2017.01.25

ふたりで”体験”するハイエンドなカリフォルニア

CATEGORIES :

オヤジの旅にはラグジュアリーさが不可欠です。ずっと乗っていたくなる空の時間、感性を刺激する星つきホテル、シーズナルかつシグニチャーな食事。それらは旅の記憶を忘れえぬ思い出に変えてくれるものです。セレブなバカンス第三弾でお送りするのは、そんな“ハイエンド”をテーマにしたカリフォルニアの旅。舌、体験、空間の3つに分けた、ハイエンドでモテる魅惑のスポットをお楽しみください。

取材協力/カリフォルニア観光局 www.visitcalifornia.jp
ソノマカウンティ観光局 www.sonomacounty.com/
バークレー観光局 www.visitberkeley.com
サンフランシスコ観光協会 www.sftravel.com/ja

ART@SF MOMA

In San Francisco/サンフランシスコ

昨年5月にリニューアルされ再び注目を集めている「SF MOMA」。その最大の楽しみ方は、館内でインストールできるSF MOMAアプリ(sfmoma.org/app)を使った、まったく新しい音声ツアーガイダンス。ユーザーの現在地と向かっている作品を認識し、アートストーリーをベストタイミングでガイダンスしてくれる同アプリでは、この作品についての感想や議論を聞くことができるツアーや、曲芸師フィリップ・プティによる考察的ツアーなど、かつてない直感的な美術館巡りが楽しめます。ですので、アートに詳しくなくても大丈夫。スマホひとつで彼女とアートな時間を共有できますよ。

PAGE 2

MUSIC@SF SYMPHONY

In San Francisco/サンフランシスコ

SF MOMAと並んでサンフランシスコに来たら訪れるべきなのが、1980年に建設されたとは思えない美しい存在感を放つ「デーヴィス・シンフォニー・ホール」。このホールは、シビックセンターエリアにあるサンフランシスコ交響楽団の本拠地で、建物の中に建物を取り込むという革新的なデザインによって、外殻が外界の騒音や振動を遮断し、豊かな音の広がりを楽しめるホールとしてサンフランシスコの人々に愛されるスポットです。タキシードやドレスでドレスアップしてコンサートを楽しむメリハリのある時間は、ハイエンドなオヤジの旅にぴったり。彼女とお洒落にドレスアップして大人の夜を楽しみましょう。

SF SYMPHONY<www.sfsymphony.org>

PAGE 3

WALK@BERKELEY

In berkeley/バークレー

ふたりの時間をより魅力的に過ごしたければ、バークレーエリアを散策するというのもオススメ。バークレーにはカリフォルニア大学のバークレー校があり、ダウンタウンを見下ろす素晴らしい眺望や、大自然を満喫するツーサムゴルフ、日が暮れてきたらグルメストリートを散策、などといったのんびりとした時間を過ごせるスポットがたくさんあるんです。

なかでも、いま恵比寿や青山界隈のお洒落女子たちに話題の “FARM to TABLE”の生みの親である、アリス・ウォーターが1974年にオープンした「Chez Panisse」はぜひ行ってみて。素材に手を加えない“ヘルスコンシャス”な料理は、アメリカ全土の食文化に多大な影響を与え、いまなお予約は2〜3ヶ月待ち!という人気ぶりゆえ、ここでディナーを予約しておけばかなりの高得点ですぞ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL