• TOP
  • WATCHES
  • 一歩先行く「スケルトン時計」は、“魅せる”目線で選びたい

2020.11.05

一歩先行く「スケルトン時計」は、“魅せる”目線で選びたい

すでに一大ジャンルになった感のある、スケルトン時計。近年、腕時計メーカーは単にスケルトナイズするだけでなく、いかに“魅せる”か、つまりデザインに力を入れるようになりました。腕元にいっそう差がつく新作をどうぞ。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/鈴木裕之

後付けの伝統装飾から“魅せるムーブメント”へ

既存のムーブメントに施す装飾加工として、ジュネーブなどを中心に広まっていったスケルトナイズ加工。旧来の伝統装飾が、曲線を主体とした加工だったのは、ジュネーブ様式のベースムーブメントが、そうした受けのデザインを好んだことと無関係ではありません。

しかし、現代ではそのような“後付け装飾”は下火となり、スケルトナイズを前提としたムーブメント設計が専用に行われるようになりました。ユリス・ナルダンの「ブラスト」や、ルイ・ヴィトンの「タンブール カーブ」は直線主体のスケルトナイズが目を引く、いわゆる“モダンスケルトン”の代表格。

コルムの「ゴールデンブリッジ」は、ムーブメント自体のスケルトナイズ加工はありませんが、独特なインライン構造は、そもそも見せることを前提にデザインされており、額縁としてのケースに大きなシースルー箇所を設けることで、ムーブメントの造形美を際立たせています。
PAGE 2

◆ コルム 『ゴールデンブリッジ レクタングル』 

直列ムーブメントが際立つレクタングルケース

▲ 「ゴールデンブリッジ レクタングル」手巻き、18Kローズゴールドケース(29.5×42.2mm)、アリゲーターストラップ。450万円/コルム(GMインターナショナル)
原点回帰を目指した「ゴールデンブリッジ レクタングル」の新作。現行モデルからスケルトナイズのローマンインデックスを取り払うことで、よりムーブメントの個性が際立つようになりました。

独立時計師ヴィンセント・カラブレーゼのアイデアによるインラインムーブメントは、それ自体が芸術品のような凄みをもっています。新作ではシースルーの面積を大きく取ることで、ミニマルな魅力を存分に引き出しています。
PAGE 3

◆ ユリス・ナルダン 『ブラスト』 

幾何学的なスケルトナイズがクール

▲ 「ブラスト」自動巻き、18Kローズゴールドケース(45mm)、ラバーストラップ。626万円/ユリス・ナルダン(ソーウインド ジャパン)
ユリス・ナルダン初の自動巻きトゥールビヨン「UN-172」を搭載した新作。ムーブメントに施されたスケルトナイズのパターンは、同社のエクストリーム性を象徴する「X」デザイン。

黎明期のステルス戦闘機を思わせる“折れ”を多用したケースのファセットは、細やかに仕上げが変えられています。ローズゴールドと黒のコンビカラーも、腕元を印象的に彩ります。
PAGE 4

◆ ルイ・ヴィトン 『タンブール カーブ フライング トゥールビヨン ポワンソン・ド・ジュネーヴ』 

オンリーワンのケースからメゾンのロゴが覗く

▲ 「ルイ・ヴィトン タンブール カーブ フライング トゥールビヨン ポワンソン・ド・ジュネーヴ」手巻き、TI×カーボストレイタム®ケース(46mn)、ラバーストラップ。参考価格2888万2000円/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)
キャリバー、素材、ケースなどすべてが新たに設計・開発された新モデル「タンブール カーブ」。初作となるこちらは、幾何学的なオープンワークが施された手巻きトゥールビヨンとして登場。受けを兼ねるルイ・ヴィトンのシグネチャープレートは、同社初となるNAC仕上げです。

従来のケースをストレッチさせた新しいタンブールケースには、カーボンシートをランダムに重ねて成形する先端素材、カーボストレイタム®を独占使用。チタン製のインナーケースにピッタリとセットされています。

● 鈴木裕之(すずき・ひろゆき)

1972年生まれ、東京都出身。フリーライター。時計専門誌『クロノス日本版』や『GQ』などで執筆。時計業界歴19年。共著に『ALL ABOUT RICHARD MILLE リシャール・ミルが凄すぎる理由62』(幻冬舎)がある。

※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

GMインターナショナル(コルム) 03-5828-9080
ソーウインド ジャパン(ユリス・ナルダン) 03-5211-1791
ルイ・ヴィトン クライアントサービス 0120-00-1854

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        一歩先行く「スケルトン時計」は、“魅せる”目線で選びたい | メンズウォッチ(腕時計) | LEON レオン オフィシャルWebサイト