• TOP
  • STAY&TRAVEL
  • 沖縄、世界遺産の森と海を満喫できる、絶景リゾート4選

2021.12.19

沖縄、世界遺産の森と海を満喫できる、絶景リゾート4選

2021年に世界自然遺産に加わった、沖縄本島北部の“やんばるの森”。沖縄本島の名護以北のやんばるエリアには深い森のみならず、美しい海も広がっています。ここでは “海のやんばる”の絶景自慢のステイ先をピックアップ。世界遺産のジャングルへのゲートウェイとしても、便利なロケーションにあります。ワイルドライフを体験した後は、絶景ビューでまったり。緩急つけた旅の仕上がりです。

CREDIT :

写真・文/古関千恵子

▲ マングローブ林の合間をカヤックで進み、動植物の多様性を実感。

好きなだけ絶景を満喫。世界遺産の森への拠点としてもアリ

2021年7月、日本国内5件目となる世界自然遺産に選ばれた「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」。選定の理由は、広大な亜熱帯雨林と、固有種が多いこと。つまり、これらのエリアの豊かな自然が地球の宝として、高い評価を得たわけです。

世界自然遺産に選ばれた沖縄本島北部の“やんばる”は、島の最北エリアの大宜味村、東村、国頭村の、いわゆる“やんばる3村”にある、亜熱帯雨林や川の上流を指します。

ちなみに“やんばる”とは“山原”と書き、地域で変化していった呼び名。エリアの厳密な規定はなく、“名護より北”といったユルいくくりになっています。なので、今回ご紹介するリゾートが点在する本部(もとぶ)半島も、“やんばる”に含まれます。地元の言葉で“イノー”と呼ばれるリーフで囲まれた美しい浅瀬が広がる、いわば“海のやんばる”です。
PAGE 2
今回は、本島から橋で渡れるプチ離島や、フクギ並木に囲まれたオンザビーチ、高台からの一望など、あらゆる角度から“海のやんばる”を愛でられるリゾート4軒を厳選してみました。絶景自慢のみならず、デザイン性や居住性の高さなど、リゾートとしてのクオリティも上々。

世界遺産の森や川へ目指す拠点としても、好都合な立地にあります。アクティブに世界自然遺産を満喫しつつも、滞在中一度は沖縄北部の海をひたすら眺める日を設定してみては、いかがでしょう?
PAGE 3

■ ヒルトン沖縄瀬底リゾート

ファシリティ充実のインターナショナルリゾート

▲ フリーフォームの屋外プール。カバナは予約制(有料)ですが、プールサイドチェアは早い者勝ち。
瀬底大橋を渡ってクルマでアプローチできる瀬底島に、2020年オープン。遠浅の海の向こうに伊江島や水納島が浮かぶ、沖縄通の間では以前から評判だった瀬底ビーチ。その真正面という絶好のロケーションです。

沖縄本島北部では唯一のインターナショナルリゾートゆえ、ファシリティの充実度はダントツ。

カップルに人気のカバナ(有料・予約制)が並ぶ屋外プールや、ジャクジーを併設した屋内プール、沖縄ならではのプロダクツを使ったスパや24時間利用できるフィットネスセンターもあります。実質的なコインランドリーも、コンパクトな荷物派にはうれしい施設でしょう。
PAGE 4
レストランは3カ所。オールデイダイニング「アマハジ」はテーマビュッフェが楽しみ。イタリアンレストランの「セマーレ」、海にせり出したような絶景のステーキ&シーフード「シスクグリル」の2軒は、この一周年を機に新たにお目見えしました。さらに食の楽しみがグンとアップ!
そして、朗報!  2022年3月末までの、毎月第2・第4土曜日、打ち上げ花火を実施。客室によっては目線の高さで大輪の花火が見られるかも⁉ 
PAGE 5

エグゼクティブラウンジが利用できるお部屋を選びたい

▲ 青のグラデーションがみごと! 沖に望むは伊江島。
9階建てのホテルウィングにゲストルームとスイートが298室。2階以上ならばオーシャンビューで、テラスはもちろん、バスタブに浸かりながら、ベッドの向こうに海を望むことができます。室内は白とアースカラーでまとめられ、海がひときわ美しくみえるような工夫も。広さは36平方メートル以上あり、ゆったりとしています。

エグゼクティブルームとスイートルームのゲストは、9階にあるエグゼクティブラウンジが利用できます。このラウンジ、眺望がバツグン!  爽快な眺めとくつろいだ雰囲気に、移動の疲れも吹き飛びます。

イブニングカクテルも、ぜひこちらで!  フードメニューをオールデイダイニングのシェフが担当しているので、ずらりと並ぶフィンガーフードがどれも美味。おかわりに通うゲストもいるほどです。
PAGE 6

■ Hilton Okinawa Sesoko Resort

住所/沖縄県国頭郡本部町瀬底5750
HP/HiltonSesoko.jp
TEL/0980-47-6300

● ゲストルーム オーシャンビュー(キングベッドまたはツインベッド)2万4326円~、エグゼクティブルーム オーシャンビュー(キングベッドまたはツインベッド)4万9186円~、デラックススイート オーシャンビュー(キングベッド)7万4046円~など

PAGE 7

■ シークレットプールヴィラ セジ

フクギ並木と東シナ海に挟まれた、備瀬ならではのシチュエーション

17世紀に中国から伝わった風水をベースに造られたという名所の、“備瀬のフクギ並木”。海岸線をなぞるように、濃い影を落とすフクギの並木道が続いています。

こちらのヴィラは、背後にフクギ並木、前面には東シナ海が広がるロケーション。メインで過ごす2階にはリビング&ダイニング、バスルーム、そしてベッドルームがあり、海側とフクギ側、どちらの窓も全開にできます。
横長の窓は、長さ8メートルはありそうな、パノラマビュー。沖に“タッチュー”と呼ばれる山を抱く伊江島が浮かんでいます。デッキからそのままインフィニティプールにつながり、プールの一角には掘りごたつ風のサンケンソファ。ちょうど海側に夕日が落ちるので、マジックアワーはぜひ、このテラスやプールで迎えたいものです。
PAGE 8
▲ ゲストルームからの眺め。床はバリ島から取り寄せたウリンという木材。はだしが気持ちいいです。
ベッドも海に向かって配置されているので、窓を開放して眠り、自然との一体感を味わうゲストもいるとか。条件が整えば、海に一筋のびたムーンロード(月光の道)が眺められるかも。

1階には畳の和室があり、こちらは3名以上の利用時のみ、フトンを敷いて利用。最大6名まで、1日1組の貸し切り。12歳以上オンリーの大人のヴィラです。
PAGE 9

沖縄のクリエイターが集結し、形にした理想のヴィラ

シークレットプールヴィラ セジの作り手は、みんな沖縄ゆかりの人々。

ヴィラ自慢の創作フレンチ料理は地元シェフが担当。“10マイル(16キロメートル)フード”をコンセプトに掲げ、地元やんばるエリアをメインに、この地域でしか味わえない希少な食材を、その特徴を生かしてお皿に仕上げます。たとえば、今帰仁アグーや小那覇牛など、あまり耳慣れないブランドも。

ミニバー内のビールやドリンク、そしてオリジナルジェラートは宿泊料に込み。このジェラートも、沖縄の老舗アイスクリームブランド「ブルーシール」の味を司る屋嘉一彦さんによるものです。

設計&インテリアデザイン、ロゴなどのグラフィックデザイン、陶芸家、琉球ガラス作家、みんな沖縄出身あるいは在住の方々。沖縄愛を感じます。

■ Secret Pool Villa Seji(シークレットプールヴィラ セジ)

住所/沖縄県国頭郡本部町備瀬628
HP/https://seji.jp/
TEL/098-923-2915

● バトラー付プラン(朝食・送迎付き)2名10万円、3名6万9333円、4名5万4000円など、コンシェルジュ付プラン(朝食付き・送迎なし)2名7万5000円、3名5万2666円、4名4万1500円など

PAGE 10

■ リベウリ

離島の高台から東シナ海を一望する3室のみのプライベートリゾート

▲ 古宇利島で最も高い位置に立つ3室のみのプライベートリゾート。
本部半島の東沖、古宇利大橋とつながる古宇利島の最高地点(約107メートル)近くに位置するプライベートリゾート。

わずか3室の客室からは水盤の向こうに緑、そして大海原が広がっています。さらに視線を沖に移すと、沖縄最北端の離島の伊平屋島&伊是名島の島影も。

絶景のみならず、エッジの効いたデザインがそそります。コンセプトはスリランカが生んだトロピカル建築の巨匠ジェフリー・バワと、スペインの小島のフォルメンティーラ。直線を活かした、オープンなつくりが印象的です。
PAGE 11
3室の客室はそれぞれテーマがあります。やんばるを意識した「森」は、ダークな色使いで、観葉植物が彩を添えています。「海」は青が映える白を基調とし、流木や貝、琉球ガラスのペンダントライトがアクセントに。そして、「石」は壁に琉球石灰岩を使用し、窓のスペースが広め。

各部屋には、水盤に面したガーデンテラスと、階段を上った屋根の上にルーフテラスがあります。居心地のいい場所があちこちにあるのも、ポイントです。

間取りは異なるものの、各部屋は40平方メートルを確保。そして、海の眺めを満喫しながら入浴できるビューバスです。
PAGE 12

距離感がちょうどいい、オーナー夫妻のおもてなし

▲ 客室前のテラスの先にはハンモックやサンラウンジャーが。
リゾート名の「リベウリ」は、Liberty(自由)+Beauty(美)+古宇利の3つの言葉を合体させたもの。ゲストに、自由に、美しい古宇利島を楽しんでいただきたい、というメッセージが込められています。なので、ゲストの気持ちに寄り添いつつも適度な距離を置き、リラックスできる環境づくりを心がけているそうです。

切り盛りしているのは、染宮さんご夫妻。米国のロースクールを卒業後、東京の一流企業の法務を担当。多忙な日々を送りながらも、花粉症の染宮さん、週末には花粉から逃れるために沖縄に通っていたそう。そのうち、花粉とは関係なく訪れるようになり、物件を探して、海を一望するこの土地と出合いました。
PAGE 13
サービスや食事は、沖縄や古宇利島を感じられる“地元”のものを厳選。たとえばウェルカムドリンクは、今帰仁産のレモンとフレッシュなショウガの手作りジンジャーエール。朝食は地元の生産者が丹精こめて育てたフルーツや野菜、卵、肉を使った料理を、ワンプレートに。大宜味村のシークワーサーのジャムや地元産のはちみつなど、この土地の味が楽しめます。

また、“ラグジュアリー”を五感から感じ取れるよう、アメニティを厳選。吸水性が高い麻のワッフルタオルやカシウェアのブランケット、THANN(タン)のアロマなど、ふっと意識の底に働きかけるような気持ちよさが仕掛けられています。

■ LIBEURI(リベウリ)

住所/沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利2427-1
HP/http://www.libeuri.com/
TEL/0980-56-2888

● 森、海、石ともに3万8000円~(税サ込み)

PAGE 14

■ エミール・ナキジン

やんばるの丘に建つ、真っ白なボックス

▲ 潔いほどシンプルな、白いボックスのようなファサード。
Koji Fujii / TOREAL
今帰仁の小高い丘の上、忽然と現れる真っ白なハコ。窓も何もないファサードがインパクト大です。

2020年秋にオープンした、EMIL NAKIJINは1階建て5室のみ。コンセプトの“ミニマリスト ラグジュアリー”に徹し、ムダを潔くそぎ落としたデザインになっています。

客室へ向かう通路も、中庭から外光が差すのみ。白い世界を歩きます。

客室の扉を開けると、バーンと視界が開け、大自然が飛び込んできます。目隠しを外された瞬間のような、視界の広がりに、思わず歓声! 大きな窓のサッシを開けると、客室から大海原へシームレスにつながるようです。
PAGE 15
Koji Fujii / TOREAL
客室はベッドルーム、リビング、シャワールームからなります。すべて白! 取っ手さえついていない、シンプルなデザイン。何の色にも染まっていない白だからこそ、窓から飛び込む大海原が強調されるようです。

そしてテラスには露天風呂とプライベートプール。クリフトップから眺める東シナ海がこのお宿のハイライトでしょう。

レストランやキッチンはないので、食事は外へ。パブリックな施設はなく、部屋のみになります。ホテリエをやっていたエミルさんの丁寧な対応も、評判です。
▲ 大自然の中で異彩を放ちつつも、溶け込んだ建物。
Koji Fujii / TOREAL

■ EMIL NAKIJIN(エミール・ナキジン)

住所/沖縄県国頭郡今帰仁村諸志2031-139
HP/https://www.emilresorts.com/

● デラックスキング5万5000円~、スーペリアキング6万5000円~、ファミリーキング7万円~

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        沖縄、世界遺産の森と海を満喫できる、絶景リゾート4選 | 旅行 | LEON レオン オフィシャルWebサイト