• TOP
  • WATCHES
  • まさかの逆回転なモテ時計!? 「カルティエ」のサントス デュモン リワインド

2024.06.29

Web LEON Recommends

まさかの逆回転なモテ時計!? 「カルティエ」のサントス デュモン リワインド

Web LEON編集部が東奔西走し、集めまくった注目のモノ・コトから選りすぐった最高にオススメの逸品のみをご紹介する新連載「コレモテ!」! 今回は「カルティエ」の『サントス デュモン リワインド』です。

CREDIT :

写真/島本一男 スタイリング/高塩崇宏 ヘアメイク/向後信行 文/岸澤美希、編集/高橋 大(ともにWeb LEON)

コレモテ 連載 モテる 大人 アイテム
▲ 「サントス デュモン リワインド」手巻き、プラチナケース(43.5mm×31.5mm)、アリゲーターストラップ。日常生活防水。世界限定200本。583万4400円(予価)
▲ 「サントス デュモン リワインド」手巻き、プラチナケース(43.5mm×31.5mm)、アリゲーターストラップ。日常生活防水。世界限定200本。605万8800円/カルティエ(カルティエ カスタマー サービスセンター)

◆ 「カルティエ」の『サントス デュモン リワインド』 

逆回転する針がココロを揺さぶる!?

気になる彼女とディナーからバーへ移動したら、お互いのことをより深く知る時間の始まりです。基本的にバーには時計は置かれていませんし、話が弾むと時が経つのも忘れてしまうもの。

盛り上がっている時にわざわざ時間を確認するのは野暮ですから、相手の付けている時計でチラリと確認すること、ありますよね? 

ちなみに、女性は男性よりも腕時計の着用率が低いという近年の調査データがありますから、特に女性はデート中にそうやって確認しているのかもしれません。

そんな「もう帰らないとかも?」「もう少し一緒にいたい」という夜の駆け引きに活躍するのが、カルティエのサントス デュモン リワインドです。
PAGE 2
▲ 時計605万8800円/カルティエ(カルティエ カスタマー サービスセンター)、ジャケット11万円/ユーゲン(イデアス)、シャツ1万1990円/アンフィーロ(オンワード樫山)、スカーフ1万2100円/ヴィンセンツォ ミオッツァ(真下商事)
▲ 時計605万8800円/カルティエ(カルティエ カスタマー サービスセンター)、ジャケット11万円/ユーゲン(イデアス)、シャツ1万1990円/アンフィーロ(オンワード樫山)、スカーフ1万2100円/ヴィンセンツォ ミオッツァ(真下商事)
深みと艶のあるカーネリアンレッドの文字盤は見るからに夜のシーンに似合いますが、魅力はそれだけではありません。文字盤をよ〜くご覧ください。12時位置からローマンインデックスが11、10、9、8……と、数が減っている!?

そう。このモデルはリワインド(=巻き戻し)の名の通り、時分針が反時計周りに回転するのです。彼女は時計を見るたびに「あれ? さっきよりも時間が前に戻ってる!?」と困惑するかもしれません。そうなったら優しくタネ明かしをしてあげてくださいね。
PAGE 3
▲ 「サントス デュモン リワインド」手巻き、プラチナケース(43.5mm×31.5mm)、アリゲーターストラップ。日常生活防水。世界限定200本。605万8800円/カルティエ(カルティエ カスタマー サービスセンター)
▲ 靄が立ち込めたかのような雰囲気のラッカー仕上げ文字盤もミステリアス。「サントス デュモン リワインド」手巻き、プラチナケース(43.5mm×31.5mm)、アリゲーターストラップ。日常生活防水。世界限定200本。605万8800円/カルティエ(カルティエ カスタマー サービスセンター) © Cartier
さて、実際にこの時計を目の当たりにすると実感できるのですが、時計の針が逆回転になるだけで頭は予想以上に混乱します。それは、時計は右回りという常識が破られるからでしょう(“時計回り”という表現もその常識の上に成り立っていますね)。

逆回転の時計を付けたあなたを「面白〜い」と思うか「変わってるね」と思うかは、お相手次第。でも、あなたの印象が深く刻まれることは間違いないのです。
PAGE 4

どんなアイテム?

サントス デュモンは、3代目ルイ・カルティエが友人のブラジル人飛行士アルベルト・サントス・デュモンの依頼によって考案した時計を祖とするコレクション。

本作では、反時計回りインデックスを配した文字盤に、逆巻きの手巻きムーブメントcal.230MCを組み合わせて、時刻表示の常識を覆しました。

世界200本限定。特別なプラチナケースにはシリアルナンバーが刻まれています。
PAGE 5
コレモテ 連載 モテる 大人 アイテム

推薦者が語る「ココがすごい!」

“時の哲学”への入口なトークピースでもある

多くの現代人にとって、時間は当たり前にわかるものです。でも、そもそも時間には形がありません。決められた長さに区切って考えるようになったのも、円運動によって目で確認できるようにしたのも人間ですね。

針が逆回転するだけで、そんな“そもそも”が頭をもたげます。だからこの時計は、いわば“時の哲学”の入口。

「もし、時間というものがなかったらどうやって生きる?」なんて正解のない会話をしてみるのも、大人の愉しいひとときなのではないでしょうか。

岸澤美希(Web LEON編集部員)

Web LEONの時計担当。私物時計では、いつも似たようなヴィンテージモノを選びがち。マイクロローターだとちょっとうれしい。

PAGE 6

私もイチオシです!

【オシ編1】 石井 洋(LEON・Web LEON編集長)
「正確な時を刻むより、ロマンティックな時を刻む方が大事かも⁉︎」

ジュネーブのウォッチ&ワンダーズ取材でコヤツを見た刹那、思わず笑みがこぼれました。現代社会において、正確な時を知りたいだけなら携帯があれば事足ります。なのに、我々が機械式時計に焦がれてしまうのは、こうしたユーモアかつロマンに溢れた概念を形にしてくれるから。大いなる無駄こそラグジュアリーとはよく言ったもの。この一本に投資できるアナタこそ、真のラグジュアリーをわかっているのだな、と。ん〜、尊敬!

【オシ編2】 大崎文菊(Web LEON編集部員)
「意外とどんなスタイルにもマッチします」

カーネリアンレッドの時計と聞くと、ちょっとエキセントリックな印象を抱く方もいるかもしれませんが、この深みのある独特のレッドは、意外とどんな色の服とも相性がいいんですよね。黒ジャケはもちろん、ブラウン系やネイビー系ともマッチします。逆回転という面白いギミックはあるもののデザインは至ってシンプルですし、なんならデニムスタイルに合わせるのも私はアリだと思いますよ!

PAGE 7

カルティエってどんなブランド!?

1847年、ジュエリーのメゾンとして創業。1888年には時計部門を始動させ、1904年に考案したサントスは世界初の市販男性用腕時計といわれています。現在はウエアやフレグランス、ホームアイテムまで展開。培われたセンスで大人のライフスタイル全般を彩ってくれます。
※掲載商品はすべて税込み価格です

◾️お問い合わせ

イデアス 03-6869-4279
オンワード樫山 03-5476-5811
カルティエ カスタマー サービスセンター 0120-1847-00
真下商事 03-6412-7081

この記事が気に入った方はこちらもオススメ!

PAGE 8

登録無料! 最新情報や人気記事がいち早く届く! 公式ニュースレター

人気記事のランキングや、Club LEONの最新情報などお得な情報を毎週お届けします!

登録無料! 最新情報や人気記事がいち早く届く! 公式ニュースレター

人気記事のランキングや、Club LEONの最新情報などお得な情報を毎週お届けします!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Web LEONの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        まさかの逆回転なモテ時計!? 「カルティエ」のサントス デュモン リワインド | メンズウォッチ(腕時計) | LEON レオン オフィシャルWebサイト