FEATURE 時計を見ればオトコがわかる

今や正確な時間を知ることは造作もないことだ。にもかかわらず、世界では今日も一本数千万円もするような超高級腕時計が右から左へと売れている。なぜか。それは腕時計が世界基準でオトコに許された唯一のアクセサリーであり、富の象徴であり、人類の英知の結晶であるからだ。知らない、興味がない、で済ますのは簡単だ。けれど知っている側からあなたがどう見られているかを、あなたは知らない。時計を見ればオトコがわかるのは、本当だ。

  • - 2017.11.24

    時計業界のポジショニングを知らないのは日本人だけ

    時計業界のポジションニングは、世界的には常識だった? 世界の時計事情に詳しいジャーナリストが、日本人にはなじみの浅い世界の時計業界の事情を紹介します。

  • - 2017.07.15

    オーデマ ピゲの音色が最上級であるワケは!?【後半】

  • - 2017.07.14

    オーデマ ピゲの音色が最上級であるワケは!?【前半】

  • - 2017.07.14

    フランク ミュラーの”時間が読めない”時計って!?

  • - 2017.07.14

    シーンを選ばない時計には4つのデザイン方法論があった

  • - 2017.07.12

    時計選びは"やんちゃな感じ"が新基準【4】復刻モノでリッチな感じ

  • - 2017.07.12

    部門別最高峰に君臨する世界の驚愕時計はこの5本!【2】

  • - 2017.07.12

    ひと目でわかる超高級時計、音色でわかる超高級時計

  • - 2017.07.12

    八重洲にある、時計修復のレジェンドは歯車を復活させる

  • - 2017.07.12

    時計選びは"やんちゃな感じ"が新基準【3】ヨット時計で海辺な雰囲気に

SPECIAL