• TOP
  • WATCHES
  • 時計選びは"やんちゃな感じ"が新基準【4】復刻モノでリッチな感じ

2017.07.13

時計選びは"やんちゃな感じ"が新基準【4】復刻モノでリッチな感じ

CATEGORIES :
本誌8月号の時計特集でお送りしている"やんちゃな感じ"の時計選び。最終回のキーワードも前回に引き続いて大人のオトコの大本命「リッチ」です。今回取り上げるのは往年の名作時計の復刻モデルの数々。いまや復刻モデルはあらゆるカテゴリーの時計において定着しつつありますね。そこにはヴィンテージ時計をそのまま付けるのとは異なるスタイリッシュな「リッチ」さがあるのです。
写真/人物・谷田政史(CaNN) 静物・照内 潔(てるうちスタジオ) 
スタイリング/四方章敬 ヘアメイク/古川 純
文/福田 豊、篠田哲生、柴田 充 
撮影協力/星野リゾート 界 熱海 別館ヴィラ・デル・ソル 熱海マリンサービス
2017年8月号より
例えばヴィンテージカーは大人のオトコなら誰もが憧れるものであり、最新のスポーツカーに乗るのとはひと味違うリッチさを感じさせます。それはクルマに対する造詣の深さや乗りこなすだけの経験と技術、そして所有する余裕の象徴であり、一朝一夕には身につきません。だからこそ年齢を重ねた大人にふさわしく、これまで歩んできた人生をヴィンテージカーに重ね合わせ、さらに魅力的に見せるのです。

こうした価値感は共通しつつ、"復刻時計"にはヴィンテージウォッチとは異なる、“現役感”があるのです。それは最新の技術や現代的なセンスが凝縮されているということ。それらを取り入れることでいまどきのファッションとも調和し、年代モノを付けた時のような腕元だけが浮くこともないのです。

それも時計が人となりを語るモノとして重要な位置付けにあるからこそ。オリジナルの良さを知りつつ、モダンな魅力を備えた"復刻時計"を付けこなすのが大人のオトコの特権なのです。
ドライブに映えるアズーロ・エ・マローネ / 時計は左と同じ。ブルゾン28万円/イザイア(イザイア ナポリ 東京ミッドタウン)、サングラス3万7000円/オリバーピープルズ(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)

ゼニス/ヘリテージ146 80万円

ツーカウンターのエル・プリメロを38㎜径に搭載 / 自動巻き、SSケース(38㎜)、カーフレザーストラップ。10気圧防水/ゼニス
1960年代のクロノグラフの特徴であるツーカウンターにカレンダーを省いたドレッシーなスタイルや、38㎜径の小振りケースなどこだわった雰囲気が魅力的。エル・プリメロをあえてツーカウンターにカスタマイズしつつ、当時の毎時1万8000振動から進化した3万6000振動はクロノメーター取得の精度を誇ります。
これからの季節のオープンエアードライブに最適なパンチングを施したキャメルレザーには、小振りでクラシックなクロノグラフが腕元で存在感を発揮します。アズーロ文字盤と同色のストラップもシックに溶け込みます。
ヴィンテージでも現役感は忘れない / 風格あるやんちゃオヤジのスタイルを演出するのがヴィンテージテイストのアクセサリーであり、現役感のある復刻モノ時計こそその最たるアイテムなのです。ライター5万8000円/ダンヒル(オールド ハット)、そのほかはスタイリスト私物
左●エイジングが楽しめるブロンズとのコンビ / 自動巻き、SS×ブロンズケース(44㎜)、カーフスキンストラップ/モンブラン(モンブラン コンタクトセンター)
中●ヴィンテージカーの躍動感を腕元に / 自動巻き、SSケース(46㎜)、カーフスキンストラップ。世界限定1000本/ショパール(ショパール ジャパン プレス)
右●初代のパイロットウォッチを復刻 / 自動巻き、SSケース(40㎜)、カーフストラップ。世界限定1917本。9月発売予定/オリス(ユーロパッション)

左●モンブラン/モンブラン 1858 オートマティック デュアルタイム 58万8000円

1858年に創業したミネルバを擁するモンブランがそのヘリテージをデザインで復刻した一本。1930年代のミリタリースタイルにベゼルとリュウズにはブロンズを採用し、アンティーク調ストラップとともに、経年の風合いが楽しめます。

中●ショパール/ミッレ ミリア 2016 XL レース エディション 121万円

ショパールは1988年からミッレ ミリアのオフィシャルパートナーを務め、ヴィンテージな男の趣味の世界観を共有します。クロノメーター取得の精度に、エイジングレザーのストラップはヴィンテージカーのボンネット留めを思わせます。

右●オリス/ビッグクラウン 1917 リミテッドエディション 22万円(予価)

オリス初のパイロットウォッチは1938年製とされてきましたが、1910年初頭にポケットウォッチが作られ、1917年にこれにワイヤーループラグを装着したモデルの存在が判明。このデザインをモチーフに、ダブルカフストラップを採用します。
■お問い合わせ
イザイア ナポリ 東京ミッドタウン 03-6447-0624
オリバーピープルズ 東京ギャラリー 03-5485-2361
オールド ハット 03-3498-2956
ショパール ジャパン プレス 03-5524-8922
ゼニス 03-5524-6420
モンブラン コンタクトセンター 0120-39-4810
ユーロパッション 03-5295-0411

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        時計選びは"やんちゃな感じ"が新基準【4】復刻モノでリッチな感じ | メンズウォッチ(腕時計) | LEON レオン オフィシャルWebサイト