• TOP
  • WATCHES
  • 世界でたったひとつの“未確認物体”な時計って? ユリス・ナルダンがオークションに出品

2021.08.02

世界でたったひとつの“未確認物体”な時計って? ユリス・ナルダンがオークションに出品

スイス屈指の技巧派時計ブランド「ユリス・ナルダン」が創業175周年を記念して制作したのは“UFO”⁉ それはデザインもコンセプトもとっても魅力的なテーブルクロックでした。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/篠田哲生

あなたのリビングに書斎に……オンリーワンの“未確認物体”がやってくる?

平成元年ごろの日本は空前の超常現象ブームで、深夜番組ではUFOだ、いやプラズマだ、ミステリーサークルだと、大人が真剣に議論を重ねていました。今ならフェイクニュースだの嘘松だのと揶揄され、ちょっとした炎上騒ぎにもなっていたでしょう。しかしその頃はインターネットも浸透しておらず、未知なるものへの好奇心にあふれていた時代だったのかもしれません。

それから四半世紀以上が過ぎた2021年6月、BBCであるニュースが流れました。

「アメリカ国防総省は、2004年以降に米軍関係者が未確認飛行物体(UFO)を目撃した144件のうち、何を見たのか解明できたのは1件のみで、他の143件で目撃された飛行物体については、地球外のものだという可能性は排除していない」

未確認である限りは何とも言えないというだけの話ではありますが、これだけテクノロジーが発達した時代であっても、いまだに説明できない事象があるというのは、なんともロマンティックな話です。
PAGE 2

揺れながら時を刻む、未来のクロノメーター

▲ 「UFO」手巻き、アルミニウム&吹きガラスケース(263×159mm)。世界限定1点のユニークピース。推定価格42'000CHF/ユリス・ナルダン(ソーウインド ジャパン)
さてそんな折、時計業界でも新種の“UFO”が発見されました。現場となったのは、スイス屈指の技巧派ブランドであり、独創的な時計作りで知られる「ユリス・ナルダン」。1846年に創業した同社は当時、世界最高精度のマリンクロノメーターの製造で知られ、多くの船舶が「ユリス・ナルダン」の製品を採用していました。

その頃のマリンクロノメーターは現代でいうところの“高性能GPS機器”のようなものであり、母港と現在地の南中(太陽が最高点に達する時間)の時差から、現在地の経度を割り出していました。しかし大きく揺れ、湿度が多く、寒暖差も激しい船上でも正確に時を刻む時計を作るのは極めて困難であり、それゆえ「ユリス・ナルダン」の技術はトップクラスであったことを証明しているのです。

そんな「ユリス・ナルダン」の創業175周年記念として製作されたのが、テーブルクロックUFO。現代からさらに175年後の2196年の“未来のマリンクロノメーター”を想像したのだとか。
PAGE 3
企画やデザイン、設計は「ユリス・ナルダン」が行い、時計の製造を担当したのはクロック専業のスイスブランド「レペ」。ドーム型のガラスケース(スイスのガラス吹き職人が丁寧に手作りした)の覆われたムーブメントは、未来の建築物のようにも未知の機械にも見え、天頂部にセットされた大きなテンプがゆっくりと振動しています。時刻表示は3つあり、6つの動力ゼンマイは完全に巻き上げれば、365日間動き続けます。
ベース部分が丸くなっており、起き上がりこぼしのようにゆらゆらと揺れる構造になっていますが、これはかつてのマリンクロノメーターがジンバル(回転台)に載せて常に時計を水平に保つようにしていたことに由来します。こちらのUFOではその反対に、揺れている状況で正確に時を刻めるように進化させました。

UFOが独特なのは、そのデザインだけではありません。この世界で1点のユニークピースは、2021年11月6日にチャリティーオークション「オンリーウォッチ」(※)に出品されるのです。売上のすべてが筋ジストロフィーの研究開発活動に当てられるのも、本作の素晴らしいところ。
※モナコ公国アルベール2世の後援のもと、モナコ筋ジストロフィー協会(AMM)が設立したオークション。筋ジストロフィーの研究のための資金調達を目的とし、2年に1度開催される。今回で第9回目の開催。
まさに“未確認物体”なスーパーモダンデザインのテーブルクロックは、コンセプトも実に魅力的。高級時計の世界には、未知への知的好奇心をかきたてるロマンが、まだまだ残されているのですよ。

■ お問い合わせ

ソーウインド ジャパン 03-5211-1791

※「オンリーウォッチ 2021」の詳細はこちらから

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        世界でたったひとつの“未確認物体”な時計って? ユリス・ナルダンがオークションに出品 | メンズウォッチ(腕時計) | LEON レオン オフィシャルWebサイト