• TOP
  • STAY&TRAVEL
  • GW明けが見ごろ! 北海道のお花見旅行は、費用対効果バツグンです

2018.05.08

GW明けが見ごろ! 北海道のお花見旅行は、費用対効果バツグンです

ゴールデンウィークの混雑を避けて、文字通り涼しい顔で旅行を楽しめる地域、といえば、北海道です。今年は満開の桜を見逃してしまった方、お花見旅行には、北の大地が“旬”ですよ!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/和田真由子 地図イラスト/J-map

初夏の足音が聞こえてきた今日この頃。例年より早い桜前線の北上により、お花見シーズンはあっという間に過ぎ去ってしまいましたが……ちょっとお待ちを!

今年はお花見ができなかったとお嘆きの方は、北の大地にご注目ください。それも道北・道東ならば、間に合います! 

華やかなピンクのエゾヤマザクラや、可憐なチシマザクラなどの北海道でしか見られない桜の見頃は、連休後から5月中旬。粋なオトナ御用達の隠れ家ホテルだって、まだ予約できる可能性大です。ひと味違う個性的な北の桜を追って、桜前線の終点、道北・道東まで飛んでみませんか?

北海道ならではの雄大な風景や、大地のテロワールを活かした美食も満喫できますよ。

ゴールデンウィーク明けの北海道旅行がオススメの理由は……

航空運賃など旅行代金が下がる
東京よりも全般的に降水量が少なく、気候も良い

といった点。つまり天候が不安定な4月初旬に雨天を心配しながら、都心のラグジュアリーホテルに宿泊するお花見旅行より、よっぽど費用対効果が高いと言えるのではないでしょうか。

今回ご紹介する3つのエリアはコチラ!

北海道中北部から東部にかけて、お花見にうってつけのエリアは3つ。それぞれ、桜の名所・空港・オススメのホテルの位置関係を示しています。

NEXT PAGE2/ 7

道北/旭川・富良野エリア

● 道北/旭川・富良野エリア(アクセス:旭川空港からクルマで約1時間)

澄んだ青空と白い残雪、色鮮やかなエゾヤマザクラのコントラストに息を呑む旅

旭川~富良野エリアは北海道の中心部。旭川空港からクルマで約35分の旭山公園は、大正時代からの開拓期、屯田兵によって植えられた桜が始まりで、有名な桜の名所です。例年5月上旬から約3500本のエゾヤマザクラが咲き始め、5月中旬頃には満開に。
そして旭川市内でお昼に美味しいラーメンでも食べたら、富良野方面へ南下。クルマを1時間ほど走らせると、国道38号線の両脇に「東京大学演習林」の桜が現れます。白い残雪の芦別岳に向かって、北海道らしく真っすぐ伸びていく桜並木は、まさに息を呑むような美しさ。毎年5月半ばの桜の見頃には、ライトアップも行われます。

■ お花見スポット

旭山公園
住所/北海道旭川市東旭川町倉沼

URL/https://www.asazoo.com/
お問い合わせ/☎0166-52-1934(旭川市公園緑地協会)

東京大学北海道演習林
所在地/北海道富良野市山部東町9-61

URL/http://www.uf.a.u-tokyo.ac.jp/hokuen/
お問い合わせ/☎0167-23-3388(ふらの観光協会)

NEXT PAGE3/ 7

美空間とフレンチが自慢のラグジュアリーホテル

美空間とフレンチが自慢のラグジュアリーホテル

絵のような風景を満喫したら、大人のための静かな隠れ家「フラノ寶亭留(ホテル)」へ。富良野・美瑛の新鮮食材を活かしたフレンチや落ち着いた空間に定評のあるホテルには、桜やこぶしの花が咲き小川の流れるプライベートガーデンも。はらはらと舞う花びらのなか、ゆったりお散歩するのも、この季節ならではのロマンティックなひとときですよ。

■ フラノ寶亭留(ホテル)

住所/北海道富良野市学田三区

URL/http://www.jyozankei-daiichi.co.jp/furano/

予約・お問い合わせ/☎0167-23-8111

● 道東/別海・中標津エリア(アクセス:中標津空港からクルマで約30分)

道東ならではのスケール!
国内最大のチシマザクラに圧倒される

NEXT PAGE4/ 7

道東/別海・中標津エリア

中標津空港から東にクルマで約30分の別海町。晴れた日には海から北方領土まで望める、まさに日本の東の果て。視界をさえぎる人工物が少ない沿岸部には、異国の地を思わせるような、日本離れした風景が広がります。
ここでぜひ訪れていただきたいのは、小学校の敷地内にたたずむ日本最大のチシマザクラ「野付の千島桜」。推定樹齢100歳以上の大木は、小学生が何人手をつないだら、周囲を囲めるだろうと思うようなスケールです。爽やかな潮風を受けながら悠々と枝を広げる薄紅色の桜は、北海道の大自然を実感させてくれます。
また町内内陸部の西春別駅付近には、3.5㎞に渡って延びる桜並木ロードも。こちらではこんもりとボリュームたっぷりに咲くエゾヤマザクラのお花見を楽しめます。
実は別海町は、生乳の生産量も日本一。お花見後は「べっかい乳業興社」のフレッシュな牛乳を用いた、濃厚ソフトクリームやチーズケーキなどもオススメ。

■ お花見スポット

別海町 野付小学校(敷地内)の桜
 所在地/北海道野付郡別海町尾岱沼潮見町220

URL/http://betsukai-kanko.jp/flower/post_59/

西春別桜並木ロード
所在地/北海道野付郡別海町西春別(駅前~国道243号沿い)

URL/http://betsukai-kanko.jp/kanko-blog/2011/

NEXT PAGE5/ 7

極上ジビエ料理が人気のオーベルジュ

極上ジビエ料理が人気のオーベルジュ

ホテルは、クルマで中標津空港から30分の「ヘイゼルグラウスマナー」へ。ヨーロッパのカントリーハウスをイメージした、知る人ぞ知る本格的な英国スタイルのオーベルジュです。
特筆すべきは、道東の食材を活かした本格的なフレンチ&イタリアン。特にエゾ鹿、野鴨、エゾ雷鳥などの野趣あふれるジビエ料理にはファンが多く、毎年訪れるというリピーターも。
アウトドア施設、厩舎、馬場、庭園、農園などを併設しているので、馬に乗ってホテルの前に咲く桜の木を眺めるなんて優雅な楽しみ方も、アリですよ。

■ ヘイゼルグラウスマナー

住所/北海道川上郡標茶町字虹別原野六十五線116−1
 
URL/http://www.hazelgrouse.com/
 
予約・お問い合わせ/☎015-488-3888

NEXT PAGE6/ 7

オホーツク/網走・知床エリア

● オホーツク/網走・知床エリア(アクセス:女満別空港、中標津空港からクルマで約100分)

ピンク色のじゅうたんを上空から鑑賞!

最果ての地、オホーツク海沿岸の網走~知床エリアでもお花見ができちゃいます。と言ってもこちらで楽しめる桜は、足元で咲く可愛い「芝桜」。地面を覆うように茎を広げる多年草で、春に白、ピンク、藤色などの桜に似た花を咲かせます。
芝桜の季節、網走駅からクルマで約30分の東藻琴芝桜公園は、まさに丘陵に敷き詰められた「桜色のじゅうたん」。北海道らしい白樺と青空、ピンク色の花々の対比も美しく壮観です。
5月上旬~6月上旬の「芝桜まつり」の期間中、土日の日中は特に混み合うので、朝一番の来訪がオススメ。あるいはちょっと贅沢に「ヘリコプターで大空から芝桜を楽しむ」という裏ワザも。10ヘクタールに渡って広がる白から桜色へのグラデーションを、鳥になった気分で見降ろすというのも、オトナならではの楽しみ方です。

■ お花見スポット

◆ 東藻琴芝桜公園
所在地/北海道網走郡大空町東藻琴末広393

URL/http://www.shibazakura.net/

お問い合わせ/☎0152-66-3111(東藻琴芝桜公園管理公社)

ヘリクルーズ「東藻琴 天空の旅」
[期間/5月12日(土)〜6月3日(日)]

URL/http://tenkunotabi.com/lineup/hokkaido.php

予約・お問い合わせ/☎0167-58-1225(天空の旅・日本ヘリシス)

料金/大人5500円(所要時間/3分間)

NEXT PAGE7/ 7

知床エリアでもっともラグジュアリーなホテルへ

知床エリアでもっともラグジュアリーなホテルへ

宿は、知床までクルマで約1時間半の知床半島へ。目的地の「北こぶし知床 ホテル&リゾート」は、地域で最もラグジュアリーなリゾートホテルです。客室は特別フロア「オホーツク倶楽部」の洋室がオススメ。ウォールナットカラーがモダンかつ温かい印象で、ゆったりと落ち着けます。
窓から藍色のオホーツク海が一望でき、ウトロ港もすぐそばなので、朝の漁を終えて港に戻ってくる漁船や魚の水揚げなど、オホーツク沿岸らしい光景を見られることも。
夕食には、ウトロならではの海の幸を。こちらのビュッフェは、味とバリエーションの豊富さ(和洋約70品)で、舌の肥えた旅人たちを満足させています。小丼に自分の好きなネタを載せてつくる海鮮丼や、パティシエが仕上げるスウィーツ、チョコレートフォンデュも女性に人気。
おなかが満たされたら、温泉の展望大浴場へ。知床の海と大地のエネルギーを心身にチャージして、北国の春の旅を幸せな気分で締めくくれそうですよ。

■ 北こぶし知床 ホテル&リゾート

住所/北海道斜里郡斜里町ウトロ東 172
 
URL/http://www.shiretoko.co.jp/
 
予約・お問い合わせ/☎0152-24-2021

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事