2017.04.10

アマンが凄い4つの理由

CATEGORIES :
2017年秋、上海にアマンの新たなサンクチュアリ、「アマンヤンユン」が開業します。「アマンヤンユン」が佇むのは、上海中心部から遠く離れた森の中。

明・清朝時代の伝統家屋を移築再建したヴィラは、周囲をクスノキの巨木に取り囲まれ、古代から息づく自然と静謐な歴史が融合した極上のリゾートです。
今秋に開業する「アマンヤンユン」。幻想的な自然の中で、極上のラグジュアリーを享受できます。
「アマンヤンユン」の開業を前に、もう一度問い直したいのは、「なぜアマンは旅の誘いの最高のキーワードとなるのか」ということ。それは世界中のアマンに魅了された人の数が実証しています。

ここでは、もう30年近くアマンが人を惹きつけるワケを、4つのホテルを例にご紹介。これからやってくるゴールデンウィークと夏休みに向けて、ぜひとも参考にしてくださいませ!

アマンが凄いワケ、その① 歴史ある建築を蘇らせるリノベーション力

AMANGALLA(アマンガラ)/スリランカ・ゴール

やはり歴史のある建物は感性に訴えかけるものが違う、そう感じさせるのが「アマンガラ」です。街全体が世界遺産に認定されているゴール旧市街にあるこのホテルは、150年の歴史をもつスリランカ最古のホテル「ニューオリエンタルホテル」をアマンが全面改装したもの。

“白亜の貴婦人”とも謳われたクラシカルな外観にまず心が踊り、そしてロビーに足を踏み入れると、タイムスリップの錯覚にも陥るような、ヒストリカルな空気が流れています。基本的にはリノベーションされているのですが、ところどころに、前ホテルの面影を残しているのがにくいところ。

ここに連れていく男性=趣のある人、と自動的に思われる可能性も大ですね。

また、アーユルベーダで彼女をいたわることもできますし、ゴールの街はスターサファイアが有名なので、旅の記念にひとつ贈るもよし。

サファイアのジュエリーを身につけた彼女の姿と「アマンガラ」の情緒が合いまり、忘れられない旅になること間違いありません!

アマンが凄いワケ、その② 楽園のようなビーチをもつ

AMANPULO(アマンプロ)/フィリピン・パマリカン島

アマンが極上のビーチを求めて誕生させたのが、 フィリピン・パマリカン島の「アマンプロ」です。

もとは何も開拓されていなかったワイルドな自然溢れる孤島を、計53室の見事なワンアイランドリゾートへと変貌させました。

マニラ国際空港から車で10分の距離にあるアマンプロラウンジに行き、そこから専用機で約1時間。東京からマニラまでは約4時間半なので、実は「アマンプロ」は日本からとっても近い!

そして島につくと、ゲストを待ち受けるのは白砂のビーチとただひたすらに青い海と空。この島には「アマンプロ」のゲストしかいないため、優越感と安心感も満点です。

シュノーケリングで熱帯魚と戯れるのも楽しいし、サンセットクルーズもロマンチックでアクティビティも充実。と言いつつ、やっぱり最高なのは、まばゆいブルーの海を前に、ふたりで何もせずぼーっとカクテルでも飲むことですかね。

©Aman

NEXT PAGE2/ 2

インドネシアはアマンジウォ/アメリカはアマンギリ

アマンが凄いワケ、その③ 世界遺産と調和することもできる

AMANJIWO(アマンジウォ)/インドネシア・ジョグジャカルタ

「アマンジウォ」が位置するのは、ボルブドゥール遺跡群から約3kmの森の中。そんな特別なロケーションに佇むホテルは、まるでその建物自体も歴史建造物のような荘厳さを誇ります。

これまでいくつものアマンを手がけている建築家、エド・タートル氏は、「アマンジウォ」に寺院建築様式をとりいれ、ボロブドゥール遺跡とホテルを見事に調和させました。

リゾート内のいくつかの場所からボルブドゥール遺跡を眺めることができるのですが、印象的なのは、屋外エントランスから見える遺跡群。

額縁におさめられたかのごとくボロブドゥールが佇み、その光景はまさに幻想的!

ホテルから遺跡群への早朝ツアーもハイライトのひとつですが、それ以外の朝はぜひ早起きをしてホテル内から朝霞の中に浮かぶ遺跡群を眺めてくださいませ。

そうそう、こちらはベッドの作りもちょい古代遺跡のようなデザインなんですよ。この場所でしか味わえない寝心地もお楽しみあれ。

アマンが凄いワケ、その④ ダイナミックな自然に囲まれたロケーションもある

AMANGIRI(アマンギリ)/アメリカ・ユタ州

砂丘、奇岩、断崖絶壁の山々。まるでどこかの惑星にいるかのような景観を「アマンギリ」からは楽しむことができます。アメリカ南西部・グランドサークル中央の渇いた地は、ふたりの逃避行を盛り上げるには絶好のロケーション。

なにせ、“地の果て”とも感じさせるダイナミックな自然に囲まれていますからね。薄いピンクを基調とした外観は、スタイリッシュでありながらも周囲の絶景に溶け込み、やはりアマンはその地に順応させるのが極めてお上手と感じざるをえません。

グランドキャニオン、プライスキャニオン、モニュメントバレーなど自然保護区へも簡単に行くことができ、古生物学者の解説付きツアーもあり。恐竜の足跡を目の当たりにし、数億年前の世界に想いを巡らせます。

そんな暑い地での大冒険のあとは、ホテルのプールにダイブ。砂漠の中のオアシスのごとく、ふたりの火照った身体をクールダウンし、これがまた気持ちいい!

そして夜は満点の星空の下で、まったり……。“地球を遊ぶ”とは、ここのことですね。

アマン

お問い合わせ/アマン共通 日本語対応フリーダイヤル 0120-951-125(平日11時〜19時)
URL/www.aman.com
©Aman
文/大石智子

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事