• TOP
  • STAY&TRAVEL
  • オヤジを酔わせるアメリカ南部の“音”と“食”【4】

2016.11.25

オヤジを酔わせるアメリカ南部の“音”と“食”【4】

CATEGORIES :

我らがジローラモとお届けしている「セレブなバカンス連載Web LEON版」。こちらでは、その連載で紹介していない、海外の最新トラベル事情、オススメリゾート、オヤジのモテる遊び場を特別編としてご紹介します。記念すべきその第1回目は、“ブルース”と“南部料理”で訪れる人々を魅了するアメリカ南部の旅。オヤジさん好みの音と酒と食に酔う、メンフィス〜ニューオーリンズへ南下していきましょう。

ザ・カルーセル バー&ラウンジ

昼間から楽しめるメリーゴーランドバー

アメリカ南部最後の目的地は、ジャズと独特の食文化で訪れる人を魅了するニューオーリンズ。その独特の食文化は、酒に合うよう味と塩気を強めに工夫されたもの。ということで、まずはお酒を楽しめる場所として、130年余りの歴史をもつホテル モンテレオーネに併設されたバー&ラウンジ「カルーセル」へ。こちらでは、イタリアから直輸入したというメリーゴーランドをそのままカウンターに使っているので、昼間でもご覧の人だかりです。メリーゴーランドのように本当に回転しているので、アトラクションとして楽しみながら、ニューオーリンズのシグネチャーカクテルでまずは来訪を乾杯しましょう。

NEXT PAGE2/ 3

宿泊はニキータを美しくする名門4つ星ホテルを

ウィンザーコートホテル

宿泊はニキータを美しくする名門4つ星ホテルを

宿泊は、ニューオーリンズ一とも言われる4つ星ホテル「ウィンザーコートホテル」をセレクト。重厚感のあるインテリアと豪華絢爛な雰囲気に、きっとふたりの気分も上がるはず。さらに、女性を美しくするのもモテるオヤジの大切なお役目ですので、併設するネイルサロン、ヘアサロン、スパ利用して、街へ繰り出す前にニキータを心から綺麗にしてあげましょう。

NEXT PAGE3/ 3

人間国宝級のプレイヤーが奏でる生ジャズを目の前で

プリザベーションホール

人間国宝級のプレイヤーが奏でる生ジャズを目の前で

ニューオーリンズを訪れたら必ず行っておくべきなのが、アメリカでもっともクラシックなジャズが、たったの$15で聞けるこちらの小さなライブホール。人間国宝級のプレイヤーの生演奏を、1817年築の狭いオンボロ小屋のなかで、それも目の前で味わうことができます。どのステージも半数以上が立ち見客という人気ぶりなので、極上のジャズを彼女と肩を触れ合いながら楽しめますゆえ、ふたりの距離も自然と近づくというわけ。そして最高のジャズを楽しんだあとは、お隣のバー「PAT O’BRIEN’S」で、名物のニューオーリンズご当地『ハリケーン』を。

取材協力/ブランドUSA・ニューオリンズ観光局



デルタ航空の羽田便でアメリカ周遊が便利に
羽田-ミネアポリス線が新設されたデルタ航空。ミネアポリスからは、メンフィスやマイアミなどの南部の人気都市への乗り継ぎに最適なので、南部の都市がさらに身近に。また、羽田-ロサンゼルス便も運航しているので、たとえば羽田からミネアポリス経由でメンフィスに入り、南部を堪能しながらニューオリンズへ、ニューオリンズからロサンゼルス経由で羽田へ戻る、などのアメリカ周遊も思い通りに計画できます。

そして、フルフラットベッドシートが人気のビジネスクラス「デルタ・ワン」なら、アメリカが近く感じるほど快適なフライトに。全ての座席が通路に面しているので、隣の乗客に気兼ねすることなく、座席に出入りすることができます。

デルタ航空予約センター ☎︎0570-077-733

デルタ航空機内誌旅ブログ http://deltaskyinfo.jp/



デルタ航空予約センター ☎︎0570-077-733

デルタ航空機内誌旅ブログ http://deltaskyinfo.jp/


この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事