• TOP
  • WATCHES
  • ウブロの注目時計を厳選。最新の“ハイテクモダン”を搭載した10本はコレ!

2021.09.06

SPONSORED

ウブロの注目時計を厳選。最新の“ハイテクモダン”を搭載した10本はコレ!

スイス時計の伝統は数百年にもわたって受け継がれてきました。近年は時計をファッションとともに楽しむ新しい時代。これをリードしてきたのが「ウブロ」です。彼らは独創的なハイテク素材を開発して時計をモダンに進化させてきました。スイス時計の最先端がそこにはあります。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/人物・谷田政史(CaNN)、静物・照内 潔(てるうちスタジオ) スタイリング/久 修一郎 ヘアメイク/Jun MATSUMOTO(tsujimanagement) 文/篠田哲生

スイスの時計ブランドは、何よりも伝統を重んじます。基本となるメカニズムは数百年前から変わっていません。伝統をベースにしながら懐中時計へ、そして腕時計へと進化し、伝統を守りながらも革新していくこともまた、スイス時計の歴史であるのです。

一方で腕時計は、この20年で実用品から嗜好品へと大きく変化しました。時計の伝統は守りつつも、いかに所有欲を刺激し、身に付けること自体を楽しませるか? そこに多くのブランドが取り組んだ時代でした。その時代に最適解を導き出したのが「ウブロ」です。

最新の“ハイテクモダン”はコレ!

▲ 素材の力で定番モデルが魅力的に進化
定番素材ゴールドも、ウブロによって進化を遂げた素材のひとつ。とりわけウブロのキングゴールドは、金に銅とプラチナを独自の配合で加えることにより赤みの発色が美しく、しかも褪色もしにくい独自のゴールド素材です。セラミックベゼルをフュージョンさせることで力強さも増しています。『ビッグ・バン ウニコ キングゴールド セラミック』自動巻き、18Kキングゴールドケース(45㎜)、ブラックラバーストラップ。10気圧防水。427万9000円/ウブロ
彼らは独創的なケース素材を開発し、時計の表現力を広げることで、これまでになかった個性や性能をもったハイテクでモダンな時計をつくり出すことに成功しました。そして時計で自己を表現し、ファッション的に楽しむという新しい時計文化をつくったのです。

◾️ “ハイテクモダン”のバリエーションはコチラ!

Column

航空宇宙産業やF1で使用される素材など、時計界の素材使いはこの15年で急速に成長、発展を遂げてきました。つまり、
そうした最先端素材を使ったハイテクモダンは今日の時計の最先端。ウブロはそのハイテクモダンを牽引する存在なのです。

PAGE 2

“ハイテクモダン”はこうこなす

素材が多彩になるということは、時計の表情も多彩になる、ということ。したがって着こなしにおいては、時計が知的であればスーツを、やんちゃであれば着こなしもタフに、というように、時計ごとの個性を見極め引き立てるのが正解です。

ゴールドだけど派手じゃない

▲ 伝統素材の常識を覆したハイテクモデル
ゴールドには柔らかくてさまざまに造形できるというメリットもありますが、それは傷がつきやすいということでもあります。そこでウブロはセラミックとゴールドを融合させた世界初の傷がつかないゴールド素材「マジックゴールド」を開発。この独特の色に合わせた針やインデックスを採用し、落ち着いたトーンに仕上げています。『スピリット オブ ビッグ・バン マジックゴールド』自動巻き、18Kマジックゴールドケース(42㎜)、ブラックラバーストラップ。10気圧防水。世界限定200本。447万7000円/ウブロ
スーツ9万9000円/リングヂャケット(グジ 東京店)、ニット3万1900円/スローン
マジックゴールドは落ち着いた発色と控えめな光沢が特徴なので、存在感のあるトノー型ケースもどことなく上品な雰囲気に。そのため、黒ジャケット×黒ニットで時計の上品さを引き立ててあげましょう。
PAGE 3

『スピリット オブ ビッグ・バン』シリーズのバリエーションはコチラ

2021年10月号より
※掲載商品はすべて税込み価格です

お問い合わせ

協力
グジ 東京店 03-6721-0027
スローン 03-6421-2603

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        ウブロの注目時計を厳選。最新の“ハイテクモダン”を搭載した10本はコレ! | メンズウォッチ(腕時計) | LEON レオン オフィシャルWebサイト