• TOP
  • CARS
  • 郊外デートは一杯のコーヒーが特別になる

2018.11.21

SPONSORED

なぜフランス車「プジョー」には特別な魅力があるのか【Vol.3】

郊外デートは一杯のコーヒーが特別になる

クルマがあると、いつもの街中デートとはひと味違った非日常を味わえることがありますよね。それこそが男女の距離を近づけるのに最適なシチュエーションです。中型でパワフルなSUVのラゲッジに、ブランケットやちょっとした“秘密道具”を積んで郊外へ出かけてみませんか?

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/福田喜一 スタイリング/稲田一生 ヘアメイク/MASAYUKI(TheVOICE) 文/池田保行(04)
sponsored by PEUGEOT CITROËN JAPON CO.,LTD.

クルマの魅力は実にさまざま。プロダクトとしての魅力はもちろんですが、移動の距離を縮めるとともに、電車などの時刻表に縛られず“自由な時間”を与えてくれる大人のギア

── そう、男女の心の距離を縮めてくれる役割も期待できるものだからです。
その魅力を最大限に引き出せるのは、やはりデートの時です。

例えば「明日の朝、ちょっとコーヒーを飲みに行かない?」と誘ってみてはいかがでしょう。きっと彼女は、ちょっとしたラウンジか話題のカフェを想像するはずです。ところが、クルマは高速道路にのって、たどり着いたのが、湖畔だったとしたら……彼女もびっくりすることでしょう。

さらに本格的にバーナーでお湯を沸かしてコーヒーミルで豆を挽けば、青空カフェの開店です。もっと手軽に地元の名店でコーヒーをテイクアウトするのも手。いずれにせよ、自然の中でのコーヒーの味は格別ですから。そんなワンランク上のデートも可能にするのが、クルマの魅力でもあるのですね。

NEXT PAGE2/ 4

街中から郊外へも最適なSUV

さらに電車や徒歩では到底たどり着けない場所で絶景を見ることができるのも、クルマの醍醐味のひとつ。そんな非日常的な楽しみ方には、街中から郊外、フィールドまで思いのままに駆け抜けるSUVが最適です。
いまどきの山間部は肌寒いので、ふたりでくるまれるブランケットと、ゆっくりと景色を眺めるために、寛げるアウトドアチェアもご準備ください。「プジョー 3008 GT BlueHDi」ならこれらの積載だって楽勝ですので、週末の過ごし方がきっと変わるはずです。

「プジョー 3008 GT BlueHDi」が郊外デートに最適なワケ

1. どんな道でも快適な足回り
ダカールラリーの経験が生きた足回りなら、山道だってパワフル。もちろん、雪、砂、泥などの悪路も安定して走り抜けます。
 
2. 女性から支持されるボディデザイン
フランス車ならではのエスプリの利いたボディデザインは、2017年欧州カー・オブ・ザ・イヤー受賞の実績が証明しています。

3. 荷物が多くても平気な高い収納力
旧モデルより拡張されたラゲッジルームは、ワンタッチでフラットになるうえ、ハンズフリー電動テールゲート機能も搭載。

NEXT PAGE3/ 4

まだあるプジョー3008の魅力

まだある「プジョー 3008 GT BlueHDi」の魅力とは

プジョーならではの、尽きない魅力

郊外を気持ち良く走り抜ける映画といえば……

2010年ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞作品『サムウェア』。高級ホテルで怠惰に暮らすジョニーは映画スター。微妙な年頃の実の娘と、ドライブの車中で心を通わせるストーリーは、ソフィア・コッポラ監督の幼少期の実話がベースとか。

(c) Everett Collection/アフロ

● PEUGEOT 3008 GT BlueHDi 

プジョー 3008 GT BlueHDi

2017年欧州カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した優秀SUV
2017年、2018年とダカールラリーの連覇を果たしたプジョー 3008は、きりりと直立したフロントの大型グリルが精悍な顔つき。2.0ℓクリーン・ターボディーゼルエンジンに、6速オートマチックトランスミッションという組み合わせのミドルレンジSUVは、燃費も17.8km/ℓと良好で、エコカー減税対象モデルに。
全長×全幅×全高:4450×1860×1630
エンジン:ターボディーゼル付き直列4気筒DOHC
最大出力:177hp/3750rpm
最大トルク:400Nm/2000rpm
価格:448万円〜/プジョー(プジョーコール)

NEXT PAGE4/ 4

非日常を体験できる”最高のギア”

ふたりの距離を縮める非日常デートへ

男性●コート43万円/ルッフォ、パンツ3万1000円/ジャブス アルキヴィオ(ともにビームス ハウス 丸の内)、ニット3万5000円/パニカーレ(トヨダトレーディング プレスルーム)、スカーフ3万円、カットソー9500円/ともにスローン、サングラス3万3000円/トゥエルブホームメイド(コンティニュエ)、時計80万円/ゼニス、靴14万8000円/サントーニ(リエート) 女性●ダウンコート8万5000円/デュベティカ(エフイーエヌ)、ニット2万8000円/スローン、スカート3万3000円/インコテックス(スローウエアジャパン)、ブーツ2万7500円/ピコリノス(ピコリノス・スピンラボ) ブランケット(白)、(赤)各2万円、ブランケット(チェック)/すべてルーマー(アルファPR)

■ お問い合わせ

プジョーコール 0120-840-240www.peugeot.co.jp

ビームス ハウス 丸の内 03-5220-8686
トヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567
スローン 03-3448-0207 
コンティニュエ 03-3792-8978
ゼニス 03-5524-6420
リエート 03-5413-5333
エフイーエヌ 03-3498-1642 
スローウエアジャパン 03-5467-5358
ピコリノス・スピンラボ 03-6721-0671
アルファPR 03-5413-3546

この記事が気になった方はこちらもどうぞ

夜デートを一気にドラマティックにする、あの手
愛しの彼女との最初のデートはドライブデートをオススメ。なかでも洗練されたデザインのプジョー 「5008 GT BlueHDi」なら、女性も気負わず乗れますし、車内も広くて快適そのもの。ふたりの距離が縮まれば、「次のデートはいつにする?」なんていう話になるかも。

女性にウケる究極のクルマは、意外なハッチバックだった
デイリーな街乗りには、適度な大きさのハッチバックがあるとやっぱり便利。 抜け道なんかを知っていれば、渋滞にハマることもありませんし、なにかと重宝するのです。いまどきはクルマを上手に乗り分けるのが賢い大人の手なのです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事