• TOP
  • STAY&TRAVEL
  • ホテルも個性が命です! お洒落でユニークな最新ホテル7選

2018.01.15

ホテルも個性が命です! お洒落でユニークな最新ホテル7選

東京オリンピックに向けて続くホテル開業ラッシュ。最新のハイテクやアートから、日本の伝統文化まで、さまざまなカルチャーを伝える個性的なホテルが全国に誕生しています。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/長谷川あや

2020年の東京オリンピックを2年後に控え、ホテルの開業ラッシュが続いています。外国人観光客の急増を受け、東京・大阪はもとより地方都市にも続々と新しいホテルがオープン。海外資本のラグジュアリーホテルだけでなく、お洒落なライフスタイルを提案するユニークなホテルが増えているのも最近の傾向です。2017年夏以降にオープンした、特にビビッドな個性を放つ7軒をご紹介します。

雨が降ったほうがいいんです!
「雨庵 金沢」(金沢市)

北陸新幹線の開通以来、外国人はもちろん、日本人からもこれまで以上の注目を集めている、古都・金沢にはユニークなホテルが続々とお目見えしています。

ご存知ですか。実は金沢は、年間160日も雨が降る雨の街。古くから「弁当忘れても、傘忘れるな」と言われてきたほど。観光で訪れた街で雨に振られるとがっかりするものですが、12月にオープンした「雨庵 金沢」は、雨の日を楽しんでもらうためのアイデアが随所に隠されたホテルなのです。
宿泊者だけが利用できるラウンジ「ハレの間」では、「金沢の雨」をテーマにしたアート作品をはじめ、地元で活躍するアーティストの手作りの工芸品など、金沢らしさあふれる作品を展示。夜は日本酒バーとして営業し、夜食として日本そばもサーブされます(無料)。

金沢の“普段のお茶”である番茶の一種、「加賀棒茶」やお菓子を、24時間、無料でいただけるのもうれしいところ。金沢に関する書籍を中心としたライブラリーも併設していて、たしかに雨が苦でなくなりそう。朝食には、加賀野菜をたっぷりと使用した和食、洋食が定食スタイル(予約制2500円・税込)で楽しめます。

◆雨庵 金沢(うあん かなざわ)

開業日/2017年12月1日
住所/石川県金沢市尾山町6-30
URL/www.uan-kanazawa.com
客室数/47室
予約・お問い合わせ/☎076-260-0111

NEXT PAGE2/ 7

KUMU 金沢

金沢の伝統文化がテーマ
「KUMU 金沢」(金沢市)

「KUMU 金沢」は、築44年のオフィスビルをリノベーションした、禅と茶をテーマにした、日本の生活様式を提案するホテル。金沢市中心部のオフィス街、観光名所の近江町市場や尾山神社にほど近く、兼六園、金沢駅へも徒歩圏内と絶好の立地に位置します。ホテル名は、武家文化が色濃く残る金沢の伝統を汲む(KUMU)というコンセプトから来ているのだそう。
2階から6階が客室となっているのですが、それぞれひとりのアーティストが、フロアごとのアートを担当。全47の客室は全室最大4名まで利用できます。一部の客室に、小上がりがあるのも金沢っぽいつくり。大人の修学旅行という感じで、テンションが上がります。
また、ホテル内のティーサロン「キッサ アンド コー」のカウンターには、地元の金工作家・竹俣勇壱氏が選定、制作した茶釜や茶道具が並び、地元作家をはじめ、さまざまな器で抹茶や加賀棒茶、お茶を使ったアルコール類がいただけます。ウッドデッキが敷かれた、金沢城公園を望むルーフトップもぜひチェックを。金沢をとことん味わう旅に、彼女を連れ出してみては?

◆KUMU 金沢 -THE SHARE HOTELS(-クム カナザワ ザ シェア ホテルズ)

住所/石川県金沢市上堤町2-40
開業日/2017年8月30日
URL/https://www.thesharehotels.com/kumu/
客室数/47室
予約・お問合せ/☎076-282-9600

NEXT PAGE3/ 7

ホテル・ザ・ノット ヨコハマ

オリジナルの家具はすべて購入可能! 
「ホテル・ザ・ノット ヨコハマ」(横浜市)

1984年開業の「横浜国際ホテル」が、12月、「ホテル・ザ・ノット ヨコハマ(HOTEL THE KNOT YOKOHAMA)」としてリニューアルオープンを果たしました。
新たにスタートを切った「ホテル・ザ・ノット ヨコハマ」では、ブランディングからインテリアデザインまでのトータルディレクションをデザイナーの橋本健司氏が、全147部屋のインテリアデザインは「アクメ ファニチャー」が担当しています。
港町横浜にふさわしく旅客船のキャビンをイメージした客室は、アメリカンヴィンテージからインスピレーションを得たオリジナルの家具を配し、しっとりと落ち着いた雰囲気に。深みのある木の色味が特徴のベッド、デスク、ランプなど客室の家具は、実際に使って気に入れば購入もできるそうです。

◆ホテル・ザ・ノット ヨコハマ(HOTEL THE KNOT YOKOHAMA)

所在地/神奈川県横浜市西区南幸2-16-28
開業日/2017年12月1日
客室数/147室
URL/http://hotel-the-knot.jp
予約・お問合せ/☎045-311-1311(代表)

NEXT PAGE4/ 7

ザ・ミレニアルズ

河原町三条に登場した、進化型カプセルホテル
「ザ・ミレニアルズ」(京都市)

京都・河原町三条の好立地にオープンした「ザ・ミレニアルズ」は、その名のとおり、ミレニアル世代(1980年代以降生まれの世代)をターゲットにした進化系カプセルホテル。

写真を見る限り、お洒落なカプセルホテルといった感じなのですが、これがかなりハイテクだったりするのです。客室には、独自開発したカプセル「スマートポッド」を導入。チェックイン時にスマートフォン型の端末を手渡されるのですが、これが居室のカギとなり、施錠不可、荷物スペースがないなどといった、カプセルホテルのデメリットを解消してくれます。
さらに、キッチンやダイニングスペースなどの共用スペースを充実させることで、「眠るまでをホテルの共用部で過ごす」という滞在スタイルを提案。貸しオフィスのように利用できるコワーキングスペース「アンドワーク」も併設しています。

京都で夜までたっぷり遊んで後は寝るだけなので宿泊費はリーズナブルに抑えたい、また、宿泊しなくても祇園に繰り出す前にちょっと仕事がしたい。そんな時に、ミレニアル世代ならずとも覚えておきたい一軒です。

◆ザ・ミレニアルズ

住所/京都市中京区河原町三条下ル山崎町235
開業日/2017年7月14日
URL/www.themillennials.jp
客室数/152室
予約・お問合せ/☎075-212-6887

NEXT PAGE5/ 7

モクシー大阪本町

マリオットが手がける、最新ライフスタイル系ホテル
「モクシー大阪本町」(大阪市)

11月、東京・錦糸町と大阪・本町に、同時オープンしたのが「モクシー・ホテル」です。社交的で好奇心旺盛かつエネルギッシュなグローバルトラベラーを対象としたホテルチェーンで、対象となる客層に必要のない設備、サービスは躊躇なく排除。宿泊料金は極力おさえています。「マリオット・インターナショナル」のホテルブランドのなかでは、もっとも安価に泊まれるホテルのひとつと考えてよいでしょう。
心斎橋や難波など大阪の主要観光スポットにほど近い「モクシー大阪本町」は、観光にもビジネスにも至便な場所にあるのがストロングポイント。24時間営業のバーのカウンターを利用してのチェックインもなんとも個性的です。グレープフルーツジュースと焼酎を合わせたオリジナルカクテル「モクシーハイ」を傾けながら、心ときめく出会いを待つとしましょうか。

◆モクシー大阪本町

所在地/大阪府大阪市中央区瓦町2-2-9
開業日/2017年11月1日
URL/www.marriott.co.jp/hotels/travel/osaox-moxy-osaka-honmachi
客室数/155室
予約・お問合せ/☎06-6204-5200

NEXT PAGE6/ 7

ネクサスドア東京

クラブラウンジが無料で利用できる!
「ネクサスドア東京」(御成門)

都営三田線「御成門」駅から徒歩1分。東京のザ・オフィス街にオープンした「ネクサスドア東京」は、宿泊すれば誰もが無料で利用可能なクラブラウンジの設置や「Apple TV」、国内・国際で通話無料のスマホ「Handy」の導入など、さまざまなサービスにいち早くチャレンジしています。
クラブラウンジは、10時~17時には無料のカフェ空間となり、17時~22時にはアルコール類も提供(こちらもフリーフロー!)。お酒を嗜みながらの仕事もできちゃいます。アメニティも充実していて、大きなお世話ではありますが、「採算、取れてますか?」と心配になってしまうくらい。

セミダブル、デラックスダブル、ハリウッドツインルーム、2段ベッドルームなど客室タイプも多彩で、さまざまなシーンに対応できるのも魅力。価格もリーズナブルなので、都心で飲んで遅くなった時に“帰るより泊る“という選択肢が増えそうです。シモンズベッド、寝心地抜群ですよ。

◆ネクサスドア東京

住所/東京都港区西新橋3-23-16
開業日/2017年11月3日
URL/www.nexusdoor.jp/ja
客室数/95室
予約・お問合せ/☎03-5473-7773

NEXT PAGE7/ 7

アール モン ゼン キョウト

美術品を愛でるホテル
「アール モン ゼン キョウト」(京都市)

祇園から徒歩圏内の、祇園北・古門前通に、11月にオープンしたのが、「アール モン ゼン キョウト」です。明治40年創業の美術商「中西松豊軒」が手がける同ホテルは、共有スペースや客室のあちらこちらに貴重な美術品が置かれていて、美術品に囲まれて眠るという贅沢な時間が過ごせるのが最大の特徴。

全15室の客室はそれぞれ誂えが異なりますが、いずれもゆったりと贅沢なつくりで、美術品がよく映えるように、ほとんどの部屋は3メートルの天井高を確保しています。
睡眠の質にもこだわり、ハリウッドスタイルのベッドを特別に開発。加湿器、バブルバスは全室完備するなど、居住性は推して知るべし、です。なかには最先端のプラネタリウムが楽しめる客室があるなど遊び心も忘れません。京都でしっぽり大人の時間をご所望なら、ぜひチェックしておきたいアドレスです。

◆アール モン ゼン キョウト

住所/京都府京都市東山区古門前通大和大路東入元町391
開業日/2017年11月9日
URL/www.amz-kyoto.jp
客室数/15室
予約・お問合せ/☎075-551-0009

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事