• TOP
  • STAY&TRAVEL
  • コロナ後はまず沖縄! と決めているアナタにおすすめしたい絶景の“海近”宿

2021.02.07

コロナ後はまず沖縄! と決めているアナタにおすすめしたい絶景の“海近”宿

「星のや」ブランド8軒目として2020年7月にオープンした「星のや沖縄」は全100室が自然の景観を生かしたオーシャンビュー。客室の目の前には絶景の海が広がり、美しい大自然を満喫して非日常の至高時間を楽しめる宿なのです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/小野アムスデン道子

▲ 海に突き出るような「テラスリビング」のあるハルの部屋で、お茶をしながらまったり。
那覇空港から沖縄自動車道を使ってクルマで約60分。サトウキビ畑の広がる素朴な読谷村を過ぎて海の方に向うと、やがてガジュマルの並木と海岸線に沿って続く1km近く高い壁が見えてきます。

「星のや沖縄」はその壁の向こう。全100室が自然の景観を生かしたオーシャンビューで、周りに視線をじゃまする建物は一切ありません。客室の目の前がもう絶景の海!
門の中は緑に囲まれて南国の花々が咲き乱れ、まさに別世界。海への近さを実感できるよう2階の低層になっている各棟をウッドデッキが繋いでいます。4タイプあるどの部屋にも大きなダイニングテーブルと簡単な調理もできる「土間ダイニング」があって、好きな時間に料理を温めたりゆったりお茶を飲んだりも。海が目の前の別荘に来たように寛げるのがいい感じです。
▲ 真ん前が海、海岸線の形を生かして建てられた客室棟。視線を遮るものがない。
PAGE 2
ベッドルームを飾るのは、沖縄を代表する伝統的な染物「琉球紅型」が描かれた壁紙。鮮やかな色合いで描かれているのは、読谷村に伝わる伝説や風習で、名産の焼き物を作る様子や楽器を演奏する動物たちなど隠れたモチーフが目を引きます。その他にも「やちむん(沖縄陶器)」「金細工(くがにぜーく)」などの地元の工芸品が飾られていて、沖縄の住まいにお邪魔したような感じがします。
海を眺めていると時が経つのを忘れそうですが、まずは一年中泳げる「サンセットプール」へ。水温は約37℃に保たれ24時間オープンなので、プールにつかって目の前に落ちていく夕陽を眺めるもよし、水上に座っているような浅いプールで寛ぐもよし。これぞ沖縄!の上質時間が楽しめます。

飲み物やお菓子が用意された「集いの館」では、カクテルを注文することも。夜には、ここで披露される琉球空手の師範たちの見事な演武や琉球舞踊を見たり、プールで空気の住んだ沖縄の星空を眺めて浮遊浴を楽しむのもおすすめです。
PAGE 3
板の間の「道場」で、古くから沖縄で振る舞われていた「ぶくぶく茶」を楽しんだり沖縄発祥の武道を習ったりと、敷地内で楽しめる沖縄ならではのアクティビティも。隣接する崖の上に立つ「バンタカフェ」からは、客室とはまた違う高台から見下ろすビーチの眺めが楽しめます。
▲ クリーミーな泡のぶくぶく茶は、航海の無事を願って古くから沖縄の庶民の間で親しまれた飲み物。
春には、特別に設けられたビーチの席でプライベートな「はまかじアフタヌーンティー」(2021年3月1日〜5月31日)も。海開きとともに近くのビーチや沖縄の美しい海を楽しめるのは言うまでもありません。
▲ 1日1組限定のはまかじアフタヌーンティーは、そよ風に吹かれて波打ち際独占の贅沢。
食事は、ダイニングで楽しめる海の幸あふれる「琉球シチリアーナ」(シチリア島の料理のエッセンスを取り入れたイタリアン)もありますが、プライベートに2人の時間を楽しむなら、下ごしらえしてある料理を客室で仕上げて食べる新スタイルの「ギャザリングサービス」がおすすめ。「土間ダイニング」を活かして、絶景の海を眺めながら自分たちがひと手間をかけた料理を気ままに食べられるのは最高の贅沢!
アラカルトでもセットでも注文できるメニューは、とてもバラエティに富んでます。例えば、まずは和食のお造りやジーマミー豆腐、洋食の旬魚のカルパッチョタオルミーナ風やローストビーフのインサラータ仕上げのようにそのまま出せるものを並べて乾杯!  温かい料理は、好きなタイミングで食べる直前にオーブンレンジなどで仕上げるのですが、動画での説明もあって簡単に出来るので心配ご無用。メニューは、洋食と和食のセットメニュー(それぞれ2名分1万4000円、税サ別)のほかにアラカルトもいろいろ。
PAGE 4
▲ 共同で陶器を作る登り窯。土や釉薬を使いこなして一人前になるまで10年はかかるそう。
部屋に置かれた陶器や食事に使われた器に心引かれたら、「星のや沖縄」からクルマで15分ほどの「やちむんの里」へ。沖縄特産の焼き物を作る19の工房が集まっており、伝統的な魚柄や白と藍の北欧的な柄の焼き物など、工房によって個性のある焼き物が並んでいて目移りすること必至。どんな料理を入れても様になるやちむん。使う度に、沖縄の海と思い出が蘇ります。
▲ 軒先に自慢のやちむんを並べている工房も。何でも映えそうな器に心が動く。

◆ 星のや沖縄

住所/沖縄県中頭郡読谷村字儀間474
HP/https://hoshinoya.com/

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        コロナ後はまず沖縄! と決めているアナタにおすすめしたい絶景の“海近”宿 | 旅行 | LEON レオン オフィシャルWebサイト