• TOP
  • PEOPLE
  • 「アートを一緒に鑑賞すると相手のことがよくわかる」大石絵理&野崎萌香のアート談義 後編

2021.10.15

「アートを一緒に鑑賞すると相手のことがよくわかる」大石絵理&野崎萌香のアート談義 後編

デートでアートを鑑賞するならドコに行く? 男女ふたりでのアートの楽しみ方って? そんな疑問を、アート好きで知られるモデルの大石絵理さんと野崎萌香さんに伺いました。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/トヨダリョウ 文/木村千鶴 ヘアメイク/相場清志(eif)、田中陽子(Lila) 撮影協力/WHAT CAFE

アートを男女ふたりで鑑賞する楽しみって?

▲ 左から、小倉正裕さん、野崎萌香さん、大石絵理さん。
昨今、アートへの注目が高まる中で、気になっているけれどちょっぴり敷居の高さを感じている……。そんな方のために、アート好きで知られるモデルの大石絵理さんと野崎萌香さんに楽しみ方を談義していただく本企画。

前編では、おふたりがアートを好きになったきっかけから、鑑賞のこだわり、作品を購入する時の決め手などを伺いました。

後編では、男女でのアートの楽しみ方などを聞いちゃいます。前回同様に、司会役はアートとファッション分野で活躍する小倉正裕さん、場所はアートの鑑賞と購入もできるWHAT CAFEからお届けします!
PAGE 2

「建物自体や空間が素敵な美術館が、デートにはオススメ」(大石)

小倉 デートでアート鑑賞をするのに、オススメ場所とかコースとかってありますか?

野崎 デートなら、千葉のDIC川村美術館が良いですね。私の1番のお気に入りは原美術館だったんだけど、閉館しちゃって……。

小倉 品川の方はなくなって、伊香保のハラ ミュージアム アークだけになってますね。そちらも素敵なところですけれど。

大石 私はポーラ美術館が良いな。近場で選ぶなら、白金の庭園美術館。遠くまで足を伸ばすなら、直島の地中美術館。
野崎 直島まで行くのは相当深い関係になってないとなあ〜(笑)

小倉 直島なら、旅行も兼ねて色々楽しめそう。絵理さんお気に入りの、ポーラ美術館の魅力って何ですか。
▲ ポーラ美術館の内観。
大石 所蔵する作品はもちろんのこと、NYとかロンドンの美術館みたいに光を多く取り入れていて、建築物として美しいし、併設されたレストランも良い。大きな窓ガラスの向こうが森になってて、景色を見ながら食事ができるんです。すごく雰囲気が良いし、ご飯も美味しいんですよ! 私、あそこの鶏の巣籠り丼が大好き!

野崎 うん、デートの食事は大事だよね!
PAGE 3

「男性がアートに興味があるとうれしいよね」(大石) 
「うん、心が通じ合える気がする」(野崎)

小倉 ふたりのようにアートに造詣が深い女性をデートに誘うとなると、男性としてはちょっとハードルが高いかもしれないんだけど、どんな風に誘われたり、デート中を過ごしたりするのがうれしいですか?

大石 詳しくなくたって、男性がアート好きだとうれしいよね。

野崎 心が通じ合える気がする。まずは、興味があるだけでも良くて、そこから深めていけば良いと思います。
大石 でも、どういうアート好きかってこともやっぱりちょっと気になる。私は良いなって思う人には、好きな音楽とか絵を聞くんですよ。そうするとあまり細かいことを聞かなくても、どういう人かなんとなくわかるから。

野崎 私は、一緒に作品を見ている時に「わからないや」って投げ出さないで、しっかり鑑賞したり、興味をもって聞いてくれたりする人が良いな。

大石 知らないことをお互いにシェアできるのって素敵だよね。あ、ひとつ、言われると困っちゃうことがあって、それは「アートを教えて」ってセリフ。

野崎 わかる! 自分なりのオススメはできるけど、全般を教えるのは難しい。……それと、質問の仕方でその人がどんなタイプかわかっちゃうかも。例えば、「アート教えて」っていうふわっとした聞き方よりも、「僕は、例えばこんな絵が好きなんだけど、この系統でオススメのアーティストっている?」みたいな聞き方だと答えやすいかな。

大石 あ〜そういう会話は良いよね。会話を通してお互いのことを知っていけると思う。
PAGE 4

「ゴルフと美術鑑賞は、回り方に個性が出るよね」(野崎)

小倉 一緒に鑑賞する時はどんな感じに過ごしたいですか?

野崎 美術館って大体いくつかのブースが分かれてるから、まずはブースごとにひとりで見たいです。その後に「どれが好きだった?」みたいな話をしてから、もう一巡見ても良いな〜。

大石 私もひとりで見たいんですけど、でも、ふたりにあまりにも時差があって、ブースを超えて先に行かれちゃうのはちょっとイヤだ(笑)。ブース内にはいて欲しいな〜。

野崎 それわかる! ゴルフと美術館では回り方に性格が出るよね(笑)
小倉 男性代表として、肝に銘じておきます(苦笑)。最近では、ストリート含めアートが盛り上がってるけど、ふたりはそのことをどう思ってますか。それから、アートは今後どうなっていくのかな。

野崎 資産にする方が増えていくと思います。投機目的でも注目する方もいるでしょうし、もちろん、純粋な気持ちで好きだから買うという方もいると思います。

私が尊敬する現代アートのコレクターに、桶田さんというご夫妻がいるんですが、おふたりは蒐集した作品を公開してるんです。これからはやっぱりシェアの時代。アートを通してシェアの心みたいなものを学んだりできると良いですね。子どもたちも小さい頃から見る機会があれば感受性も豊かになるだろうし、そうなってくれたら良いなと思います。 

大石 それ、本当に共感する。海外って入場無料の美術館が多いから、日本も国や自治体が芸術文化へのサポートを強めて、アートをもっと身近なものにしてくれたら良いのにと思います。

私は大学の時にアートセラピーの研究もしていたんですが、アメリカではアートがうつ病や心の病に効くということが証明されています。だから、私は落ち込んだ時にギャラリーや美術館に行くことも多いです。
野崎 今の話で思い出したんだけど、高校生の時に授業で油絵を描く時間があって、それがすごく好きだったの。最近、また水彩画を描くようになって、眠れない夜に描くと落ち着くことも多い。ほんと、アートには癒す力があるんだなって実感します。

ちょっと宣伝になっちゃうんですが、私は「Aimer」というバスグッズのブランドを監修してて、パッケージは自分で絵を描いています!(笑)
▲ 「Aimer」の「Sol クレイパック」のパッケージ。クレイをイメージした色味に、色々な自分になれるようにと豊かなカラーを合わせて水彩画を描いたそう。
大石 あ、Aimerのあの色彩、良いよね! うん、無心で何かに取り組んで、集中する時間って絶対に必要だから。描くことで癒されるということもあるし、見ることでも癒されると思ってる。

小倉 萌香さんが自身でブランドを監修されてるように、絵理さんはデザイナーでもあって、ファッションとアートをつなげる活動を今後もしていく予定なんですよね。

僕はふたりのことをアーティストとして見ているし、その活動や働き方が世の中の女性たちにハッピーな影響を与えるんじゃないかなって思っています。まだまだアートの世界も男性が多いので、ふたりにはどんどん活動してほしいです。
PAGE 5

「作品から受けるインスピレーションを素直に受け取ってみてほしい」(野崎)

小倉 では最後に、初めてアートを鑑賞する人にオススメの場所、見方を教えて下さい。

大石 まずは、有名な作品のある大きな美術館の方が行きやすい気がします。

野崎 そうですね。一度にいろんな作品を見比べられる場所は良いと思う。
大石 たくさん見ていくうちに、自分の好みがはっきりしてくると思うんです。これは好き、これは好きじゃない、って。そうすると楽しくなってくるはず。パートナーや友人と一緒に見ると、お互いの好みもわかってくるようにもなるから、ふたりの楽しみも見つかるんじゃないでしょうか。

野崎 確かに、「これは一緒に行って楽しめそう」とか「いやちょっと違うな……」って思えるようになったりね(笑)。

私がアート作品を見る時には、自分が吸い寄せられる感覚を忘れないようにしています。前情報は一旦何も知らない状態で、ただ直感的に感じる。「ああ、この色は好きだな、何でこの人これ書いたんだろう」とか、自分の心の声だけを聞いてみるというか。

大石 うん。アートって“有名なアーティストの作品だから”とか“美術史上こんな意味がある”とか、そういう情報で良し悪しを判断するものじゃないもんね。作品から受ける印象は人それぞれで、好きって気持ちも自分自身のものだから。

野崎 色々見ていくと、自分にインスピレーションをくれる作品がきっとあるはず。私はアートを見ながら、ふと何か全然違うことが思い浮かんでそっちを考えちゃうこともあったりします(笑)。でも、インスピレーションをちゃんと受け入れられる状態で作品を見る、それが大事かなと思ってます。

小倉 わ〜良い締めになった〜(笑)。今日はありがとうございました!

● 大石絵理(おおいし・えり)

モデル・タレント。1993年12月22日、東京都生まれ。高校2年生からモデルを始め、現在はTV、雑誌、広告と多岐にわたって活動中。アート好きが高じ、電子雑誌『旅色』アンバサダーであり、「アート旅」を連載している。2020年より、アパレルブランド「KOL」をプロデュースしている。
Instagram/@erioishitokyo

● 野崎萌香(のざき・もえか)

モデル・タレント。1990年2月10日、東京都生まれ。2009年、雑誌『non-no』で専属モデルデビュー。以降、モデルとして『sweet』/『美人百花』/『VOCE』など数々の女性誌で活躍。公式YouTubeチャンネル『野崎萌香-MOEKA NOZAKI-』も開設した。2020年より、自身が監修するバスグッズブランド「Aimer」をローンチ。
Instagram/@moeka_nozaki

● 小倉正裕(おぐら・まさひろ)

タレント、モデル、アーティストのスタイリングをはじめ、2012年にXガール原宿店地下に期間限定ショップX-Closetのディレクションに参加。近年はART関係のプロジェクト、個展、イベント等をサポート。様々なクリエイターとタッグを組みファッション、音楽、ARTを盛り上げている。クリエイティブディレクター小橋賢児が率いるThe Human Miracle株式会社が新しい才能をプロデュースするプロジェクト”ART BASE ZERO”もサポート。
Instagram/@oggyogubone

■ WHAT CAFE

アート業界の未来を担うアーティストの支援を目的とした芸術文化発信施設。ギャラリーとカフェが融合する800㎡のアート空間で、食事や飲み物を楽しみながらアート作品を鑑賞・購入することができます。

住所/東京都品川区東品川2-1-11
営業時間/11:00〜18:00(不定休)
HP/https://cafe.warehouseofart.org/

現在の展示「WHAT CAFE x DELTA EXHIBITION -EXPANSION-」
期間/~10月24日(日)
※2021年10月13日(水)~15日(金)は貸切イベント開催のため休館。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

      RELATED ARTICLES関連記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        「アートを一緒に鑑賞すると相手のことがよくわかる」大石絵理&野崎萌香のアート談義 後編 | 著名人 | LEON レオン オフィシャルWebサイト