• TOP
  • WATCHES
  • 【プロが語る】高級時計はナニがスゴいのか?

2020.07.01

【プロが語る】高級時計はナニがスゴいのか?

腕時計に興味はあるけれど、選び方がわからない。そもそも、高級時計ってどんな魅力があるの? そんな疑問を腕時計のプロに聞いてみました。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/人物・金田 亮、静物・鈴木泰之(Studio Log) 文/福田 豊 

いま、腕時計が世界的な大人気を博しているのをご存知ですか? ことに機械式の、いわゆる高級時計の人気が高い。

しかしその一方で、どんな時計を選んだらよいのかわからない。どこを見たらよいかわからない。そもそも時計って難しそう。そんな話をよく聞きます。

そこで『クロノス日本版』編集長の広田雅将さんと、時計ライターの福田豊さんの、2人の時計専門家に対談を依頼。機械式高級時計の魅力や、選び方、見どころなどについて語ってもらいました(2回目はこちら)。

高級時計は"手触り"でわかる!?

▲『クロノス日本版』編集長 広田雅将さん
広田「僕は高級時計の魅力は『手触り』だと思います。ケースの仕上げや、リュウズの操作感、腕に着けたときの装着感など、そういう手触りが高級時計は素晴らしい。福田さんはどう思われますか?」

福田「広田さんが『手触り』というのを聞いて、まさにそうだな、って。あまりに的確で、それに代わる言葉が見つかりませんね。でも、あえていうなら『密度』というようなことかな。リシャール・ミルが登場して『超軽量』がまったく新しい高級時計の価値観になったわけですが、それまでの時計は『重さ』が高級の証でしたよね。

例えば、パテック フィリップのカラトラバのRef.3796とか、小さな時計なんだけど手のひらに載せると想像以上にズシリと重くて驚いて。それで、ああこれが高級感なんだな、と実感したことがあります。で、そういう密度の濃さのようなものが、高級時計にはある気がするんです」

広田「確かにそう。ケースをピカピカに磨いて、リュウズの巻き心地を良くして、ローターの回転を滑らかにして……。そういうすべてが高いところでバランスされているのが高級時計。ムーブメントだけ凄い、ケースだけ凄い、じゃなく高級時計は総合的に良くできている。そういうところに密度の濃さを感じますね」
▲時計ライター 福田 豊さん
福田「それと重要なのが、高価=高級ではないということ。ただ高価なだけでは高級にはならない。そうではなく、たとえば料理や温泉宿がそうであるように、真に高級なものは何もわからない子どもにも『高級だ』とわかる。高級時計にはそういう有無をいわせない説得力のようなものがあると思うんです」

広田「まったくそうですね。だから、高級時計は持つとわかる使うと納得する。そういう、何かわからないけど凄いな、というのを基準にして欲しい。それを基準に、クルマでも靴でも鞄でも見ていくと、きっと良いものが見つかる。高級時計にはそんな、ものを見る目の物差しになるようなところがあります。そういう意味でも、高級時計を持つのは意味があることだと思います」

福田「高級時計を持つ意味ということではもうひとつ、立ち居振る舞いがよくなる、というようなことがありますね。高級時計には高級な服を合わせたくなるし、食事も高級な店に行こうと思える。よく『ものが人を育てる』と言いますけど、高級時計にはまさにそういうところがありますね」
PAGE 2

「面」と「針」が良ければ、それは間違いのない腕時計

福田「ところで、広田さんは時計を選ぶとき、具体的にどこを見ますか?」
広田「時計に限らず、クルマでも建築でも何でもそうですけど、面と面が接したところに線ができる。線が尽きたところに点ができる。そして、歪みのない豊かな面なら、線も、点も、すべてが美しい。だから面に歪みのないものを選ぶのが正解です。ケースに顔を写して歪まない、キレイに磨いた時計であれば、ほぼ確実に良い時計です」
▲シンプルな文字盤ながら、目盛りに長い分針がピタリと重なり、実に高い視認性を誇る。焼戻し(熱処理によって金属の組織を安定させる)によるブラウンバイオレットの針が美しい。「ベヌー37」手巻き、18KRGケース(37mm)、アリゲーターストラップ。320万円/モリッツ・グロスマン(モリッツ・グロスマン ブティック)
福田「僕は針ですね。以前、知り合いの古着の目利きと話していたとき、丁寧に作られた服には上質なボタンが付いているものだ、というんです。だから、良いボタンの服はホンモノだ、と。

それと同じで、良い針の時計は高級といえる。実際、針を美しく磨くのにはお金がかかります。例えば、針を自社制作するモリッツ・グロスマンでは、細い針を職人が手作業で仕上げています。さらに、立体的で重量のある針を回すのには、トルクの豊富な上質なムーブメントを積んでいる必要もあります」
広田「確かに高級時計は針が良いですね。それに時計を買って、いちばんよく見るのは針ですから。だから、針のキレイな時計を選ぶのがいい。要するに、面でも、針でも、美しいことが大切。時計は案外、誤魔化しが効かない。丁寧に作らないと美しく見えないんです。それだから、見た目がよければ、おおむね間違いがない。良い時計が選べるんです」
PAGE 3

購入前に、時計を付けた姿を確認するのも重要

▲福田さんが愛用するのは、オーデマ ピゲのロイヤル オーク パーペチュアルカレンダー。
福田「見た目という点では、時計って腕に載せると表情が変わりますよね。ショーケースに入っているときには地味に見えても、実際に腕に付けると華やかになったり。それと、腕に付けているのを1mぐらい離れて見ると、またまったく違って見える。つまり第三者から見ると違った印象になる。で、それだから良い時計店には、全身を映して見ることのできる大きな鏡がある。そういういろいろな見え方というのも重要ですよね」
▲ポルトギーゼ狂を自称する広田さんの腕元にはやはり、IWCのポルトギーゼ・クロノグラフが鎮座。
広田「最初は見た目がキレイだと思う時計を買うと良いんじゃないかな。そうすれば、だんだんと目が肥えてきますから。そしてどれがよいか迷ったら、名前の知られた定番を選べばいい。いわばザ・ビートルズを聴くような感じです。売れているもの、長く愛されているものには、必ずその理由がありますから。

まぁ、とにかく時計が欲しいなら、とりあえず買ってみたらいい。そうすればきっと楽しいと思います。それに、いまは工作精度が高くなって、昔のようなハズレがないですから。だからさっきも良いましたけど、見た目が良ければほぼ間違いがない。いまは時計を買うのには、とても良い時代だと思うんですよ」

福田「ただ、最初の1本に超複雑機構を選ぶとかはやめたほうがいい。そういうのは、まるで免許取りたてで、いきなりレーシングカーを買うようなものですから。超複雑機構にはやはりそれなりの使い方がありますからね。買ったばかりのミニッツリピーターをガンガン鳴らして壊してしまった、というような話を聞くこともあります」

広田「それだから、まずはベーシックなものを買って、実際に使ってみる。そうして傷を付けたりしないよう、ちゃんと使えるようになったら、次の複雑機構とかを買う。それが正しい順序です。というのも、高級時計は買うのは難しくない。キレイに使っていくのが難しいんです。そしてキレイに使えるようになると、自然と所作もキレイに格好良くなる。まさに高級時計が人を育ててくれる。それが高級時計の大きな魅力のひとつなんですよね」

左● 広田雅将(ひろた・まさゆき) 
1974年生まれ、大阪出身。時計専門誌『クロノス日本版』編集長。サラリーマンを経て2004年からフリーのジャーナリストとして活躍し、2016年より現職。関連誌含め連載を多数抱える。また、一般・時計メーカー・販売店向けなど、幅広い層に対して講演も行う。
高級腕時計専門誌クロノス日本版[webChronos]

右● 福田 豊(ふくだ・ゆたか)
ライター、編集者。『LEON』『MADURO』『ENGINE』『クロノス日本版』などの雑誌やwebで、ファッション、時計、クルマ、旅など、男のライフスタイル全般について執筆。webマガジン『FORZA STYLE』にて時計連載や動画出演多数。ロックTシャツの紹介をインスタグラムでやってます。
Instagram/@fukuda1959

※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター 03-3255-8109
モリッツ・グロスマン ブティック 03-5615-8185

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        【プロが語る】高級時計はナニがスゴいのか? | メンズウォッチ(腕時計) | LEON レオン オフィシャルWebサイト