• TOP
  • CARS
  • 非日常感満載のドライブは『アヴェンタドール S ロードスター』とともに

2018.05.23

SPONSORED

非日常感満載のドライブは『アヴェンタドール S ロードスター』とともに

大人のオトコの夢とも言える「ランボルギーニ」。 しかも唯一無二の存在感漂う『アヴェンタドール S ロードスター』なら、ドライバーも助手席の彼女も強く非日常感を感じながらドライブできるのです。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/トヨダリョウ スタイリング/吉野 誠 ヘアメイク/北村達彦 文/いとうゆうじ

2018年7月号より
愛とロマンを語れる旅に欠かせないのが、非日常感です。そもそもドライブは非日常を楽しむもの。それをさらに高めるなら、特別なクルマが必要となるわけで、その点「ランボルギーニ」の『アヴェンタドール S ロードスター』はまさにうってつけ。

まずはその見た目。明らかにタダモノじゃない感たっぷりなデザインで、特徴的なシザースドアを跳ね上げた瞬間から非日常が広がります。走りももちろん格別で、エンジンをスタートさせれば、ミッド・リアに搭載されたV12気筒のエグゾーストが心地よく響き渡ります。

そして何よりも大事なのは「ランボルギーニ」というブランド感で、これは男なら誰もが憧れるロマンともいえる存在。なかでも『アヴェンタドール S ロードスター』は、力強い走行感も相まって、別格なドライブを楽しめるスーパースポーツカー。そんな非日常の一台で出かけるからこそ、流暢に愛もロマンも語れるのですよ。
爆発的なスペックを感じさせる走りとジェントルな語り──。そのギャップを活用すればトークの甘さもひと際高まって、効果的にモテるのです。男性●ジャケット6万4000円、パンツ2万9000円/ともにチルコロ 1901(ビームス ハウス 丸の内)、サングラス3万9500円/クリスチャン ロス(DITA 青山本店)、その他はスタイリスト私物 女性●ワンピース3万8000円/アナイ、そのほかはスタイリスト私物
EGOドライビングモードを使えば、自分好みのエンジン・セッティングにアレンジすることも可能なので、さらにダイナミックな走りの醍醐味も満喫できます。ちょっぴりドキドキな走りをあのコに贈れば、目的地に到着後、吊り橋効果も期待できるかもしれません。

「ランボルギーニ」『アヴェンタドール S ロードスター』

全長×全幅×全高:4797×2030×1136㎜ 車重:1625㎏ 
エンジン:6498㏄ V12気筒 最高出力:740hp/8400rpm 最大トルク:690Nm/5500rpm
価格:4996万9107円(税込)/ランボルギーニ(ランボルギーニカスタマーセンター)

■ お問い合わせ

ランボルギーニ カスタマーセンター
TEL/0120-988-889

ビームス ハウス 丸の内 03-5220-8686
DITA 青山本店 03-6433-5892
アナイ 03-5739-3421

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事