• TOP
  • STAY&TRAVEL
  • 個性派ビジネスホテルが、ただの出張を“癒やし”に変える!

2017.07.18

個性派ビジネスホテルが、ただの出張を“癒やし”に変える!

CATEGORIES :
文/河合かおる
正直、長時間の移動を伴う出張って、疲れますよね〜。
ならば“出張”を“癒しの旅”に変換してしまうというのはいかがでしょう。え? わけがわからないって?
  
今、リーズナブルでありながらもハイクオリティなサービスを提供する、ビジネス以上、ラグジュアリー未満のホテルが増えているのをご存知でしょうか。 いずれも、お疲れのビジネスマンの心と体を癒してくれる工夫が凝らされ、滞在するだけでもリフレッシュできてしまうというもの。

ここを知っていれば、次の出張がきっと楽しみになる!
そんな“新世代ビジホ”をご紹介します。

出張先で、まさかのグランピング体験!?

【アンワインド ホテル&バー】

アンワインド外観
札幌出張のお楽しみといえば、真っ先に思い浮かべるのが贅沢な海の幸を存分に味わえるご当地グルメ。
仕事が終わったあとは、美味しいものをたらふく食べて、すすきので飲んで、ホテルには寝に帰るだけ。

まあ、それが一般的な過ごし方かと思うのですが、好奇心旺盛な諸兄にはそんな当たり前の出張だとちょっぴり物足りなく感じてしまうかも知れませんね。
せっかく札幌までやってきたのですから、もう少し刺激的な滞在をぜひ楽しんでいただきたい。

「アンワインド ホテル&バー」は、札幌市内にいながらにしてさながら“グランピング”(贅沢なキャンプ)気分が味わえるユニークなホテル。
木とレンガに囲まれたインテリアに暖炉を備えるロビーは、まるで山奥のロッジに滞在しているかのような錯覚を覚えそうな空間に仕上がっています。
アンワインドロビー
今夏オープンしたルーフトップテラスでは、夕刻になるとなんと毎日無料のワインサービスを提供しています。
ゆらゆらと燃える炎を見つめながら、風がわたる開放的なテラスで飲んでいると、いつの日か楽しんだキャンプファイヤーを彷彿とさせるかも。
アンワインドルーフトップ
夕食前に一杯飲んで、夕食後には誰かを誘ってまた戻って来たくなる。
そんなくつろぎの空間で、いつもとは違う出張先での夜を過ごしてみるのもまた一興です。

◆ アンワインド ホテル&バー

住所/北海道札幌市中央区南8条5-289-111
お問い合わせ/☎011-530-6050
料金/ダブルルーム 1泊2日朝食付き7,000円〜
※価格は税込みです

壁面緑化の迫力! 植物に癒される部屋

【ホテル ザ グランデ心斎橋】

グランデ大阪着生床ルーム
コンクリートジャングルに囲まれた東京と大阪を行ったり来たりの日々。時には、大自然の緑に癒されたいなぁ……。

はい、そんな願いをいともたやすく叶えてくれるのが、希少植物を求めて世界を旅するプラントハンター、西畠清順氏がプロデュースするこちらのお部屋。 「ホテル ザ グランデ 心斎橋」の711号室、その名も「着生床」。

部屋に足を踏み入れた瞬間に鼻を抜ける、どこか懐かしい森林の香り。見渡してびっくり、バリ島のウブドから取り寄せた「アコウ」の木が床から天井に向けてそびえたち、壁一面が本物の植物で覆われたさながらジャングルのような空間が広がります。
グランデ大阪アコウの木
なんと、大阪のど真ん中にいながらにしてリアルに森林浴が体験できちゃうんですよ……!

さらに、ハイスペックな設備とアメニティにも注目。
マイクロバブルバスが楽しめる浴室にはTVを完備し、アメニティは「ブルガリ」。
グランデ大阪浴室
疲れていても、つい利用したくなるネスプレッソ・コーヒーマシンを導入している点もありがたい。
また、ホテル内のラウンジでは、カフェタイムにドリンクやスナックを自由に楽しめ、宿泊プランによってはバータイムにノーチャージ・ワンドリンク無料という、ビジネスホテルの枠を超えたサービスも受けられるんです。
せっかくなら、「地産地消」をテーマに栄養バランスに配慮した季節野菜中心のワンプレートが味わえる朝食付きプランがオススメ。
グランデ大阪朝食
ちなみに、全45室、すべてが異なるデザインに仕上げられているのだそう。
武田双雲氏による書道作品が展示された部屋も気になる〜!
わざわざ大阪出張の機会を作りたくなりますね。

◆ ホテル ザ グランデ 心斎橋

住所/大阪府大阪市中央区東心斎橋1-6-28
お問い合わせ/☎︎06-6251-7170
料金/711号室(バー利用、朝食付きプラン)10,000円〜(2名1室お一人様)、スタンダードルーム(素泊まり)8,000円〜(1名1室お一人様料金)
※価格はすべて税抜きです

五感を通じて快眠をサポート

【レム六本木】
レム六本木客室
ハードワークが重なって心身に疲労が溜まると、上質な睡眠をとることが難しくなってきます。

そんな時にぜひお勧めしたいのが、六本木駅から徒歩1分という抜群の立地の良さも魅力の「レム六本木」です。 六本木といえば、世界有数の“眠らない”街ですが、コチラは“眠りをデザインする”をコンセプトに、快眠へと導いてくれる工夫があちらこちらに散りばめられているビジホなのです。

全客室にマッサージチェアとナノイー発生機を設置し、まるで自宅の寝室にいるかのような寛ぎの空間を演出しています。 ガラスのパーテーションで仕切られた開放的なシャワーブースには、疲れを癒してくれるレインシャワーを完備。椅子に座って天井から降り注ぐ水流にただ身をゆだねるだけでも、かなりのリフレッシュになるはず。
レム六本木シャワーブース
そして、何と言っても快眠には欠かせないベッドは、「日本ベッド製造(株)」と共同開発したオリジナル。頭、腰、脚と体を支える3カ所のコイルの堅さを調整し、体圧を可能な限り分散。さらに枕は好みに合わせて選ぶことができるというこだわりよう。
「枕が変わると眠れない」という人でも安心ですね。
そうそう、ぐっすり眠れた翌朝は、ぜひブッフェスタイルの朝食を楽しんでください。
レム六本木朝食
ビジネスホテルの常識を覆すクオリティと品揃えが、一日のスタートに活力を与えてくれるはずですよ!

◆ レム六本木

住所/東京都港区六本木7-14-4
お問い合わせ/☎︎03-6863-4123(東京予約センター)
料金/シングルルーム 1泊2日朝食付き11,800円〜

※ 価格は税込みです

炭酸泉の露天風呂で心身を解きほぐす

【ホテル ココ・グラン高崎】

ココグラン高崎ロビー
ビジネスホテルの狭いバスルームが苦手……。
お湯を溜めるのも面倒で、ついシャワーだけで済ませてしまうのが常だったり。でも、疲れているからこそ、ゆったりとお風呂に浸かりた〜い! というのは誰しもの本音のホンネ。

「ホテル ココ・グラン高崎」は、檜のぬくもりを感じる広々とした大浴場と、リラックス効果の高い炭酸泉を導入した露天風呂を完備する、まさにお疲れビジネスマンにはうってつけのホテルなんです。
ココグラン高崎大浴場
ナチュラルテイストの客室は、部屋に入った瞬間にほっと一息つけるような落ち着いた空間。
ココグラン高崎客室
リクライニングマッサージチェアに腰をかければ、そのまま眠りについてしまいそうな心地よさ。
アロマディフューザーのレンタルも可能なので、とびきりの癒し時間を独り占めできちゃいます。

さて、シモンズのベッドで心地よい眠りについた翌日は、普段より少し早起きをして、もう一度大浴場で朝風呂に浸かるのも良いですね。

◆ ホテル ココ・グラン 高崎

住所/群馬県高崎市東町3-5
お問い合わせ/☎︎027-320-1155
料金/シングルルーム 1泊2日朝食付き10,000円(税・サ込み)〜
あれ……家に帰りたくないかも。
思わずそう呟かずにはいられない、“癒しの出張”を体験してみてはいかが?

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事