• TOP
  • CARS
  • あらゆる無駄を削ぎ落とした、いまもっともスタイリッシュでクールな1台

2018.04.10

自動車ジャーナリストが選ぶ、美しいクルマ【2】

あらゆる無駄を削ぎ落とした、いまもっともスタイリッシュでクールな1台

昔のクルマを美しいと感じるのはノスタルジーに過ぎないと語る金子浩久氏が美しいクルマとして選んだのは、スタイリッシュなSUVの代表ともいえるレンジローバー「ヴェラール」。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/金子浩久

レンジローバーにおける4番目のモデルとして2017年にデビューした「ヴェラール」

一目瞭然の美しさ

130年を越える自動車の歴史の中には美しいクルマは山ほどある。でも、昔のクルマは昔のセンスと技術でしか造られていない。昔のクルマを美しいと感じるのは昭和の歌謡曲が耳に心地良いのと同じことで、無邪気なノスタルジーに過ぎない。現代に生きる僕らとしては、現代のクルマを選びたいではないか。
金子氏が生命体のようななめらかさを持っていると語る「ヴェラール」のエクステリア。「イヴォーク」と「レンジローバー・スポーツ」のあいだを埋めるサイズとなる
レンジローバー「ヴェラール」の美しさは一目瞭然だろう。

ボディの前後左右どこにも冗長な線や面、無駄な装飾などが見当たらない。ドアハンドルの突起すら嫌って、走行時には格納されるという凝りっぷりだ。眼をつぶってボディを撫で回してもどこにも引っ掛かるようなことがない、まるでひとつの生命体のようななめらかさを持っている。
PAGE 2
ドアハンドルは必要なとき以外はボディと一体化するように格納される

新しい美とエレガンスを追求

デザインの構成要素を限りなく削減していくことで、本来的に有する造形美を際立たせようという手法で、新しい美とエレガンスを追求しようとしている。
PAGE 3
スイッチ類を極限まで減らした最新のインターフェイスを採用した「ヴェラール」のインテリア

造形と機能が見事に融合

インテリアはもっと素晴らしい。 

運転席の眼の前のメーターパネルは液晶モニターによってさまざまな情報が提示され、センター部分のタッチスクリーンは10.2インチサイズのものが上下二つ装備され、それぞれ別々の情報を表示し、異なった操作を受け付ける。

センターコンソールにあるプッシュボタンはハザードスイッチだけと、要素の削減はここでも徹底されている。これは単に美しさのためというだけではなく、増え続ける操作機能を整理整頓し、安全に操作できるように再定義されたドライバーインターフェイスである。
インストルメントパネルのセンター部分には10.2インチサイズのタッチスクリーンが上下二つ装備される
ステアリングホイールのスポーク左右にも操作部分が設けられているが、エンジン停止時には表示がブラックアウトされ、何も見えなくなる。この時、乗員が眼にする文字はステアリングホイール周りのレバー類とイグニッション、シフトレバーの“PRNDS”を除けば何もない。

今まで、ここまで徹底して余分な情報を廃し、シンプルな車内に仕上げたクルマを他に知らない。造形と機能が見事に融合している。透徹した美意識に包まれたヴェラールは、SUVという枠を越え、いま最もクールな一台だ。

■ この記事が気になった方は、こちらもどうぞ。

『自動車ジャーナリストが選ぶ、美しいクルマ』

【1】ピニンファリーナがデザインしたファミリーカーが実は美しい!

ピニンファリーナとイタルデザイン。イタリアを代表する二つのカロッツェリアの作品が好きだと語る大谷達也氏が、美しいクルマに選んだのは、ピニンファリーナがデザインを手がけたモデルの中で、唯一所有したことがあるプジョー306だった。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        あらゆる無駄を削ぎ落とした、いまもっともスタイリッシュでクールな1台 | 自動車 | LEON レオン オフィシャルWebサイト