• TOP
  • STAY&TRAVEL
  • 彼女とのお洒落京都旅行には、ニューオープンのホテル2軒がオススメ

2017.07.16

彼女とのお洒落京都旅行には、ニューオープンのホテル2軒がオススメ

CATEGORIES :
文/木藪 愛
さて、彼女と一泊で京都に遊びに行くとしたら。念入りに準備して名門ホテルで優雅な旅を満喫するのもいいけれど、もう少し気軽にデート気分で楽しむカジュアルな旅も、これまた魅力的ですよね。とはいえ京都は日本を代表する観光地。ホテルの予約が取れない! そんな時にオススメなのが、こちら、ニューオープンのホテル2軒。まだ、あまり知られていない、しかも、お洒落で快適、かつ京都らしさも感じられるとなると、これは注目ですよ!

選び抜かれた京都の“良質”が詰め込まれた部屋

今年の7月1日にオープンした、わずか8室のみのスモールラグジュアリーホテル「THE JUNEI HOTEL 京都 御所西」は、ふたりだけのプライベート感を重視したい方にぜひオススメです。
 
まずはすべての客室が、約50平米という居室スペースの広さに驚かされます。部屋はベッドが置かれている絨毯スペースと、愛らしい形のおじゃみ座布団がポイントとなっている畳スペースに分かれていて、水周りも広々。大きな鏡を備えたデスクも用意されており、女性にとっての使い勝手の良さは抜群。遊び疲れて戻ってきてもストレスなく寛ぐことができます。
デラックスツインの客室「竹」。
プレミアムダブルの客室「大地」。川島織物の本田純子氏の作品からインスピレーションを得ている。
京都らしさがそこかしこに感じられるのも、こちらのホテルのこだわり。花結晶と呼ばれる美しい京焼の茶碗で宇治和束茶がいただけるほか、お菓子は「亀屋清永」、竹のワインクーラーやマットは「公長齋小菅」、肌触りの良いパジャマは「京和晒綿紗」と、部屋にいながら京都の銘品の数々に触れることができるのです。
老舗「中尾園茶舗」の京都宇治和束茶と京焼「洛中洛外」の花結晶茶碗。
素泊まりが基本ですが、老舗「二和佐」の仕出し朝食をオーダーすることも可能。夜は京都嵐山の「丹波酒造」による、シャンパンのような繊細な味わいの純米日発泡酒「ジャポン」を室内でいただくことができるのもうれしいところ。「かみ添」のアートパネルや川島織物のベッドスローも華やかに部屋を彩ります。
 
さらに彼女に喜んでもらえそうなのが、美容やダイエットに効くと言われている水素風呂を導入している点。信楽焼の浴槽で、高濃度水素水生成器「HYXIA」のお湯を心ゆくまで堪能することができますよ。
 
また、着物のレンタルプランや、紙漉き体験といったホテルがコーディネートしてくれる観光プランも豊富です。突然思い立って京都を訪れたとしても、とりあえずこちらに予約さえしてしまえば、旅の計画の半分は完成してしまうという、なんとも心強いホテルです。

■THE JUNEI HOTEL 京都 御所西

住所/京都府京都市上京区東堀川通下長者町下る三町目14番
URL/www.juneihotel.com
予約・お問い合わせ/☎075-415-7774
 ● 素泊まり3万3000円〜、2名以上1部屋料金、プレミアムダブル、最大5名まで

コンパクトなデザイナーズホテルという選択肢も

続いては都内に3店舗構える「グランベルホテル」の初となる京都店をご紹介。祇園のど真ん中に、地下1〜4階建、全105室を備える大規模なホテルが7月14日にオープンしました。
 
こちら、1部屋あたりは約17〜23平米と決して広くはありませんが、そのデザインセンスの良さに注目です。「祇園の継承×日本のクリエイティブ」をコンセプトにした個性的な館内は、見ても過ごしても、決して飽きないクリエイティブなスペース。観光をメインにしたいから広いシティホテルはいらない、でもお洒落なホテルに……という方にこそご推奨する次第です。
高さの低いベッドで和室ながら解放感を演出した和室モデレートタイプ
例えば、1階のエントランス空間。一見すると、シンプルな家具に癖のあるテクスチャーのファブリックやヴィンテージの小物が組み合わされたいわゆる“ブルックリンスタイル”ですが、よく見るとクッションカバーなどは、レディーガガの着物もデザインした気鋭の着物デザイナー斉藤上太郎氏デザインの和織物でできているのです。
 
また、地下1階の大浴場「KOMOREBI こもれび」は、浴室の中に小さな日本庭園があるのですが、全体の雰囲気としては和風というよりはまるで海外のスパのよう。この浴室、夜はライトアップされ妖艶な雰囲気を醸し出し、朝はまるで天井から日が差し込んでいるようですこぶる気持ちがいい。なんでも、今春ミラノサローネで話題となった太陽光を再現するナノテク照明「CoeLux」を世界に先駆けて採用したのだとか。
イタリア発の最新ナノテク照明「CoeLux」が導入された浴室
もちろん肝心の客室も、狭さを感じさせない工夫が凝らされており、寝るだけにはもったいない快適さ。全室にAppleTVが導入されていたりyou tubeやabemaTVなどが大画面で楽しめるというのもポイント高し、です。
レストラン「TAKEDOKORO 竹処」内観
1階には朝食ビュッフェがいただけるレストラン「TAKEDOKORO 竹処」やバー「KONJIKI 金色」を併設。必要なものがすべて揃って、プラスアルファの楽しみも味わえる、実に“使える”ホテルかと。さぁ、どちらのホテルも泊まるなら今ですよ!

■京都グランベルホテル

住所/京都府京都市東山区大和大路通四条下ル大和町27番
URL/www.granbellhotel.jp
予約・お問い合わせ/☎075-277-7330
● 素泊まり2万5100円〜、朝食付き2万5100円〜2名1室あたり

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事