• TOP
  • WATCHES
  • こなしの楽しみに満ちたマリーニの靴とロイヤルオーク

2023.01.10

目利きが推すMyベスト名品【加賀健二編】

こなしの楽しみに満ちたマリーニの靴とロイヤルオーク

世に名品は数あれど、長く服飾業界にてモノを吟味してきたマイスターは、一体どんな名品に惚れ込んでいるのでしょう。その道を極めたからこそ見つけることができた至極のアイテムを、興味深いエピソードを踏まえつつ熱〜くご紹介していただきます。

CREDIT :

写真/大森 直(TABLEROCK Inc) 構成・文/長谷川 剛(TRS)

ドレスとの合わせ方を教えてくれたマリーニのモンクストラップ

▲ 約22年前に購入したというマリーニのモンクストラップシューズ。当時から少し野暮ったさを感じていたが、逆にそれが加賀さんのお洒落ゴコロを刺激したのだそう。達人いわく「多くを学んだ一足です」とのこと。
加賀健二さんはフィレンツェ発の高感度セレクトショップとして知られたタイ ユア タイの日本展開に参画し、現在は自身のネクタイブランドであるアット ヴァン ヌッチなどを手掛ける業界のエキスパートです。

着こなしに関しては30代のタイ ユア タイ時代からつとに有名であり、現クラシックシーンのなかでもひとかどのドレッサー。この道40数年のファッション達人ですから、愛用品にはもちろん名品が多いのは言わずもがな。

そんな加賀さんに今回紹介していただいたトップバッターは、ひと目で風格と重厚さがズシッと伝わる美麗モンクストラップシューズ。ローマ靴の代表格として名高いマリーニにて誂えた名ビスポーク靴です。

加賀健二(以下、加賀) 2001年に大阪でタイ ユア タイのショップをローンチするということで、当時お店ではそこで展開する靴をどのブランドにするかを検討していました。東京店ではすでにステファノ・ベーメルをラインナップしていたので、靴にうるさい関西のカスタマーを考慮してマリーニしようとなったのです。

マリーニは タイ ユア タイのトップであったフランコ・ミヌッチさんが親戚付き合いをしているブランドであり、フランコさん好みでもあったので、それにしようと。であるなら僕もオーダーしておくべきだろうと考え、誂えることにしたのです。
PAGE 2
▲ いつも洒脱なスタイルの加賀さん。この日は宮平康太郎のビスポークジャケットを軸としたジャケパンスタイルで。合わせたタイはもちろんアット ヴァンヌッチ。「テロテロのスーパー170生地が、80年代のアルマーニっぽい雰囲気を醸します」。このさり気ない結び方にも加賀イズムが込められています。
── マリーニと言えばクラシコイタリア靴の頂点ブランド。オーダーには50万円以上必要とすることもザラという、ローマきっての名門です。創業は1899年であり、1920年代まではあのサルヴァトーレ・フェラガモも共に仕事をしていた老舗中の老舗。

もちろん、2001年の当時にもいろいろと靴のデザインは存在していましたが、なぜに加賀さんは茶革のモンクストラップをチョイスしたのでしょう?


加賀 この靴からはいろいろと教えてもらいました。ただ、当時でも茶革のモンクストラップはかなりシニアなイメージ。いわゆるモテ靴とは逆ベクトルの渋味しかないという印象でした(笑)。また、茶革のモンクストラップはツイードのジャケットや綿のトラウザーズと合わせて履くような、オフ感の強い一足という位置づけだったのです。

しかしフランコさんはドレススタイルに合わせることで、軽妙なバランスが生まれる靴だと言っており、それにならって僕もオーダーすることを決めたのです。


── すでにこのマリーニを22年間はき続けているという加賀さんですが、どのようなコーディネートがお気に入りなのでしょう?
PAGE 3

あえてドレスな服装に合わせることで醸し出る妙味

加賀 シングルの段返り、濃いネイビーのストライプスーツに合わせることが多いですね。僕の足がやや細身ゆえに、そういったドレススタイルにマッチしやすいフォルムに仕上っているという部分もありますが、クラシックの定番から言うと少しルール破りのスタイリング。

ただ、実際に合わせてみると気取らないなかにもしっかり洒落感があり、どちらも定番でありながらお決まりではない個性あるルックスとなるのです。合わせ方次第では、カジュアル感の強い靴でもドレスとコーディネートできることを知る一足となったのです。

── しかし、茶革のモンクストラップはイタリアに限らず世界的な定番スタイル。他のブランドのモンクではその味わいが出ないものでしょうか?

加賀 もちろん他のモンクでも問題はないでしょう。ですがマリーニのこの一足は、なんとも言えないシニア感というか枯れ感が絶妙なんです。確かに仕立てた当時はよく“少しオジサンくさくない?”などと言われたものです。

しかし、それこそマリーニの大事な味わい。いわゆるザ・ローマンスタイルなのですが、マリーニは21世紀の今もこの少々野暮ったいモンクストラップを変わらず作り続けています。まさに完成されたひとつのパッケージだと僕は思っています。

そしてこの一足に限って言えば、ラマの革を使用しており、表情も味わい深くしなやかで歩き疲れることもありません。マリーニらしいフラットな履き心地と相まって、自分にとって最高の名靴なんですね。
PAGE 4
▲ 22年前の靴とは思えない現役感あるモンクストラップシューズ。ラマ革らしいナチュラルなシボ間など寛いだ雰囲気がポイントです。インソールにはマリーニのロゴとともにタイ ユア タイのスタンプも垣間見えて。 

関係を深めることで馴染む“イイ女”タイプのロイヤルオーク

▲ 高級ドレスポモデルとして時計ファン憧れのオーデマ ピゲのロイヤルオーク。気負うことなくさらりと付けこなすのが加賀さんスタイル。36ミリという、やや小ぶりのケース径もポイント。
そしてもうひとつ見せていただいた名品がオーデマ ピゲのロイヤルオーク。時計好きなら誰もが憧れる傑作ですが、これについても実に加賀さんらしいエピソードがありました。

加賀 ご存知のとおり、今では予約もままならないと噂のある大人気時計です(笑)。ただし、これは僕が直接購入したものかというとそうではありません。タイ ユア タイのオーナーであったフランコさんから譲り受けた、いわば形見のようなものなんです。

ちょうど今から15、6年前のことでしたが、ある日突然電話が掛かってきたんです。聞けば“時計を買ってほしい”とのこと。僕も時計に関しては興味があったので即座に“いいですよ”と答えました。しかし、フランコさんが売りたかった時計は一本でなく二本。ジュール オーデマと二本併せてということで、結果的に結構なお買い物とはなりました(笑)。
PAGE 5
── どうやらフランコさんはその当時、ジャガー・ルクルトの新作に興味を持っていたらしく、できれば手元のコレクションを整理したかったのではないかと加賀さん。愛弟子である加賀さんにまず白羽の矢が立ったのは、ある意味自然の流れなのかも知れません。

加賀 確かフランコさんがこのロイヤルオークを手に入れたのが90年代。まだイタリアでは今ほど人気アイテムではなかった時代です。スチール製なのにドレス要素があって八角形のネジ留めベゼルなどなど、個性的すぎたのでしょう。

でもフランコさんはさすが先見の明を持っており、国内でもまったく評価が定まらない時代に、ロイヤルオークを手にしていたんです。スタイルを貫くことがいかに大事であるか。この時計もまた、僕にとって色々と思い出深いアイテムとなっているのです。
PAGE 6
▲ 今から15年ほど前に譲り受けることとなった思い出深い一本。そういったエピソードもまた名品に特別な華を添えるエッセンス。
── それまで自身の時計といえばオメガのスピードマスターやロレックスのGMTマスターなどを着用していた加賀さん。不意に手元に訪れることとなった八角時計については、どのような印象を持ったのでしょう?

加賀 僕等は服装を上品かどうかで語りがちです。しかしそういう意味ではこのロイヤルオークは、少々アクの強い時計。

完全に個人の意見となりますが、誰にでも簡単に付けこなせるものではないように感じます。だらかこそ逆に付けこなす楽しみがある。この時計も手に入れてからもう15年くらい。ここのところ、ようやく気負わずに付けられるようになった気がします。
加賀 マリーニの靴も同じですが、定番としてブランドが一定の信念をもって作り続けていながら、なおアレコレ使い方が自分なりに模索できる懐のあるもの。それが僕にとっての名品でしょうか。

もう少し分かりやすく言うと、別嬪さんかイイ女かで考えるなら、イイ女タイプのアイテムだということ。つまり、付き合えば付き合うほどに味わいある関係性に深まっていくもの。そういうものが僕は好きなんです(笑)。
PAGE 7
▲ 加賀さんの愛用品のひとつであるオーデマ ピゲのロイヤルオーク。わいゆる36ミリケースの「14790」モデル。現在加賀さんは58歳ですが、ようやく自分のモノになってきたと語ります。

● 加賀健二(セブンフォールド代表)

1964年生まれ。インポート系アパレルのバイヤーを経て、クラシコイタリアブームの一翼を担う伝説のショップ、タイ ユア タイの日本展開に携わる。2011年にはフィレンツェにて、ネクタイの製造・販売を中心とする会社「セブンフォールド」を創業。2017年6月には「タイ ユア タイ フローレンス」をオープンさせ、珠玉のネックウエアを中心にエレガントスタイルを世に広めている。

この記事が気になった方はコチラもどうぞ!

PAGE 8

Club LEONの最新情報から人気・最新記事などお得な情報をお届け!

LEON.JP公式ニュースレター

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        こなしの楽しみに満ちたマリーニの靴とロイヤルオーク | メンズウォッチ(腕時計) | LEON レオン オフィシャルWebサイト