• TOP
  • WATCHES
  • 名作腕時計、IWC「ポルトギーゼ」は何が通を惹きつけてやまないのか?

2021.04.03

Vol.06

名作腕時計、IWC「ポルトギーゼ」は何が通を惹きつけてやまないのか?

数多の時計のなかでも「名作」と呼ばれるモデルを、時計のプロが語ります。第6回目は、懐中時計のディテールを継承する「IWC」のポルトギーゼ。一見シンプルに思えるそのデザインにも、革新があったのです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/福田 豊

星の数ほどある腕時計のなかで、「名作」と呼ばれるモデルは何が違うのか? 時計のプロがその魅力を語ります。あなたの「時」を豊かにする、理想の1本との出合いを、ぜひ──。

元祖“デカ&ドレス時計”の華麗なる復活

「IWC」は、もともとは「International Watch Company」(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)という社名。いまではすっかり「アイ・ダブリュー・シー」という名前が定着しましたが、昔は時計好きたちの間では「インター」と短く切り詰めて呼ぶのが「通っぽくてカッコいい」とされていました。

スイスの時計ブランドであるのに英語の社名にされたのは、創業者がアメリカ人であったため。創業したのは1868年。スイスのなかでもドイツ語圏であるシャフハウゼンに本拠地を置くのも特徴。スイス時計界屈指の技巧派として知られ、これまで数多くの名作を発表してきました。なかでもポルトギーゼは、ストーリーテリングなモデルなのです。

〜ポルトギーゼの3つの革新的ポイント〜
(1)ポルトガル人商人の依頼で開発された高精度モデル
(2)高精度で視認性がよく、ドレッシーな、これまでにない名作
(3)薄いケースとクラシックなデザインが独特の魅力

PAGE 2

(1)ポルトガル人商人の依頼で開発された高精度モデル

▲ 1939年製のポルトギーゼ。現行モデルが、オリジナルのディテールを引き継いでいることがわかる。
ポルトギーゼが誕生したのは、1939年。そもそものきっかけは、1930年代の終わりの頃のこと。二人のポルトガル人の商人が「IWC」のシャフハウゼンの工場を訪れ、「マリンクロノメーターと同じ精度をもつスティールケースの腕時計が欲しい」と注文したのがその始まりです。

マリンクロノメーターとは、航海用の高精度時計のこと。海洋上での揺れや湿気や温度差などに影響を受けないマリンクロノメーターは当時の最高精度の時計であり、つまり彼らの依頼は、世界最高精度の時計を腕時計で作って欲しい、ということだったのです。

そこで「IWC」が行ったのが、懐中時計のムーブメントを搭載する、ということ。というのも、1930年代の当時は、まだ腕時計の草創期。腕時計用の小さなムーブメントは発展途上であり、高い精度が必要とされる軍用腕時計などには、サイズが大きく完成度の高い懐中時計のムーブメントを使用するのが、時計界での常套手段であったのです。

そしてその結果、ポルトギーゼはケース径42mmという、当時としては異例に大きな腕時計として誕生しました。ポルトガル人商人の元に納品されたのが1939年。その数年後にポルトギーゼという名前が付けられ、市販化されることとなったのです。
PAGE 3

(2)高精度で視認性がよく、ドレッシーな、これまでにない名作

かくして誕生したポルトギーゼ。ですが、当初はさほど売れなかったようです。現在ではケース径40mm以上のサイズの腕時計は当たり前になっていますが、1930~1940年代に42mmというのは、あまりに大きかったのでしょう。

ところが、1993年に「IWC」の創業125周年を記念して復活すると、ポルトギーゼの真の魅力が再発見されることになります。

というのは、前記したように、ポルトギーゼは軍用腕時計と同じく懐中時計のムーブメントを搭載するのを一大特徴とします。しかしその一方で、軍用とは全く違う、薄いケースに収められています。細い針や小振りなインデックスなどクラシックかつエレガントなディテールも、軍用とは異なる様式です。

要するにポルトギーゼは、大型かつ高精度で視認性に優れ、しかしドレスウォッチのように洒脱に付けこなせる、これまでにない名作だったのです。復活を機に、世界中の時計好きがそのことに改めて気付かされました。
▲ 「ポルトギーゼ・クロノグラフ」自動巻き、SSケース(41mm)、アリゲーターストラップ。90万7500円/IWC
ということで世界的人気となり、今日では「IWC」を代表するコレクションとして幅広い展開をしているポルトギーゼ。そのなかでも特別な人気を誇るのが、ここに挙げたクロノグラフ。12時位置と6時位置と、縦に2つのインダイヤルが並んでいるのが特徴です。
▲ 「ポルトギーゼ・オートマティック40」自動巻き、SSケース(40mm)、アリゲーターストラップ。79万7500円/IWC
また、昨年に発表されたポルトギーゼ・オートマティック 40も、新たな魅力をもたらしました。モデル名どおり、ケース径が40mm。つまり、オリジナルよりもサイズを小さくしながら、なおかつポルトギーゼのディテールを凝縮させているのです。2mmの差ですが、これまでとはまったく違った付けこなしが楽しめます。
PAGE 4

(3)薄いケースとクラシックなデザインが独特の魅力

ポルトギーゼの独特の魅力が、薄いケースとクラシックなデザイン。それが現在にも受け継がれていますが、そうしたスタイルはどのように生まれてきたのか? ここではその理由や見ドコロを解説します。

まず、薄いケースについて。実は「IWC」は、ポルトギーゼとほぼ同時期に、ドイツ空軍のための軍用モデル、ビッグ・パイロット・ウォッチも開発しています。しかし、後者が55mm径の分厚いケースであったのに比べて、ポルトギーゼは42mm径の薄いケースと、ずいぶんと小さく薄い。

その理由は、ビッグ・パイロット・ウォッチに当時の「IWC」のムーブメントでもっとも高精度のキャリバー52系を搭載したのに対し、ポルトギーゼにはより小型で薄いキャリバー74系を搭載したため。つまり、発表当時は大衆に受け入れられなかったものの、ポルトギーゼは最初から意図してドレッシーに作られたモデルだったのです。
また、最初期にはダイヤルと針も懐中時計のものを流用。以来、シンプルなリーフ針とアラビア数字のインデックスがポルトギーゼの象徴的なデザインになっています。
さらに、ダイヤルがケースいっぱいの大きさで、ベゼルの幅がごく狭いのも特徴。同じくムーブメントもケースいっぱいの大きさで見応え満点です。うるさ型の時計愛好家は、ムーブメントが隙間なく収まっているかをチェックするものですが、そんな向きも納得というわけ。

つまり、ポルトギーゼは、時計好きには堪らない魅力が詰まったモデルなのです。
※掲載商品はすべて税込み価格です

■ 問い合わせ 

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        名作腕時計、IWC「ポルトギーゼ」は何が通を惹きつけてやまないのか? | メンズウォッチ(腕時計) | LEON レオン オフィシャルWebサイト