• TOP
  • WATCHES
  • コンビ時計が人気再燃!? その納得な理由とは?

2021.01.02

コンビ時計が人気再燃!? その納得な理由とは?

コンビ時計に“昭和なイメージ”を抱いていたとしたら、それはもったいない。特に狙い目なのが、ラグスポ時計のコンビ! ググッとリッチさが高まり、周りと差をつけたい御仁に絶好なのですよ。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) 文/吉田 巌(十万馬力)

定番のラグスポ時計も、コンビだとリッチかつ新鮮に!

バブルの頃に流行って以降、長らく主役から遠ざかっていた感のある「コンビ時計」が、最近お洒落な人たちの間で再び注目されていることをご存知でしょうか? 

中でも人気が高いのが、ラグスポ時計のコンビ。ご存知の通り、ラグスポ時計のケースはSS(もしくはホワイトゴールドなどのシルバーカラーの素材)が主流ですが、そこにゴールドがチラリと入ることで華やかさや色気が高まり、見慣れたデザインもぐっと新鮮に見えるからでしょう。

もちろんそのリッチ&スポーティな塩梅は、幅広い着こなしのアクセントに。また、コンビだとほんのりヴィンテージな趣きとなるケースも多く、より大人向きのラグスポ時計をお探しの方にも絶好なのです。

ちなみにこういうコンビ時計は、他につけるアクセサリーがシルバーでもゴールドでも、あるいはその両方をつけていた場合も、すんなりまとめ上げてしまうのもポイント。是非とも狙ってくださいませ。
PAGE 2

◆ オーデマ ピゲ 『ロイヤル オーク オートマティック』 

コンビの艶やかさに加え、アンティークのようなサイズ感も◎

▲ 「ロイヤル オーク オートマティック」自動巻き、SS×18KPGケース(37mm)×ブレスレット。250万円/オーデマ ピゲ(オーデマ ピゲ ジャパン)
「ロイヤル オーク」といえば、ラグスポ時計の嚆矢。ケースとブレスが一体化したソリッドな外装は、時計デザインの巨匠、故ジェラルド・ジェンタ氏が潜水服のヘルメットから着想したと言われています。1972年のデビュー以来、様々なバリエーションが作られてきましたが、小ぶりなコンビバージョンとなるとまた華やかな印象に。

こちらは女性に向けたケース径ですが、最近は世界的に小ぶり時計がブームですから、あえて男性が着けても洒脱です。アンティークのようなサイズ感は、スタイルを知的に彩るアクセントにもなるでしょう。

控えめに感じるかもしれませんが、このサイズであってもエッジの効いたデザインはしっかりプレシャス感を主張。コンビなら、なおさらリッチに輝くことは確実です。
PAGE 3

◆ ベル&ロス 『BR 05 ブラック スティール&ゴールド』 

どこか柔らかさを感じさせる新型ケースに、コンビ仕様は相性バツグン

▲「BR 05 ブラック スティール&ゴールド」自動巻き、SS×18KPGケース(40mm)×ブレスレット。100m防水。120万円/ベル&ロス(ベル&ロス ジャパン)
ベル&ロスは2019年に新型ケース「BR 05」シリーズを発表。こちらはそこに追加されたSSとピンクゴールドとのコンビモデルです。

「BR 05」は、エッジを丸めた角型ケースやケースと一体化したラグの効果で、力強さの中にも優雅さを感じさせる独特のスタイルが魅力ですが、それがコンビだと一層洗練された雰囲気に。太いベゼル部がゴールドになったことで見た目のリッチ感も高く、いかにも夜のシーンに映えそうな華やぎも感じさせます。

ベル&ロスの角型BRシリーズに昔から憧れていたけれど、できればより大人っぽく着用できる1本が……なんて人にオススメです。
PAGE 4

◆ ショパール 『アルパイン イーグル XL クロノ』

話題の新作ラグスポに、早くもコンビのクロノグラフが追加!

▲ 「アルパイン イーグル XL クロノ」自動巻き、ルーセント スティール A223×18Kエシカルローズゴールドケース(44mm)×ブレスレット。100m防水。307万円/ショパール(ショパール ジャパン プレス)
名門ショパールが作った新たなラグスポ時計として話題の「アルパイン イーグル」シリーズに、早くも自社製フライバッククロノグラフ搭載機が追加されました。ケースはシリーズ中最大の44㎜となり、70年代の名作「サンモリッツ」のアイコニックな特徴を受け継ぐスタイリッシュなデザインを、いっそう貫禄たっぷりに仕上げています。

ご覧のモデルはベゼルとブレスの一部にエシカルローズゴールドを使ったコンビバージョン。SS部分にはショパールが4年の歳月をかけて開発した“ルーセント スティール A233”という特殊なスティール合金を使っているため、一見ホワイトゴールドとローズゴールドの組み合わせに見えるほどゴージャス感があります。

ちなみに、搭載する「Chopard 03.05-C」も非常に高性能なムーブメント。クロノ操作はコラムホイール式で、約60時間のパワーリザーブを誇り、なおかつCOSC認定もしっかり取得済みと、メカニズムにこだわる向きにも自信を持ってオススメできます。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

オーデマ ピゲ ジャパン 03-6830-0000
ショパール ジャパン プレス 03-5524-8922
ベル&ロス ジャパン 03-5977-7759

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        コンビ時計が人気再燃!? その納得な理由とは? | メンズウォッチ(腕時計) | LEON レオン オフィシャルWebサイト