• TOP
  • FROM EDITORS
  • 日本酒好きが最後に辿りつく燗酒BARで、しこたま飲んでも二日酔い知らず!?

2019.01.09

日本酒好きが最後に辿りつく燗酒BARで、しこたま飲んでも二日酔い知らず!?

日本酒好きの先輩オススメのお店に新年会がてらしっぽり行ってまいりました。訪れたのは京王井の頭線の神泉駅から細い路地に入ってすぐのところにある、都内でもめずらしい燗酒の専門店「燗酒BAR Gats」さん。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/芦川明代(LEON)

はじめまして、新入りの芦川です。
新年明けてめでたい!ということで古巣の先輩と訪れた「燗酒BAR Gats」。
オススメの理由はいくつかあって、まずは飲み物が日本酒を加熱した燗酒(かんざけ)のみ。
しかも日本酒の中でも純米酒だけを取り扱う「日本酒好きが最後に辿りつく名店」と囁かれるほどの知る人ぞ知るお店。さらにときめくのが「このお店で日本酒をしこたま飲んでも二日酔いになった人を見たことがない!」ということで、どんなものか体感してみたく来店しました。
お店に入ると店主のマサさんがめちゃくちゃ気さくに迎えてくれました。マサさんの出自も変わっていて、実はプロのジャズミュージシャンで今も現役バリバリでツアー活動も行っているそう。
お店にメニューはなく、お腹の減り具合だけ尋ねられ、料理と燗酒はお任せです。四季折々で料理も燗酒も異なるので、一期一会の最高のペアリングを提供してくれます。
1品目「さつまいもとそぼろの和え物&人参のきんぴら」とにごり酒「玉櫻」の熱燗からはじまり、この日は全部で8品いただきました。
PAGE 2
料理とお酒に合わせて日本酒とおちょこの温度をマサさんが銘々に少しずつ調整していて、のっけから燗酒の奥深さを痛感。
なかでも感動したのが4品目の「トマトソースのミートボールパスタ」と燗酒のペアリング。「伊根満開」と「伊根町 夏の思い出」という2種類をブレンドした燗酒なのですが、そもそも日本酒をブレンドすることに驚いたのと味が甘酸っぱくてこれまで出てきた燗酒と明らかに違いかなりの変化球。
ロゼワインのような味わいでトマトソースの酸味と絶妙にマッチ。酸を酸で制す感じの初めての感覚にびっくりでした。
さらに〆のご飯的に出てきた6品目にも度胆を抜かれました。「梅干し、たくあん、味噌」のペアリングは「仁井田本家 自然酒純米原酒」にとろろ芋と出汁の3種類をブレンドした燗酒。飲んだ瞬間「なんだこれ!?」とまたもや新感覚。
出汁がよく効いた雑炊のようでいて、しっかり日本酒の味わいもして、なんとも言えずほっこり。グイグイいってしまうけど、マサさん曰く「美味しいけど、ふつうに日本酒が入っているから気つけぇや」とのこと。ある意味危険で本当にこの店でしか味わえないお燗でした。

この後〆のデザート2品にも燗酒を合わせてくる始末で、生酒にエルダーフラワーの香りをブレンドしたものや、ミードと呼ばれるはちみつのお酒に本みりんをブレンドしたデザート酒まで、その多種多様っぷりと燗酒の飲みやすさに最後まで驚嘆。
PAGE 3
結果、1升の半分以上は飲みましたが、いい具合のほろ酔い感で記憶も完璧。翌朝の目覚めも良く二日酔いどころか、むしろすこぶる体調が良くなった気さえします(個人差はあると思いますが)。

最後に一番気になる「冷酒に比べて燗酒は、たくさん飲んでもなぜ二日酔いになりにくいのか?」の理由を店主マサさんが寸劇をまじえてめちゃくちゃ面白く教えてくれたのですが、ここで私が説明するより実際にお店に行って見聞した方が一見に如かずなので、飲みやすくて残りにくい新感覚の燗酒を堪能したい方は、ぜひ訪問されてみてはいかがでしょうか!

■ 燗酒BAR Gats

住所/東京都渋谷区丸山町17-2
TEL/03-6317-3254
営業/19:00~翌0:00頃
※ご予約の場合、19:00前も可能です。
 お気軽にご相談ください。
定休日/日曜

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL