• TOP
  • WATCHES
  • お洒落のプロが語る、運命のヴィンテージウォッチの見つけ方・こなし方

2020.11.11

featuring 西口修平

お洒落のプロが語る、運命のヴィンテージウォッチの見つけ方・こなし方

ビームスのディレクター西口修平さんは、世界的に著名なウェルドレッサー。実は、クラシックを軸とするエレガントな装いにヴィンテージウォッチを合わせる名手でもあるのです。愛用時計とその付けこなし方を披露していただきました。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/干田哲平 文/長谷川 剛(TABLEROCK)

「クラシックな装いには、ヴィンテージ時計が良く似合う」

セレクトショップのビームスのなかでも、時代性あるクラシックスタイルを提案する「ビームスF」。西口修平さんは、その次世代クラシックレーベルを手掛けるディレクター。

新たな男性服に関する提案力もさることながら、独自の感性にてヴィンテージミックスのコーディネート・テクニックにも定評がある人物です。世界中のファッションメディアにおいて西口流スタイルが日々紹介されるだけでなく、インスタグラムでは約11万人のフォロワー数を誇る、当代きってのファッショニスタなのです。

そんな西口さんは、小物使いに関しても超一流。なかでもヴィンテージ時計におけるチョイスの絶妙さと、洒脱に付けこなすテクニックは、マスタークラスと言える腕前です。そこで、ヴィンテージ時計に寄せる思いの丈や付けなす際のこだわりを伺ってみました。
PAGE 2
▲ アルフォンソ シリカのスーツはオーダーメイドにて仕立てたもの。ソフトなスーツにタートルネックのニットを合わせた装いは、「寛ぎを感じさせる大人の街着スタイル」とのこと。さらりと上質なスーツを着こなしているところが実に素敵。
「学生の頃からクラシックスタイルに憧れていて、そんな着こなしには時計もクラシカルなものがマッチすると考えていました。

リアルなクラシックスタイルを知るテキストとして最適なもののひとつに、往年のハリウッドムービーが挙げられます。1940~60年代を描いた映画では、お洒落な紳士たちが小振りの機械式時計を品良く付けて登場します。そういった装い方を自分も取り入れようと、ヴィンテージ時計の道に入りました。

それに、ヴィンテージウォッチには一期一会の出会いがあるように思います。長い時間を経て、ようやく自分の手元にたどり着いた感じとでも言いましょうか。昔ながらの作りの良さや古色も当然ポイントですが、そういった特別感に心が動かされます」
そんな西口さんがこの日選んだのは、1950年代の金無垢ロレックス。いわゆる“ノンオイスター(非防水)”と呼ばれる、今となっては希少なスモールセコンド式のドレスウォッチです。

今日の装いは、アルフォンソ シリカのオーダースーツをメインとしたリラックス感のあるスタイル。英国的なキャバルリーツイルの一着に、ヴィンテージロレックスが調和しています。

「ご存知のとおり、ロレックスはスイスの時計ブランドですが、創業当時は本社をロンドンに置いていました。英国での販売に軸足を置いていた時期があり、このモデルも英国製のデニソンケースを纏ったモデル。ただしインデックスの意匠はロレックスらしく、極めてオーソドックスなアラビア数字。ソフトな仕立てのスーツをニットで着こなす装いに、ほど良くマッチしていると考えます」

ここでちょっと解説すると、デニソンケースとは、デニソン・ウォッチケース・カンパニーというイギリスの会社が製造していた時計ケースのこと。当時、イギリス市場のみに供給された高品質なケースなので、時計好きやコレクターからも人気を集めているのです。
PAGE 3

「確かなショップを見つけておくことが必須です」

その英国調ロレックスはどちらで手に入れたものなのでしょう。

「僕が大変お世話になっている、ヴィンテージウォッチショップの江口時計店で購入しました。僕は以前、スポーツロレックスを1本所持していたのですが、どうもスポーティすぎて自分にマッチしなかったんです。ある時、江口さんから『お好みのモデルが入りましたよ』と連絡をもらって見に行ったところ、これがとても気に入ってしまい。そのスポロレを下取りに出して、新たにこちらを手に入れたのです」

「連絡が来るほど、江口時計店とはなじみ深いんです」と語る西口さん。お店にもよく顔を出すのだそう。

「ヴィンテージウォッチの良し悪しは、外見だけで判断できるものではありません。なかには外見はキレイでも、ムーブメントの部品が取り換えられている個体もあると言います。だから僕は、安心して買い物ができるよう、ヴィンテージウォッチの目利きのいるお店を選んでいます。信頼関係が成立してしまえば、情報交換もスムースですし、もちろん下取りなど保証もしっかり付いてきます」

西口さんによると、信頼できる時計店を見つけておくことのメリットはまだあるのだとか。

「立ち寄った時に店主といろいろ話すことで、時計に関する知識を深めることができるのもポイント。時計のことを教えてもらえる機会って、なかなか日常にはないじゃないですか。だから、確かなショップを見つけておくことは、ヴィンテージ好きならマストだと思います」
PAGE 4

「一期一会の出会いに心が動かされます」

複数のヴィンテージウォッチを所有している西口さん。今回は、なかでもお気に入りのモデルをいくつか見せてもらいました。
▲ ヴァシュロン・コンスタンタンの「ラウンド」とカルティエの「タンク」も、ともに江口時計店にて購入したもの。どちらも小振りサイズで、腕元にエレガンスさを添えてくれます。
「ヴァシュロン・コンスタンタンの手巻きは特に愛用品です。金無垢のラウンドケースという意味では先述のロレックスと似ていますが、こちらはバーインデックスや直線的なラグなど少し堅めの印象。それに、ロレックスは茶ベルトが似合いますが、このヴァシュロンはブラックのクロコダイルベルトが最適だと思っています。ドレッシーな気分の時に付けることが多いですね。

その隣は、カルティエの名作であるタンク。こちらも繊細で美麗なルックスですが、個人的にはカジュアルまで合わせられる懐の深さも感じる1本。ドレススタイルだけでなく、レザーブルゾンを合わせるなど自由に楽しんでいます」
▲ ブローバのミリタリーウォッチは約10年前に手に入れたお気に入り。文字盤を黒白にすることで昼夜を表現した、24時間時計です。こちらも31㎜ほどの小振りなケースサイズ。
「スポーツやワークなど、ラギッドなスタイルに合わせるのが、ブローバのミリタリーウォッチ。こちらは10年ほど前に手に入れた、コレクションのなかでも古株の1本です。古着の軍パンやデニムをメインに据えたコーディネートの時に、このモデルを付けています。

ストラップは、ブラックのファブリックのほか、オリーブに替えることも。ミリタリーらしいサンドブラストのスチールケースと24時間表示がお気に入りです。ただし、時刻がちょっとわかりづらいのが玉にキズ(笑)。でも、そこも含めて愛着を感じています」
▲ ヴィンテージ好きの西口さんですが、現行モデルも所有しています。このブライトリング「クロノマット」日本モデルは、2020年にリリースされた最新作。やや小さめの42㎜径や、アーカイブから発想した個性的なルーローブレスレットがポイント。西口さんは「ジーンズやTシャツといったシンプルで活動的な装いの時に使っています」と語ります。
熱烈なヴィンテージウォッチマニアの西口さん。この道に到達地点はあるのでしょうか。

「やっぱり、いつかはパテック フィリップが欲しいですね。実は先ほど紹介したヴァアシュロン・コンスタンタンを手に入れた時に、ヴィンテージのカラトラバも候補に上がっていたんです。でも、50歳未満でカラトラバをきちんと付けこなすことは至難の技だと思って。もう少しだけ修業を積んでからトライしたいですね(笑)」

● 西口修平(にしぐち・しゅうへい)

ビームスF ディレクター。1977年、大阪府生まれ。学生時代に始めたビームスでのアルバイトを経て、ビームスに就職。関西での10年間の販売経験を積んだ後、ビームスFのバイヤーとして上京。2014年から現職。Instagram等のSNSでもその装いテクニックは注目を浴びている。
Instagram/@shuhei_nishiguchi

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        お洒落のプロが語る、運命のヴィンテージウォッチの見つけ方・こなし方 | メンズウォッチ(腕時計) | LEON レオン オフィシャルWebサイト