• TOP
  • WATCHES
  • 【名品・腕時計】ヴァシュロンのあの名作が愛され続ける理由

2020.10.03

Vol.03

【名品・腕時計】ヴァシュロンのあの名作が愛され続ける理由

数多の時計のなかでも「名作」と呼ばれるモデルを、時計のプロが語ります。第3回目は、"ラグジュアリースポーツウォッチ"として名高い、ヴァシュロン・コンスタンタンの「オーヴァーシーズ」。3度の世代交代を経てもなお、アイコニックであり続けるワケを探ります。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) 文/鈴木裕之 

10年単位でスタイルを変えてきた、トラベルウォッチの名モデル

"ラグジュアリースポーツウォッチ"の御三家を選ぶ時、必ずその一角に姿をあらわすのがヴァシュロン・コンスタンタンの「オーヴァーシーズ」です。

大海原を越えるというネーミングが示すように、このモデルに秘められたコンセプトは“現代の旅時計”。そのスポーティな肢体には、トラベルウォッチとしての堅牢さが現れています。今回は、3度の世代交代を経てきたオーヴァーシーズの変遷を追います。

〜「オーヴァーシーズ」がアイコニックな理由〜
(1)オーヴァーシーズのルーツは「222」にあらず?
(2)ラグジュアリースポーツにあらず、本質は旅時計
(3)旅時計だからこそ、チェンジストラップが面白い!
PAGE 2

(1)オーヴァーシーズのルーツは「222」にあらず?

どんな時計専門誌をひもといてみても、「オーヴァーシーズ」のルーツは1977年発表の「222」となっているはず。オーヴァーシーズを歴史的なラグジュアリースポーツと捉えるなら、これは最も納まりがいいし、ルーツを70年代に求めたい気持ちも良く分かります。ちなみにこれは、ヴァシュロン・コンスタンタンの公式見解でもあるから異論の挟みようもありません。

が、敢えてここで“それは違うぞ”と言ってみると、時計好き同士が集う酒の席で、かなりのマウントが取れる(かもしれない)。ポイントは、なぜ222からオーヴァーシーズまで、一気に20年近くもワープするのか、なのです。
1977年の222は、ヴァシュロン・コンスタンタンの創業222周年記念として発表されたモデル。デザインを手がけたのは、新進気鋭のヨルグ・イゼック氏。70年代の半ばから少しずつ流行りだしていた、薄型のブレスレットウォッチを狙ったものでした。ベゼルに設けられた、脱着工具を引っかけるミゾが、後のオーヴァーシーズとの類似項とされますが、これが222の絶対的なアイコンだったわけではありません。というのも、222にはスクエアモデルすらあったのだから。
PAGE 3
▲1996年に登場した、初代オーヴァーシーズ。マルタ十字を模したベゼルは2代目、3代目にも引き継がれている。
一方、初代オーヴァーシーズが歴史に登場するのは1996年。しかし、ヴァシュロン・コンスタンタンがここにいたるまで、ひとつもブレスレットスポーツウォッチを作らなかったわけではありません。222の系譜は後に、クッションケース(四辺を膨らませたスクエア型)の「333」へと置き換わり、さらに「フィディアス」へと続きました。そして、フィディアスは222譲りの薄さと、凝ったデザインのブレスレットを備えたドレスウォッチだったのです。

これから考えられるのは、初代オーヴァーシーズとは、フィディアスをベースに、スポーティさを盛り込む試みだったということ。

初代のデザインワークに参加したディノ・モドロ氏と、ヴァシュロン・コンスタンタンのデザインチームは、この新型スポーツウォッチに、マルタ十字のフォルムを模したベゼルと、インゴットのようなデザインの薄い3ロウブレスレットを与えました。フィディアスの面影を残すのは、わずかにリュウズガードのみ。これはまったく新しいデザインワークと言っていいでしょう。
PAGE 4

(2)ラグジュアリースポーツにあらず、本質は旅時計

▲2004年には第2世代へ。
オーヴァーシーズに求められたスポーティさとは、トラベルウォッチが備えるべき頑丈さでした。オーヴァーシーズがエレガントな外観を持つのも、決してオーバースペックな防水性能を持たないことも、“旅時計”として十分な強さがあれば良いから。

そんなオーヴァーシーズが第2世代へと進化するのは、2004年のこと。マルタ十字のモチーフはブレスレットにも盛り込まれるようになりました。第1世代から現行の第3世代を含め、もっともマニッシュな力強さを持っているのは、第2世代でしょう。
のちに人気のプチコンプリとなる「デュアルタイム」が初めて登場したのも、この第2世代。ふたつの任意の地域の時刻が同時に表示されるから、まさに現代の旅時計として、旅好きはもちろん、ジェットセッターにもふさわしいモデルです。
PAGE 5

(3)旅時計だからこそ、チェンジストラップが面白い!

▲オーヴァーシーズコレクションには、ラバーストラップ、SSブレスレット、アリゲーターストラップが付属する。工具を使わずに、シーンや着こなしに合わせて交換できる。「オーヴァーシーズ・オートマティック」自動巻き、SSケース(41mm)×ブレスレット(ラバー、アリゲーターストラップが付属)、15気圧防水。220万円/ヴァシュロン・コンスタンタン
オーヴァーシーズの本質が旅時計だとするならば、ロングトリップの間に遭遇するさまざまなシーンに、1本の時計で対応する柔軟さも大切になります。この部分が一気に進化するのは、2016年に発表された第3世代。

現行モデルとなるこのジェネレーションでは、他に先駆けて本格的なインターチェンジャブルブレスレットが導入されました。ケースデザイン自体も、荒々しさが目立った第2世代よりぐっとソフィスティケートされ、上質感が増しています。
標準仕様でもラバーやアリゲーターストラップへのチェンジができますが、さらにこだわりたいなら、ストラップのオーダーメイドサービスという手もあります。オーヴァーシーズの場合では、20色のアリゲーターレザーからツヤの有無が選択できるほか、ステッチカラーや場所(全体か剣先のみ)、さらにストラップの長さもオーダー可能。納期は店舗によって異なりますが、最速の銀座ブティックでは1週間が標準となっています。

エレガンスと両立できる十分な強さと、1本でさまざまなシーンに対応する柔軟さ。オーヴァーシーズの本質である“旅時計”は、1本で10年間楽しめる時計と言うこともできるでしょう。そして10年後には、次の世代のオーヴァーシーズが、新たな楽しみ方を提案してくれるかもしれません。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ
ヴァシュロン・コンスタンタン 0120-63-1755

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        【名品・腕時計】ヴァシュロンのあの名作が愛され続ける理由 | メンズウォッチ(腕時計) | LEON レオン オフィシャルWebサイト