• TOP
  • STAY&TRAVEL
  • 相模湾を一望できるガラス張りの館で、彼女と味わう贅を極めた非日常とは?

2019.05.19

相模湾を一望できるガラス張りの館で、彼女と味わう贅を極めた非日常とは?

某企業の迎賓館だった建物をそのまま宿としている「ATAMI 海峯楼(かいほうろう)」。館内は水とガラスがテーマの明るく洒落た空間で、とにかく居心地が素晴らしく良いのです。4室のみの客室は、すべて異なる設えで、いずれも素晴らしい景観です。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/福田 豊

今回、選んだのは「ATAMI 海峯楼(かいほうろう)」という宿。そもそもは某企業の迎賓館で、文字通り「おもてなし」のためのもの。要するに、普通の宿の常識からは考えられない、贅沢を極めた造りであるのですね。
ガラスで囲まれたウォーターバルコニー。海を見下ろす高台にあるのに、まるで海の上に浮かんだような雰囲気。

明るく贅沢でモダンな館内。美味尽くしの夕餉も最高

相模湾を一望できる高台の一等地に、客室はたったの4部屋のみ。そして、建築家・隈研吾氏の設計による建物は、館内のどこもが床から天井までの大きなガラス張りで、海と空とが満喫できる。ラウンジやバーなどからは熱海市が年間を通して10回以上開催している花火大会も楽しめる。

また「水とガラス」をテーマに、あちらこちらに広い水盤や滝やガラスの彫刻などがあしらわれ、館内は青く明るく澄明な快さ。
そんなモダンさの一方で、天然温泉の大浴場やサウナなどのクラシックな施設も完備。畳敷きの大広間なんてのもある。

しかも、そんな贅沢な造りの宿の運営をまかされているのが、名宿の「熱海 ふふ」を運営しているカトープレジャーグループ。ですからサービスも超一級なのですよ。
料理も、もちろん超一級。夕餉は地の旬の魚介類を中心にした懐石風で、美味しさも美しさも量も最高。富士山の石で焼く黒毛和牛なんて美味もある。その日の仕入れで材料が変わるほか、メニューが月替わりで、何度訪れても楽しめる。朝食は和洋が選べ、パンもとぉっても美味ですよ。ダイニングでの食事の他、ガラスで囲まれたウォーターバルコニーで、食事を楽しむことも可能です(※)。これも、とっても素敵。
※「風科」と「誠波」に宿泊のお客様限定です。
さらに、同じグループの「熱海 ふふ」がごく近くで、そちらでも人気の「エステ」などを楽しむことができるのですよ。
PAGE 2

素晴らしい居心地で、モテる大人の男にとって最高の宿なのです

大浴場は大窓が開いて露天風呂になるユニークなつくり。優に10人以上が浸かれるほどの広さなのですが、それをふたりきりで貸し切りにできる、というのは、うれしい仕組み。さらに風呂上がりに、缶ビールやコーヒー牛乳など無料ドリンクサービスもあって、ゆっくりとくつろげる。

さてさて。そんな「ATAMI 海峯楼」のオススメは、やはり最上階のラグジュアリースイートの2部屋「風科(ふうか)」と「誠波(せいは)」。90平米の広々とした空間に、床から高い天井までの大きなガラス窓。相模湾を遠く水平線まで望め、雲の上にいるような快い気分。ね、贅沢でしょう。テラスには海に面したジャグジーもあり、ベッドはツインかたっぷりとしたダブルを選ぶことも可能。これは、ウフフフ、でしょう。
2名が基本のため、間仕切りはほとんどなく全部屋が広々とした造り。ラグジュアリースイートではない部屋でもベッドの選択が可能で、またもう一方は和室の布団でこちらもオススメ。

さらに大オススメが、全館を借り切ってしまうこと。たったの4部屋ですから、簡単にできてしまいます。もちろん大人気の宿ですから、なかなかタイミングが難しいですけど、でも借り切れれば、完全にウフフフ、ですよね。ちなみに、全館貸し切りは8名様で35万円~。
階段までもがガラスのエントランス。ホテル内にいるだけで爽やかな気分になってくる。
ね、恋する大人の男に本当にうってつけ。しかも熱海ですから、東京からならほんの2時間ほど。名古屋からでも3時間半で行ける。モテる大人の男は、都会だけではなく郊外もフィールドにすることが必須ですから、ここは、もう、行きつけの宿にするしかない。メリハリ上手にお泊まりドライブデートをキメるために、まさしく最高となる宿なのですよ。

◆ Atami Kaihourou ATAMI 海峯楼

住所/静岡県熱海市春日町8-33
アクセス/東名高速・厚木I.C~小田原厚木道路~国道135号
HP/www.atamikaihourou.jp/
ご予約・お問い合わせ/0557-86-5050

料金/6万2000円~(2名・2食付き) 

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL