• TOP
  • STAY&TRAVEL
  • オヤジを酔わせるアメリカ南部の“音”と“食”【1】

2016.11.10

オヤジを酔わせるアメリカ南部の“音”と“食”【1】

CATEGORIES :

我らがジローラモとお届けしている「セレブなバカンス連載Web LEON版」。こちらでは、その連載で紹介していない、海外の最新トラベル事情、オススメリゾート、オヤジのモテる遊び場を特別編としてご紹介します。記念すべきその第1回目は、“ブルース”と“南部料理”で訪れる人々を魅了するアメリカ南部の旅。オヤジさん好みの音と酒と食に酔う、メンフィス〜ニューオーリンズへ南下していきましょう。

グレースランド

南部といえば、まずはキング・オブ・ロックンロール!

南部を訪れたらまずはチェックしておきたいのが、ロックをアメリカ文化に押し上げ、メンフィスをロック発祥の地として世界中に知らしめた、エルビス・プレスリーにまつわるスポット。そのひとつ目は、エルビスが愛する家族や友人と過ごした巨大な邸宅「グレースランド」です。彼は22歳の時に10万ドルでこの土地を購入し、42歳で亡くなるまで約20年間住み続けました。受賞したゴールドディスクやトロフィー、自家用ジェット、愛車など、エルビスゆかりの品々を彼の音楽とともに触れることができます。個人の邸宅としてはホワイトハウスに次いで来訪者が多い家と言われているメンフィスの名スポット。

NEXT PAGE2/ 3

アーケードレストラン

アーケードレストラン

エルビス・プレスリーが愛した最古のカフェ

メンフィスでもっとも古いカフェは、エルビスが足繁く通った場所。古き良きアメリカンダイナーの雰囲気をいまでも忠実に保っています。彼はいつも同じ奥の席に座り、大好きなピーナッツバターがたっぷりと塗られたバナナホットサンドを注文していたそうな。ジョン・F・ケネディもよくここで朝食を食べていたそうです。「マイブルーベリーナイツ」や「ミステリートレイン」など、多くの名画にも登場する、メンフィスを代表するカフェ。

NEXT PAGE3/ 3

サンスタジオ

サンスタジオ

エルビス・プレスリーの音楽史とロックが生まれた伝説のスタジオ

エルビスがはじめてレコーディングしたスタジオとして知られるのがこの『サンスタジオ』。その才を見出したのが、当時のオーナーでありプロデューサーだったサム・フィリップス氏。彼は母の誕生日プレゼントとして「My Happiness」と「That’s When Your Heartachs Begin」を録音しに訪れた18歳のエルビスの声を聞き翌年エルビスと契約。ここからエルビス・プレスリーの偉大な時代がはじまっていきます。ほかにもジェリー・リー・ルイスやカール・バーキンスといった、名だたるミュージシャンがこのサンスタジオから世に出て行きました。いまでもエルビスやB.B.キング、彼らのセッションなど、当時の貴重な音源を聴くことができます。

取材協力/ブランドUSA・ メンフィス市観光局



羽田-ミネアポリス便就航でアメリカ南部がより近くに
羽田-ミネアポリス線が新設されたデルタ航空。ミネアポリスからは、全米およびカナダの110都市への乗り継ぎのほか、メンフィスやマイアミなどの南部の人気都市への乗り継ぎに最適なので、南部の都市がさらに身近に。また、フルフラットベッドシートのデルタ航空ビジネスクラス「デルタ・ワン」なら、南部への旅がさらに快適です。

デルタ航空予約センター ☎︎0570-077-733

デルタ航空機内誌旅ブログ http://deltaskyinfo.jp/



デルタ航空予約センター ☎︎0570-077-733

デルタ航空機内誌旅ブログ http://deltaskyinfo.jp/


この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事