• TOP
  • WATCHES
  • 腕時計の基本、3大複雑機構のひとつ「ミニッツリピーター」とは?

2021.06.28

第7回

腕時計の基本、3大複雑機構のひとつ「ミニッツリピーター」とは?

音で時を知らせる「ミニッツリピーター」は、機械式時計ファンの垂涎の的。でも、その聞き方は? どうやって音を鳴らしているの? そんな疑問にお答えします。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/高井智世

音で時を知らせるミニッツリピーター

伝統的な機械式時計において、「トゥールビヨン」「永久カレンダー」と並んで3大複雑機構のひとつに数えられるのが「ミニッツリピーター」です。

「リピーター(repearer)」とは、ひと言でいうと、音で時刻を知らせることができる機能のこと。その中でもミニッツリピーターは、分単位で知らせる細やかな精度を備えています。

ロマンティックな世界へ誘う美しいな音色、古い起源、そして、複雑な機構ゆえの希少性──。まさに時計愛好家たちの憧れの的といった魅力を備えるミニッツリピーターについて紹介します。

闇夜に時を知るための機構として誕生

世界で初めてリピーター機構を発明したのはイギリスの時計師で、1680年頃のことでした。電灯もなく、夜になると暗がりで時計の時刻を読むのに苦労していた当時には、音で時間を伝えてくれるリピーターの存在は画期的なものでした。

発明当時は鐘の付いた置き時計でしたが、1783年にアブラアン-ルイ・ブレゲが鐘に相当するパーツをリング状のゴングに置き換えたことで、懐中時計に収まるまでに小さくなりました。この方式が現在のリピーターウォッチの原型となっています。やがて精度も30分、15分などの大まかな単位から、1分単位に対応するミニッツリピーターへと発達していきました。
PAGE 2

精緻な組み立てにより、美しい音色を叶える

リピーター(repearer)とは、オンデマンドの操作によって過ぎた時間が音で伝えられる機構であり、時間を復するということからその名が付いています。

操作をした瞬間が何時何分かを伝えるミニッツリピーターは、一般的には高音と低音の音を鳴らす2つのゴングと、それを打つハンマーの組み合わせによって、「時単位」「15分単位」「分単位」の3種類の時間が表されます。低音が「時」、高音と低音の交互が「15分」、高音が「分」の音です。

例えば、以下のムービーの最後のシーン。まず「時」を表すゴングが12回、次いで「15分」の2音の組み合わせが2回、さらに「分」のゴングが6回鳴っています。それにより知らされる時間は、12時36分(15×2+6)という事になります。
なお、ミニッツリピーターはゴングとハンマーが2組ありますが、これが3組となる「カリヨン」、4組以上を備える「ウエストミンスター」もあります。リピーター製造には高度な時計技術に加え、小さく繊細なゴングでできるだけ大きな音を響かせる力学の原理・音響の知識なども必要です。
▲ ピンセットにつままれているのがハンマー。このパーツがゴングを叩くことにより、チャイムが鳴ります。 画像提供:ショパール
また、パーツの数が増えるほど、音の調整には困難を極めます。その複雑さゆえに製造が難しくなるリピーターは、必然的に高価となり、誕生した時代には上流階級の貴族たちにとって趣味性の強い憧れの存在でした。

現在でも時計技術の最高峰に君臨し、時計愛好家たちの垂涎の的であり続けています。
PAGE 3

趣はそのままに進化するミニッツリピーター

長い歴史のあるミニッツリピーター。エレクトロニクスが発達して、いつでもすぐに時間がわかるようになった現代であっても、愛好家たちに愛されるその機能は高級時計メーカーの研鑽によって華麗に進化し続けています。

1969年、クオーツ式時計の登場(いわゆる“クオーツショック”)により、スイスの機械式時計メーカーの多くが姿を消しましたが、1980年代後半からは機械式時計ならではの機構の魅力を前面に打ち出すことにより人気を回復させていきました。
▲ 「5374-グランド・コンプリケーション」自動巻き、18KWGケース(42mm)、アリゲーターストラップ。価格要問い合わせ/パテック フィリップ(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター)
美しい音色を追求したミニッツリピーターを発表することによって、その機運をいっそう高めたのは「パテック フィリップ」でした。同社は2001年初めには従来の約2倍の長さがあるゴング(カセドラル・ゴング)を作り上げ、より豊かで力強い音色のミニッツリピーターを実現したのです。
▲ 「ロイヤル オーク コンセプト スーパーソヌリ」自動巻き、TIケース(44mm)、ラバーストラップ。価格要問合せ/オーデマ ピゲ(オーデマ ピゲ ジャパン)
「オーデマ ピゲ」は2016年にロイヤル オーク コンセプト スーパーソヌリを発表。これは鐘に相当するワイヤー状のゴングの取り付け位置を工夫し、反響音を増幅させ、音色を従来品より格段に大きくすることに成功したものでした。なお、他ブランドに先駆けて1892年にミニッツリピーター機構を腕時計へいち早く搭載したのは同社です。
▲ 「L.U.C フル ストライク」手巻き、18Kエシカルホワイトゴールドケース、アリゲーターストラップ。価格要問い合わせ/ショパール(ショパール ジャパン プレス)
ゴングの素材を一新するという手法を取ったのは「ショパール」でした。2016年に同社が発表したL.U.C フル ストライクは、従来のスティールやゴールドといった金属製ゴングに代えて、サファイアクリスタルを採用。

このゴングは音波の伝導を考慮し、風防のガラスと一体で作られています。透明感溢れる音色は、まさに技術の進歩がもたらしたものでした。

オーデマ ピゲ ジャパン 03-6830-0000
ショパール ジャパン プレス 03-5524-8922
パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター 03-3255-8109

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

      RELATED ARTICLES関連記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        腕時計の基本、3大複雑機構のひとつ「ミニッツリピーター」とは? | メンズウォッチ(腕時計) | LEON レオン オフィシャルWebサイト