• TOP
  • STAY&TRAVEL
  • 最高級シャンパーニュが飲み放題!? 世界で1室だけのバーホテルってなに??

2021.04.29

KRUGがフリーフローで1泊36万円! 「bar hotel 箱根香山」

最高級シャンパーニュが飲み放題!? 世界で1室だけのバーホテルってなに??

ホテルのレストランやカフェで、シャンパーニュのフリーフローとは時折耳にするサービスですが、最高級シャンパーニュであるKRUG(クリュッグ)をなんと1泊2日で飲み放題⁉ 世界でこの1室だけというすごいお部屋を徹底取材します。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/上田佳代子  文/秋山 都

またも緊急事態宣言が発令され、飲食店は酒類の提供を自粛するなど、お酒好きにとってはタフな時期が続いています。そんななか、ホテル「bar hotel箱根香山」で、かの高級シャンパーニュ「クリュッグ」がフリーフローで飲める部屋があると聞き、出かけてきました。
▲ 「bar hotel箱根香山」のエントランスを抜けると、長さ13mのバーカウンターがお出迎え

■bar hotel箱根香山

「バーに泊まる」コンセプトホテル

まず、バーホテルとはなにか? その名の通り、「バーに泊まる」というコンセプトのホテルです。一般のホテルと異なるポイントとしてチェックインが夕暮れ(午後6時)、チェックアウトは午後2時、お酒は基本的にフリーフロー、ドリンクの料金は宿泊代にインクルーシブ(一部を除く)……まさにお酒好きのためのホテル。未成年は宿泊できない大人のための時空間です。
もちろんここでは終電の心配もご無用。バーからベッドへ直行(しかも温泉もあり)とは、多くの酒飲みが憧れるシチュエーションではないでしょうか。

世界にたった1室のみ! 「Room K by bar hotel箱根香山」のすべて

この「bar hotel箱根香山」でいま、期間限定で行われているのが、かの最高級シャンパーニュである「クリュッグ」をフリーフローで飲めるというプラン。世界でここ1室だけという、「Room K」のすべてをお見せいたしましょう。
▲  期間限定で「Room K」として設えられているのは、85㎡のラグジュアリールーム。
畳敷きの座敷スタイルダイニングと、ツインのベッド、そしてソファやロッキングチェアのあるラウンジまで備えて広々とした「Room K」。ここに宿泊する人はお部屋でのチェックインが可能です。
▲ 「クリュッグ」のブランドブックやグッズが配され、その世界観を深く学ぶことのできるコーナー。
さてここで、「クリュッグ」とは何か、簡単に説明しておきましょう。1843年にフランスの、もちろんシャンパーニュ地方で創業されたシャンパーニュのメゾン(造り手)です。創業者ヨーゼフ・クリュッグが夢みたのは、「年ごとの気候の変化に左右されない最高のシャンパーニュを毎年作り上げる」ということ。多くのリザーブワインをブレンドさせるマルチ・ヴィンテージという手法により、「クリュッグ」はその最高のクオリティをキープし続け、プレスティージシャンパーニュとしての地位を不動のものにしました。非常に高価でありながら、東京のデパートや酒販店では売り切れていることもある、人気のシャンパーニュです。
PAGE 2
▲  チェックインと同時に「クリュッグ」で乾杯!
なにしろフリーフローということなので、今夜は徹頭徹尾シャンパーニュを飲むつもり。お部屋には2本のクリュッグ グランド・キュヴェが冷やされていましたが、もし飲み終わったら何本でも「おかわりクリュッグ」できるのだそうです。現在、クリュッグ グランド・キュヴェのお値段は……何本飲めば元が取れるか考えてしまいそうですが、そのような姑息な考えはこの贅沢な空間にふさわしくないものですね。ここは素直に、目の前の美酒に酔うことにいたしましょう。
▲  クリュッグとペアリングさせたフィンガーフード。
すかさず運ばれてきたのは「クリュッグ グランド・キュヴェ」とペアリングさせたフィンガーフード。実はこれ、すべて“タマネギ”をテーマに「bar hotel箱根香山」のシェフが考案したもの。

「クリュッグ」は、創業当時よりブドウ畑の各区画の個性を最大限に生かすという哲学を貫いてきました。この、ブドウ畑の個々の区画を尊重する考えから、「単一の食材に光を当てる」という「クリュッグ」ならではのアイディアが生まれ、現在は、毎年ひとつの食材をテーマに、世界各国で腕を振るうクリュッグアンバサダーのトップシェフたちが「クリュッグ グランド・キュヴェ」、「クリュッグ ロゼ」との至高のペアリングを追求し、提案しています。今年は、“タマネギ”が選ばれているので、上のフィンガーフードが誕生したという次第です。
PAGE 3

シャンパーニュが進む、進む、バーフードが食べ放題!

▲ 食事はバーフードが食べ放題。「クリュッグ」オリジナルの箸置きにもご注目。
お楽しみのディナータイムはお座敷スペースで。「bar hotel箱根香山」の夕食は、「バーニャカウダ」「スパイシーポテトフライ」「足柄牛のローストビーフ」「足柄牛のホテルオリジナルカレー」など、お酒が止まらなくなりそうなバーフードがメイン。通常はバーカウンターでいただきますが、「Room K」では部屋食、それも食べ放題! 「クリュッグ」を片手に、グビグビモグモグ……。
食後はバーテンダーがお酒をふるまう「the bar」に移動し、暖炉の炎を眺めながら一杯。思い切りロマンチックなシチュエーションでした。
PAGE 4

貸し切り温泉でKRUG ROSEが飲める幸せ♡

さて、「クリュッグ」にばかり気をとられていましたが、ここが箱根であることを忘れてはいけません。箱根といえば、都心にもっとも近い温泉郷のひとつではありませんか。ここ「bar hotel箱根香山」には大浴場のほか、貸し切り温泉「private spa & bar」も備えられています。

事前予約した「private spa & bar」に行ってみますと……
▲ クリュッグ ロゼのハーフボトルが用意されていた貸し切り温泉。利用は90分間。
なんとこちらのハーフボトルが! 温泉に入りながら、シャンパーニュを、それも「クリュッグ ロゼ」が飲めるなんて、フランス人が見たら悶絶しそうな組み合わせです。ちなみに、この「クリュッグ ロゼ」はおかわり不可。「なんで? 」と思う方、価格を調べてみてください。きっとご理解いただけるはずです(笑)。

「クリュッグ」を探せ!

▲ シモンズ社のマットを使用し、心地よく眠れるベッド。
さあ、シャンパーニュは思い残すところなく堪能した。温泉にもつかり、癒された……となったら、ベッドルームへ。ここにも随所に「クリュッグ」のモチーフが使われ、その世界観にひたれる仕掛けがほどこされています。たとえば壁にかけられた写真、ピロークッション、ベッドスロー、そしてバスアメニティの数々……。
ここでいくつ「クリュッグ」を発見できるか、お連れ様と競ってみても楽しいのでは。

この「Room K by bar hotel箱根香山」での宿泊プランは、泊まった翌朝のシャンパンブランチも含まれています。ゆったり、贅沢に「クリュッグ」を堪能する1泊2日で、たまには自分を甘やかしてもいいですよね。

■bar hotel箱根香山

住所/神奈川県足柄下郡箱根町小涌谷507-4
HP/www.barhotel.com/
予約・お問い合わせ/0460₋82₋0111

●「Room K by bar hotel箱根香山」の宿泊は1室2名利用、1名あたりの参考料金¥179,850~¥276,850(館内での飲食代、税・サ込み、入湯税別)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL