• TOP
  • WATCHES
  • 時計好きなら知ってるよね? 「パーペチュアルカレンダー」と「アニュアルカレンダー」、何が違う? どっちが古い?

2021.07.10

第8回

時計好きなら知ってるよね? 「パーペチュアルカレンダー」と「アニュアルカレンダー」、何が違う? どっちが古い?

腕時計にカレンダー機構を搭載したモデル、目にしたことがありますよね。でも、その機構にも種類があるってご存知ですか? より精密に、そして扱いやすく進化してきたカレンダー機構に迫ります。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/高井智世

主に3種類に分けられるカレンダー機構

腕時計にはカレンダー機能を搭載したモデルが数多く存在しますが、そのカレンダーにはさまざまな種類があることをご存知ですか? 1日~31日を順に表示する一般的な日付表示のほかに、上位機能だと「パーペチュアル(永久)カレンダー」「アニュアル(年次)カレンダー」といったものがあります。

あると便利なカレンダー機能の、それぞれの特長についてご紹介しましょう。

普通のカレンダーは、月末の操作が必要

まず、一般的な日付表示のカレンダーは、時計の時針が2周、つまり24時間が経過すると日付が1日進む設定となっており、31日まで進んだ後はまた1日の表示に戻ります。

そのため、31日に満たない小の月(2、4、6、9、11月)には、自分で月末に1日まで日付を送る必要があります。これは1〜31の日付が印刷された1枚のディスクと、24時間で1回噛み合う歯車(=「日送り車」)から成るカレンダーの設計によるものです。

なお、このディスクと日送り車のかみ合う時間帯は一般的には20~4時とされており(※)、この間に無理な力を加えると破損してしまう可能性があります。この時間帯は、カレンダー修正を行わないようにしましょう。カレンダーの修正作業は手間かもしれませんが、カレンダーウォッチならではの操作を楽しめる瞬間でもあります。
※メーカー、モデルによって若干の違いがあります。
表示形式には、針で日付を示すポインターデイトや、10の位と1の位で別の表示板を使い、数字を大きく表示するビッグデイトなどのバリエーションがあります。
PAGE 2

パーペチュアルカレンダーは、100年単位で修正がいらない

「パーペチュアル(perpetual)」、つまり「永久」を意味する言葉を冠したこの機能は、4年に1度の閏年まで計算してくれて、時計が止まらない限り一切の日付の調整が不要となるものです。

現在「パーペチュアルカレンダー」を搭載した時計は、西暦2100年まで対応のものが多く、これ以降2200年、2300年のタイミングで手作業の調整が必要になります(※)。
※うるう年には例外があるため。4で割り切れる年にうるう年が設けられますが、さらに100でも割り切れる年はうるう年が適応されません。ただし、4と100と400で割り切れる年は、うるう年があります。
▲ 「ビッグ・パイロット・ウォッチ・パーペチュアル・カレンダー」自動巻き、SSケース(46mm)、カーフストラップ。356万4000円/IWC
これまで「トゥールビヨン」「ミニッツリピーター」が時計の3大複雑機構であることをお伝えしてきましたが、最後のひとつがこの「パーペチュアルカレンダー」です。デジタルウォッチでは主流の機能ですが、機械式時計の歯車機構でこの情報量を構築するとなると、大変複雑な仕組みとなります。

この機構の基礎を1795年に開発したのは、アブラアン=ルイ・ブレゲでした。この連載を欠かさず読んでくださってる方は、すでにお気づきでしょうが、3大複雑機構はすべてアブラアン=ルイ・ブレゲによるものなのですね。その事実を知ると、彼が「時計の歴史を200年早めた」と評されるのも頷けるでしょう。

開発当時は懐中時計に搭載されていましたが、腕時計では1925年に「パテック フィリップ」が世界で最初のパーペチュアルカレンダー搭載モデルを完成させています。

日付・曜日・月表示の3点セットを備えたモデルはデザイン性も豊かで、「トリプル・カレンンダー」「フル・カレンダー」「コンプリート・カレンダー」などと呼ばれます。
PAGE 3

アニュアルカレンダーは年に1度の修正でOK

▲ 「5205-コンプリケーション」自動巻き、18KWGケース(40mm)、アリゲーターストラップ。614万9000円/パテック フィリップ(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター)
「アニュアル(年次)カレンダー」は、年に1回を表す「アニュアル(annual)」という言葉が付く通り、年に1度だけ修正が必要な機構。月末の30日と31日を自動的に識別しますが、それに満たない2月末日のみ手動で日送りをします。それ以降は、翌年2月の月末まで毎日自動で表示されます。

この機構に先鞭をつけたのもまた、「パテック フィリップ」でした。同社は1996年のバーゼルフェアにおいて世界で初めてアニュアルカレンダー搭載モデルを発表しています。

より複雑な機構をもつパーペチュアルカレンダーの方が先に開発されていることは意外かもしれませんが、アニュアルカレンダーの魅力は、機構がシンプルで操作時に壊しにくいこと。パーペチュアルカレンダーは修正の手間がありませんが、ゼンマイが切れてしまった場合の修正は複雑になります。

アニュアルカレンダーは、一般的なカレンダーより手間がかからず、パーペチュアルカレンダーより複雑ではない。そんな使い勝手の良さを求めた機構なのです。

■ お問い合わせ

IWC 0120-05-1868
A. ランゲ&ゾーネ 0120-23-1845
パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター 03-3255-8109
ブランパン ブティック銀座 03-6254-7233

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        時計好きなら知ってるよね? 「パーペチュアルカレンダー」と「アニュアルカレンダー」、何が違う? どっちが古い? | メンズウォッチ(腕時計) | LEON レオン オフィシャルWebサイト