• TOP
  • STAY&TRAVEL
  • 名古屋テレビ塔の中にアート三昧のお洒落ホテルがあるなんて!?

2021.12.05

名古屋テレビ塔の中にアート三昧のお洒落ホテルがあるなんて!?

あの東京タワーよりも古い“元祖電波塔”、名古屋テレビ塔が、コンセプチュアルなホテルに生まれ変わったって知ってましたか? タワーの中にお泊まりという非日常感を盛り上げるのは、東海エリアを代表する現代アーティストたちによる作品やインテリア。今年のホリデーシーズンのデスティネーションは、あえて名古屋、ってのがオツなんです。

CREDIT :

写真・文/矢吹紘子

▲ テラスからの眺めがコレって、スペシャル過ぎませんか? 通常なら見られない角度からテレビ塔を観察できるので、建築好きにももってこい。

存続の危機にあった街のアイコンを、大胆な発想でアップデイト

塔の中のアートホテル、って響きがまずいいですよね。その舞台となる名古屋テレビ塔は、耐震構造の父”と呼ばれた構造家の内藤多仲の設計の元、1954年に竣工・開業しました。同じ内藤の設計による東京タワーに先駆けること4年。実は日本で一番古いテレビ塔で、国の登録有形文化財にも指定されています。

現在は中部電力 MIRAI TOWERとして市民に親しまれている同タワーですが、数年前には老朽化により取り壊しの危機に。そこで立ち上がったのが、名古屋を拠点に飲食やブライダル事業などを手がける藤巻満さん。数年前、米バケーションレンタル会社が「パリのエッフェル塔に泊まれるなら何がしたいか」とアイデアを募り、日本人の三姉妹が念願かなって一緒に結婚式を開いたというエピソードをテレビで知り、名古屋テレビ塔を救えるのではと一念発起。

アートコレクターでもある同氏が3年がかりで世界中のホテルを巡り、大掛かりな免震工事をへて世界初、“有形文化財の塔のホテル”が誕生したというから、なんともドラマティック。「ローカライジング」をコンセプトに、同地域の文化や伝統、クラフトといった要素をミックスし、文字通り世界へ向けて発信していきたいという想いが込められています。
▲ ROOM L04のフォレストダブルには、イラストから立体まで多岐にわたり制作する鷲尾友公のグラフィカルな作品が。全体を監修するキュレーターをあえて入れずに、アーティストたちとの緊密なやりとりで作り上げていった。
▲ ホテル内のあちこちで、長年にわたりタワーを支えてきた鉄骨をそのままの姿で目にする。
「東海地方は徳川家康をはじめ、日本の歴史上のキーとして語られることが多いのですが、地元の産業にはこれまであまり光が当たってこなかった印象があります。そこでホテルの開業にあたり、地元にゆかりのある作り手を巻き込み、ここでしか体験できない空間を作り上げていったんです」と“女将”の豊田涼子さん。全15ある客室のうち13室は、それぞれ一人のアーティストとコラボレートしていて、彼らの作品を鑑賞することができます。
PAGE 2

セントラルパーク独り占めのスイートルームでアーティ&ラグジュアリーな一晩を

「THE TOWER HOTEL NAGOYA」には、スペシャルなスイートルームも2部屋。今回はその一室「パークビュースイート」に宿泊したのですが、お部屋に入った瞬間に眼下に広がる、名古屋のセントラルパークこと久屋大通公園の絶景に速攻でフォーリンラブ。テラスでのアフタヌーンティー、自然光が心地よいバスタイム、夜景満喫のナイトタイム、朝日がさんさんと降り注ぐリビングでの朝食まで、メモリアルなひと時を過ごすことができました。
PAGE 3

アートなレストランに、奇想天外なオブジェ。大人の好奇心を刺激する“仕掛け”が満載。

パブリックスペースのしつらえも、ひと味もふた味も違うんです。客室同様、コラボレーションがいたるところに見受けられ、さながら泊まれる美術館。特にロビーやレストランを楽しく盛り上げるアーティスト、さわひらきの立体オブジェには、思わずにっこりと笑みがこぼれてしまいます。
東京と関西の間にあって、ともすると見落とされがちでもある名古屋ですが、「THE TOWEHOTEL NAGOYA」での滞在で、そのポテンシャルの高さを実感。一泊ならぜひともホテルにおこもりを。二泊する余裕があれば、高山や伊勢といった近隣の名所を巡る拠点にも。名古屋ステイというチョイスを、新たな旅の選択肢に加えてみてください。
▲ 銭湯芸術でおなじみの多治見産のタイルを使ったモザイクアートがレセプションを彩る。作者は愛知県生まれのアーティスト・杉戸洋。同氏が子供の頃慣れ親しんだ名古屋の風景が描かれている。

THE TOWER HOTEL NAGOYA(ザ・タワーホテル ナゴヤ)

住所/愛知県名古屋市中区錦3丁目6-15先
アクセス/東山線・名城線 栄駅3番出口より徒歩5分。桜通線・名城線 久屋大通駅・8A出口よりすぐ
URL/https://thetowerhotel.jp
予約・問い合わせ/052-953-4450

●料金/5万2000円~、パークコーナースイート11万4000円〜(共に1泊1室2名、税・サ込、朝食付き)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        名古屋テレビ塔の中にアート三昧のお洒落ホテルがあるなんて!? | 旅行 | LEON レオン オフィシャルWebサイト