• TOP
  • WATCHES
  • 25年目の「ロイヤル オーク オフショア」は、最高に色っぽい!

2018.11.25

SPONSORED

25年目の「ロイヤル オーク オフショア」は、最高に色っぽい!

大人の色気は、さりげなく醸したいもの。その決め手となるのが、誕生25周年を迎えるロイヤル オーク オフショアです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/小野塚雅之 文/LEON.JP編集部

大人のオトコはどう色気を纏うべきか?

大人になったとはいえ、型にハマってしまうのはつまらない。品行方正になりすぎることなく、いつまでも人生を楽しみたいし、色気は持ち続けたいものです。ただし、大人の色気と若い頃のソレは別物ですから、これ見よがしなアピールはトゥーマッチ。ふとした瞬間に垣間見える、というのが、大人の色気のマナーです。

そこで“ほどよい色気”のアピールポイントとなるのが、腕元。目は無意識に動くものを追いますから、腕元の違いは気付かれやすい。だから、腕時計は大人の色気を醸す絶好のアイテムなのです。

では、どんな1本が好ましいのか。真面目すぎても面白くないし、かといってスーツに合わせられないような奇抜なデザインは大人には向きません。その絶妙なラインを叶えるのが、今年25周年を迎える「オーデマ ピゲ」のロイヤル オーク オフショアです。“ラグジュアリースポーツウォッチ”の先駆けたるロイヤル オークを、よりスポーティに進化させたこちらのシリーズ。ケースを42mmに拡大、さらにはオフショア(沖)の名の通り、防水性能を100m防水に向上させました。

デザイン・性能はスポーティなのに、ケースの仕上げはラグジュアリーウォッチのソレ。ですから、一見して普通でも、ふとした瞬間に「あら、この人はなんだか違う」と女性に思ってもらえるというわけ。スーツに合わせれば若々しく、休日のスタイルに合わせればリッチに格上げ。そんな万能なモデルなのです。

NEXT PAGE2/ 4

大人に相応しいのはこんな1本 

◆ ロイヤル オーク オフショア・クロノグラフ

つまり、こんな逸品が正解なのです

「ロイヤル オーク オフショア・クロノグラフ・オートマティック」自動巻き、18KPGケース(42mm)、レザーストラップ、10気圧防水。425万円/オーデマ ピゲ(オーデマ ピゲ ジャパン)
「ロイヤル オーク オフショア・クロノグラフ」自動巻き、18KPGケース(42mm)、レザーストラップ、10気圧防水。425万円/オーデマ ピゲ(オーデマ ピゲ ジャパン)
登場時の1993年時点では、ロイヤルオーク オフショアはSSケースが主流でしたが、現在ではケースの素材・文字盤のカラーも豊富に。よりリッチで上品な印象を狙うなら、18Kピンクゴールド素材にグレー文字盤のこちらでしょう。
同モデルのアイコンたるメガ・タペストリーはそのままに、これまで文字盤では表現しづらいとされていたニュアンスカラーが塗装されています。アップライトインデックスの立体感も相まって、高級感のあるフェイスです。
ベゼルの仕上げは、ヘアラインとポリッシュを組み合わせた仕上げ。一見マットで落ち着いた印象ながら、動くたびに光を反射して輝きます。

NEXT PAGE3/ 4

オフショア25周年モデルはこんなにスゴイ

「ロイヤル オーク オフショア・クロノグラフ」

25周年で原点回帰、初代モデルを復刻

「ロイヤル オーク オフショア・クロノグラフ」自動巻き、SSケース(42㎜)・ブレスレット。10気圧防水。290万円/オーデマ ピゲ(オーデマ ピゲ ジャパン)
「ロイヤル オーク オフショア・クロノグラフ」自動巻き、SSケース(42㎜)・ブレスレット。10気圧防水。290万円/オーデマ ピゲ(オーデマ ピゲ ジャパン)
誕生25周年を機に、オリジナルを復刻させたのが本モデル。文字盤には現行と異なるプチ・タペストリーを採用し、バーインデックスが短めなのも特徴です。また、当時のムーブメントは「ジャガー・ルクルト」のCal.920でしたが、こちらは自社製の最新のものを搭載しています。スーツの腕元にも難なくハマるシルバー×ブルーのカラーも魅力です。

NEXT PAGE4/ 4

全く新しいトゥールビヨンモデルも

◆ ロイヤル オーク オフショア・トゥールビヨン・クロノグラフ

進化したトゥールビヨンも登場

「ロイヤル オーク オフショア・トゥールビヨン・クロノグラフ」手巻き、SSケース(45㎜)、ラバーストラップ、10気圧防水。価格要問い合わせ/ともにオーデマ ピゲ(オーデマ ピゲ ジャパン)
一方で、新たなデザインコードを踏んだロイヤル オーク オフショアも登場しました。トゥールビヨンは本来、姿勢差により機構にかかる重力の影響を分散させ、精度を保つ仕組みですが、それを巧みにデザインに取り入れたのがこちらのモデル。アイコンのビス留めはそのままに、ベゼルをアレンジすることで文字盤の面積を広くし、時を刻む様子がより楽しめます。伝統を守りながらも挑戦を続ける名門の姿勢が現れた1本といえましょう。

■ お問い合わせ

オーデマ ピゲ ジャパン 03-6830-0000
URL/https://www.audemarspiguet.com/jp/

この記事が気になった方は、こちらもどうぞ

アレもコレも!? 人気の時計はみな同じデザイナーだった!? その人物とは?
「オーデマ ピゲ」のロイヤル オーク、「パテック フィリップ」のノーチラス……、名作と呼ばれる腕時計のデザインを手がけたのは、ジェラルド・ジェンタという一人の男だった。その功績は今もなお、腕時計業界に大きな影響を及ぼし続けている。

「ロイヤル オーク オフショア」の25周年モデルが登場! 四半世紀で遂げた進化とは?
世界中の時計愛好家を魅了し続ける「オーデマ ピゲ」。中でも1993年に登場した「ロイヤル オーク オフショア」は42mmというケースサイズで、以降のラージサイズウォッチのトレンドを生み出した名作です。ここでは、デビュー25周年を迎える同シリーズの新作3モデルをご紹介!

「ロイヤル オーク」「ロイヤル オーク オフショア」が成した腕時計デザインの革新と、そのいま
誕生から40年以上の歴史を持つ「ロイヤル オーク」と、今年25年の節目を迎える「ロイヤル オーク オフショア」。初代モデルと2018年の新作を見ながら、その魅力のワケを探ります。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事