはAF-1を継承

インパクトのあるソールデザインは「エア・フォース1」と共通のもの。幾何学的な美しさで、スニーカー好きならこのデザインにピンと来る方もきっと多いはず。ナイキでは、このソールデザインを用いたiPhoneケースなども販売しています。
AIRの文字が刻印された「エア・フォース1」のソールに、ほとんど無理矢理「エア・ジョーダン6」のビジブルエアを搭載。ちょっと強引なデザインな気もしますが、個人的には好きなポイントです。
PAGE 4

随所に光るAF-1のデザイン

取り外し可能なベルトストラップが付属するので、気分に合わせて「エア・フォース1」っぽく履きこなすのも良いかもしれません。個人的にはこのストラップをつけないで「エア・ジョーダン6」感を出して履く方が好みです。
また、「エア・フォース1」感を高めるという意味ではこのスウッシュが地味に効いています。ちなみにこちらのモデルのスウッシュはエナメル素材を使っているため、レザーのアッパー地とは違う質感に。光の当たり方によってスウッシュが浮き立つような光り方をします。
「エア・フォース1」にも付属するシューレースの飾り。本モデルでは特別デザインの「ジャンプマン」と「AF-1」のダブルネームが刻印されています。
PAGE 5

後ろからのルックはAJ6そのもの!?

付属品のメタルプレート。表面には「ジャンプマン」のロゴが配され、裏面にはシューレースの飾りと同様、「ジャンプマン」と「AF-1」のダブルネームが配されています。
後ろから見たデザインは「エア・ジョーダン6」そのもの。見る角度(見られる角度)によってルーツとなる2足の特徴を上手に引き出したデザインとなっています。
そう、これまで見てきた通り、このシューズの最大の特徴は「エア・ジョーダン6」と「エア・フォース1」という“2つのルーツ”を見事に昇華させているという点なんですね。

で、話を戻し、NBAでのこれからの活躍が期待される八村塁選手ですが、彼が高校時代の恩師に言われて一番嬉しかった言葉があるそうです。

それは、『お前はハーフの大将なんだぞ。塁を見てみんなが頑張ろうとしているんだ』というもの。

自身と同じように2つのルーツを持つ子供たち。そんなハーフのロールモデルになりたいと、八村選手は常々公言しています。それは、ベナン人の父から受け継いだ身体能力と、日本人の母から受け継いだ優しい心を併せ持つ、八村選手自身の強いアイデンティティなのかもしれません。

そんなわけで、この「エア・ジョーダン6」と「エア・フォース1」の2つのルーツを持つこちらの「AJF6」。ジョーダン・ブランドと契約した八村選手にこそふさわしい一足だと個人的に思う次第。残念ながら2009年以降、復刻モデルも出ていないのですが、ぜひとも「ハチムラ・カラー」での復刻を切に希望しています。(ナイキさん、お願いします!)

そして八村選手、これからの活躍を楽しみにしています!
写真は全て私物です。

NIKE.COM

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL