• TOP
  • SNAP
  • おじさんと言われない、秋のパンツコーデ【10連発】

2021.09.19

おじさんと言われない、秋のパンツコーデ【10連発】

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/紀中祐介、Massi Ninni、 Junko Kawabata

季節の変わり目は着こなしがなかなか難しいわけですが、キーアイテムとなるのが実はボトムス、パンツなんですね。トップスのことをあれこれ考えるより、まずはパンツのセレクトを達人のこなしから盗んでくださいませ!

人気のワイドパンツを大人に着こなすコツ

裾まで太いワイドパンツは大人にはなかなかハードル高めですが、こんな具合にトッップスを短丈ちょいゆるブルゾンにすればバランス良く大人にまとまるんですね。

スニーカー&Tシャツ。大人でいまどきな着こなしのコツとは?

定番の白スニーカーに白Tという着こなしをアップデイトするのは、ちょっとしたサイズ感とバランス。ちょいゆるのTシャツに、パンツのシルエットもワーク系のストレートにすると断然いまどきに。色味を抑えることで大人に仕上がりますよ。
PAGE 2

いま、スニーカーに足すアイテムといえば?

ミリタリーテイストのシャカシャカブルゾンが軽やかで今季的。オリーブの男らしさを効果的に使うには、やっぱり白パンがいいんです。袖から出したボーダーも◎。

黒デニム&スニーカーを遊び心ある大人の着こなしにするには?

デニム&スニーカーにブルゾンといえばカジュアルの基本形。でも遊びのある柄を纏うだけで、こんなにファッショナブルに。で、色味をモノトーンにすればしっかり大人な着こなしに昇華するんです。
PAGE 3

めちゃシンプルなのに、お洒落と言われる着こなしのコツとは?

旬なバンドカラーを黒パンでこなしたスタイルがとってもモダンで男らしい。細身のパンツに対し、ややゆとりのあるシャツというバランスもいまどきで良好で見事です。 

シンプルなのに、お洒落と言われる大人の着こなし

プリーツ入りのグレスラは昨今の新定番。ソフトな印象の紺ジャケに合わせるだけで、いま欲しいネオクラシコな雰囲気が一気に手に入るのです。クロコの靴は艶を加味。
PAGE 4

誰でもこなれ感が演出できる“アレ”

ライトグレーのコーチジャケットとパンツのワントーンコーデ。Tシャツも同じトーンで合わせれば、誰でもこなれ感が演出できるのです。その際、サングラスや小物もうまく取り入れるとさらに◎。

1枚足せば、秋気分が出せるあのアイテムって?

ちょい羽織が欲しくなる初秋に最適な薄くて軽いナイロンコートをさらり。中身は夏のコーデのままでもブラウンを効かせるだけで、秋の香りを出せる好例です。白パンを秋に敢えてはくというのも大人の常套手段です。
PAGE 5

シャカパンが大人のこなれ感を出すんです

ミラーのサングラスが大人のツヤ感を演出! ブルーのニュアンスが感じられれば、さらに涼やかというものです。で、シャカパンが全体のバランスをほどゆるに仕上げているんですね。

おじさんに見えない白髪のお洒落テクとは?

クリアセルのラウンドタイプは、ヌケ感を漂わせる一手にズバリ。サスペンダーを合わせたクラシコな装いにリラックスしたテイストを巧妙に加味してくれますから。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RELATED SNAPS

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        おじさんと言われない、秋のパンツコーデ【10連発】 | ファッションスナップ(メンズ) | LEON レオン オフィシャルWebサイト