2019.05.28

人形町のイタリアンがとってもエレガンテ

下町のイタリアンというとカジュアルで豪快…いやいやイタリアンワインを知り尽くしたオーナーのマリアージュはまさに艶やかでエレガントでした。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/渡辺 豪(LEON)

こんにちは。LEON編集部の渡辺です。

イタリアンというと純朴な「お母さんの手料理」というイメージ。ヨーロッパでもその様式の違いと進化の過程が実は面白く、より芸術性を高めていったフレンチと、食の原点を見直して家庭料理をつきつめていったイタリアン。

前者はヌーベル キュイジーヌ、後者はヌオバ クッチーナと両方とも意味は同じなのですが、その軌跡はことなるというのがいやー面白い。つまり素朴なイタリアンこそが本来の在り方であり、その真髄でもあると思うのですが、芸術性や味の変化をより楽しめるような奥行きがあるイタリアンに人形町で出会ってしまいました。
人形町のイル プロフーモです。エンメの森川さんのお気に入りでもあり、ご紹介いただきありがとうございました!

こちら、イタリアを旅して全州のワインを知ったオーナーシェフの淵本さんとシェフのマリアージュが大変に良い。イタリアンの素朴な味わいとどこかフレンチのアプローチにも通ずる味の層の暑さがとっても素敵でした。

基本、コースはお任せですが一部ご紹介。
PAGE 2
これらすべて基本お好みに合わせたペアリングです。なので、結構危険ですが、トスカーナからシチリアからイタリアの郷土料理をアレンジして美しく提供するそのスタイルは味わいもともにとってもエレガンテ。ラビオリや低温熟成された子羊は、ただ家庭料理オマージュのイタリアンにはない上品な味わいでした。

淵本さんのペアリングとマリアージュはとにかく知らないイタリアンの楽しさを教えてくれました。個室もあったので家族でいってみようかな。デートや会食にもピッタリな品のある設えも素敵でした。

■ イル プロフーモ

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        人形町のイタリアンがとってもエレガンテ | 編集記 | LEON レオン オフィシャルWebサイト