2019.02.15

大阪にモテるお買い物スポット出来ました!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/堀川正毅(LEON)

先日の大阪出張の目的は、「ドルチェ&ガッバーナ 御堂筋」のリニューアルオープンのパーティーに出席すること。世界中にブティックを展開するココンチですが、入店してみるとアレレ、何やらちょっと違う雰囲気……。その理由は、新たに導入されたある戦略が関係していたのでした。

某ラグジュアリーブランドが新作商品を買い求める人の行列の人数で過去最高になったとか、有名百貨店でのポップアップで一日の売り上げがン千万円を記録したとか、華やかなニュースが連発したTOKYOお買い物シーンですが、OSAKAも負けてはいられない!と「ドルチェ&ガッバーナ」が2月1日に期待大なブティックを完成させましたので、そちらの前夜祭リポートをお届けしたいと思います。
大阪のラグジュアリーな目抜き通りである御堂筋にリニューアルオープンした「ドルチェ&ガッバーナ 御堂筋」。元々コチラには同店があったのですが、大規模な改修を経て2月1日に開店したわけなのですが、過去にコチラにいらしたことがある方は、その違いにすぐに気づくハズ。

そうなんです、ココンチといえば、これまでは「艶やかで、黒光りしていて、ギラリな印象」な店舗イメージがあったと思うのですが、リニューアルした同店は、大きな窓ガラスから太陽の光が差し込む、「クリーンでソティスフィケイトされた印象」にへん〜しん。壁面には赤色の大理石がアクセントに使われていますが、それすら落ち着いた雰囲気をまとっているのだから、もぅまったく違うものになっているんですね。

聞けば、これは2016年のミラノ・モンテナポレオーネ店のオープンの際に導入された新しい店舗づくりの一環だそうで、グローバルで統一した店舗にするのではなく、国や地域に合わせた店舗にするということだそうです。もちろん、ズラリと揃うアイテムは、艶やかなスーツやドレスから、ポップなカジュアル、ギラリなやんちゃアイテムまで幅広いので、ここがドルチェ&ガッバーナであることは間違いないのですが、館が変わるとこんなにも印象が変わるものかと、感慨深いものがありました。
PAGE 2
エントランスのある1Fには、バッグやベルト、スニーカーに子供服などが取り揃っており、階段をあがると右手にメンズ、左手にレディスのウエアがあります。1Fも余裕のあるレイアウトになっているのですが、2Fのぶち抜きのフロアの広々っぷりは圧巻。同じフロアにメンズとレディスがあるので、デートの際も、端から一緒に見るもよし、それぞれ楽しむもよし(たまにチラチラ、彼女がチェックしているアイテムを確認するとか)なのですよ。

お買い物デートの時って、まったく別行動はつまらないけれど、時にそれぞれの時間があったほうが、結果、欲しいものを見つけられる可能性が高かったりしませんか? そんなジンクスがある私なので、こういうお店の作りは大賛成! 付かず離れずとでもいいましょうか、その程よい距離感、関係性がまたいいなぁと思っている次第です。

おっと、個人的な妄想がとっ散らかってきましたので、このあたりで。そうそう、前夜祭では、DJのRHYMさん、歌手のThaylaさんが大阪NIGHTを盛り上げていましたよ。もちろん、我らがジローラモも参加! ドルチェ&ガッバーナ ジャパンの代表取締役のパスクアレ氏と記念にパチリ。TOKYOに勝るとも劣らずなOSAKA、イケイケでした〜。

■ ドルチェ&ガッバーナ 御堂筋

電話/06-6211-6411
住所/大阪府大阪市中央区心斎橋筋2-7-18
営業時間/11:00〜20:00(不定休)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL