• TOP
  • PEOPLE
  • DJ/音楽プロデューサーの沖野修也が、ポルシェ911GTSで横浜へドライブ

2017.08.29

DJ/音楽プロデューサーの沖野修也が、ポルシェ911GTSで横浜へドライブ

沖野修也さんといえば、世界的なDJ/プロデューサーであり、自他ともに認めるクルマ好き。普段から走るルートや旅の目的に合わせて音楽をセレクトしているという、まさにドライブ&ミュージックの達人なんです。というわけで、クルマと音楽を楽しむその極意を盗むべく、ポルシェ911GTSを相棒に横浜ドライブへと出かけました。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/石神 俊大 写真/岡村 昌宏

「ポルシェ911は、クルマとの一体感が素晴らしい」

8月のうだるような暑さと刺すような日差しの下、首都高速を横浜方面に向けて走るポルシェ911カレラGTS。ハンドルを握るのは世界的に活躍するDJ/音楽プロデューサーの沖野修也さんです。

「やはりパワーが全然違いますね。一般道だともったいないですよ。ブレーキの効きもいいし、自分の操作が瞬時にクルマの動きに反映される感覚が強い。クルマとの一体感が素晴らしいですね」
沖野さんが幼いころから好きだったというポルシェ911をドライブの相棒にセレクト
そう言って沖野さんがアクセルを踏み込むと、ターボ化された3リッター・フラット6エンジンが迫力のあるサウンドを轟かせ、911は猛烈に加速。次々と他のクルマを追い抜いていきます。

ポルシェ911は1963年にプロトタイプが発表されて以降、いつの時代も常に世界最高峰のスポーツカーとして不動の地位をものにしてきました。圧倒的なパフォーマンス、優れたドライバビリティ、そしてレースでの活躍もふくめ、今なお世界中の車好きを魅了してやまないのはご存じの通り。
ですが、その本当の魅力はGTとしてのポテンシャルの高さにあります。

「ぜひポルシェ911に乗りたいです。子どものころからの憧れだったんです」

世界的なDJの沖野さんが、じつは大の車好きでもあることは音楽業界では有名。現在もBMWのスポーツカーを2台所有しているますが、ポルシェについてはこれまで縁がなかったそう。

そこで今回選んだのは、911カレラ・シリーズのなかでも最もスポーティな「カレラ GTS」。ベースとなる「カレラS」から30馬力アップの450馬力を誇るハイパフォーマンスモデルです。
PAGE 2
今回がポルシェ911の初ドライブだという

「渋谷から横浜へ、音のグラデーションを付ける感じで選曲しました」

「このトラックリストは、渋谷というホームグラウンドから横浜へ向かって音のグラデーションをつくる感覚で選曲しています。今年は横浜赤レンガ倉庫でBlue Note JAZZ FESTIVALが行われるので、今日はそこに向かってドライブするようなイメージです。だから、最初は自分の曲なんです(笑)」

そう笑う沖野さんが1曲目に選んだのは自身が率いるアコースティック・ジャズ・ユニット、KYOTO JAZZ SEXTETが今年7月に発表したアルバム『UNITY』に収録されている「Peaceful Wind」。前作はブルーノートのカバーを行ったKYOTO JAZZ SEXTETでしたが、今回は自身が全ての曲を書き下ろしているそう。かねてよりトラックメイカーとして曲をつくることはあった沖野さんですが、今回は初めてジャズの作曲を行ったということに驚きます。
「シートのホールド感がいいね」と沖野さん
「Peaceful WindってタイトルにWindとつけているのも風を感じたかったから。オープンカーに乗って聴くのも合うかもしれないですね」と沖野さん。70年代に活躍したトランペッター、フレディ・ハバードから着想を得たというこの曲は独特のベースラインを特徴としていて、ドライブの気分を徐々に盛り上げてくれます。
PAGE 3
この日のために自らの選んだ曲をBGMに横浜へのドライブを楽しむ

「80年代のフュージョンは横浜に向かうルートに合っている」

911は東京タワーの脇を抜け、東京湾へ。京都に居を構え、日頃から東京と京都を往復している上に頻繁に海外公演も行っている沖野さんにとって、ドライブとは一人で音楽を聴く時間でもあるのだそう。

「普段ゆっくり音楽を聴く時間をとれないので、ドライブは貴重なんですよ。買ったまま聴けていない音楽をまとめてクルマで聴いたりできるので。いわば、僕にとって車内はリスニングルームのようなもの。普段ドライブするときももちろんCDは選びますよ。横浜はモーションブルー横浜で自分のライブをしたりアーティストのライブのオープニング曲を選んだときに行くことが多くて、そういうときも音楽を聴きながら走っています」

今年50歳を迎えた沖野さん。自身が運営する東京・渋谷のクラブ「THE ROOM」も開店から20年以上の月日が流れ、2014年には風営法の改正に反対し国内外の著名DJから署名を集めて首相に要望書を提出するなど、沖野さんが日本のクラブカルチャーに与えてきた影響は計り知れません。

DJとしてはヨーロッパツアーを成功させ、プロデューサーとしてはMONDO GROSSOやMONDAY満ちるさんなど数多くのアーティストを手がけてきた沖野さんですが、今年は初めてバンドとしてフジロックフェスティバルに出演したそう。DJとしては何度も出演していたわけですが、いわば50歳にしてついに「デビュー」を果たしたというわけです。そしてその際も、沖野さんは京都の自宅から苗場まで、車内で楽しむための7時間分のCDを携えて向かったそう。沖野さんが日頃からどれだけ「ドライブ&ミュージック」を楽しんでいるかが、まさにうかがいしれるエピソード。
PAGE 4
今回のドライブでは、911 GT3に次ぐスポーティなモデル、911 GTSをセレクト
気づけば911はレインボーブリッジに。車内のBGMはスピッツのプロデューサーを務める笹路正徳が1980年代に発表した「Hot Taste Jam」のリエディットバージョン。畳み掛けるようなサックスのソロパートが80年代の雰囲気を感じさせますが、それがまた街から海へと抜けていくときの景色にはぴったり。

「これはもう、完全にレインボーブリッジ向けですね。80年代のフュージョンは横浜に向かうルートと合ってるんじゃないかなと。でも、実は笠路さんのこの曲は海外のDJから教わったんですよ。僕も先入観を抜きにして音楽を聴いているつもりなんですが、やはり海外のDJのほうが素直に聴けるみたいで、日本のジャズも彼らから教わることがあります」
日頃よりよくクルマを運転するという沖野。あっという間に911を乗りこなしていた
昨今は車の快適性が向上するのと比例するかのように、車内エンターテインメントに関するデバイスの充実度も高まりました。たとえば、車内で音楽を楽しむためのサウンドシステム。多くのプレミアムカーメーカーが、高級オーディオブランドと手を組んで、各車内の音響特性に合わせてチューニングを施したスペシャルなオーディオシステムを設定。スーパースポーツのポルシェも例外ではなく、今回の911 カレラGTSもBOSEサウンドシステムを採用。ディスコのようなダンスミュージックがかかるとキックやベースの低音が嫌味を感じさせずに際立つのが印象的です。

「この911はオーディオの音もいいですね。ところで、僕にとって70年代後半の日本でつくられたディスコって横浜のイメージなんですよ。『探偵物語』で主人公の工藤俊作がディスコで踊っているようなイメージ(笑)。だからめちゃくちゃかっこいい印象がある」
PAGE 5
モーションブルー横浜でのライブ出演など、日頃よりよく訪れるという横浜赤れんが倉庫

「ドライブは狩りに行くみたいな感覚があるよね」

レインボーブリッジを通り抜けた911は首都高湾岸線を走り、羽田方面へ。曰く、プライベートで横浜を訪れるときも1号羽田線ではなく湾岸線を使っているのだそう。

「湾岸線のほうがトンネルが多いでしょう? トンネルが好きなんですよ。特に湾岸線は比較的新しいから近未来的なイメージが強い感じがいいんです」と話す間にも、911は次々とトンネルを抜けていく。

トンネルでは、911のリアエンドに搭載されたフラット6が奏でる、高音と低音が程よくミックスした、やや湿度をおびたような官能的なエキゾーストサウンドが共鳴して、車内の音楽を包み込むように鼓膜を刺激します。ヴァイザッハにあるポルシェの研究開発センターには音響研究所があり、音響のスペシャリストたちがポルシェならではの理想的なサウンドを求めて、研究を重ねています。理想主義的に911を進化させてきたヴァイザッハの面々、サウンドに関しても一切妥協はありません。
一時は住むことも考えたほど横浜が好きという沖野さん。旧い建物と現代的な建築が共存する街並がその理由だそう
ようやく東扇島で地上に出たかと思うと景色は一変し、目の前には様々な工場が立ち並ぶどことなく無機質なエリアに。

「このアーティストにはすごくシンパシーを感じてるんですよ」。BGMに選んだのはThe Recloose Live Bandの「Sweet Power You Embrace」です。

「リクルースは元々DJやターンテーブリストとして活動していたんですが、いまニュージーランド在住で、このアルバムではライブバンドとして70年代のジャズ・ファンクのカバーをしているんです。DJとして活動しながらもバンドで70年代のジャズをカバーするというのはぼくの感覚と一緒なんですよね」

この曲はいわゆるデトロイト・テクノのように硬質な雰囲気から程遠い、ジャズ・ファンクらしいアップリフティングな演奏が印象的。「でも、リクルースはデトロイト出身なんですよ。その点、この辺りの景色はちょっとデトロイトっぽいんじゃないかなと」。

米ミシガン州南東部に位置する都市デトロイトは米国有数の工業都市。19世紀末にフォードの工場が建設されてから数多くの自動車メーカーの工場が乱立し「モーターシティ」として発展してきたこの街は、同時に「テクノ」の街でもあります。1980年代に隣接する都市シカゴで流行していたハウス・ミュージックがデトロイトへ流れ込み、シカゴ・ハウスをよりシリアスに発展させるかたちで「テクノ」が誕生。沖野さんは工場地帯の風景をデトロイトになぞらえましたが、実のところ東扇島では数々のレイヴパーティや音楽フェスティバルの会場にもなっていて、音楽の空間という意味でもデトロイト的なのでした。

日本の“デトロイト”を通り過ぎ目的地の横浜が近づくにつれ、BGMは徐々にメロウなものへ。「さっきまでエモーショナルでしたけど、ここまで来るとクールダウン系ですね」と沖野さんが言うように、Midnight Runners、Thundercat……と80年代のファンクやAORを思い出させる現代のアーティストたちの楽曲に彩られ、911は本牧ジャンクションに。
PAGE 6
「1964年のデビュー以来、基本的に変わらない911のフォルムにも惹かれますね」
「今年のBlue Note JAZZ FESTIVALのヘッドライナーがドナルド・フェイゲンなので、これをゴールにするのがいいんじゃないかなと」

赤レンガ倉庫に到着し、911を降りる沖野さんは十分に満足されたそう。

「クルマが好きなのは、本能なんですかね。行動範囲を遠くまで広げる感じとか、狩りに行くみたいな感覚があるよね。で、ドライブミュージックはそれを盛り上げるBGM、みたいなものですね(笑)」

◆ Today’s Driving Music List 




◆ Today’s Driving Music List 

1.Peaceful Wind/Kyoto Jazz Sextet
2.Just Do It(Replayed By ROOT SOUL)/Shuya Okino
3.Hot Taste Jam(Mighty Zaf & Phil Asher edit)/Masonori Sasaji
4.カクトウギのテーマ/坂本龍一 & カクトウギ セッション
5.Sweet Power You Embrace/The Recloose Live Band
6.I Want Your Love/James Mason
7.Empathy & Sympathy/Midnight Runners
8.A Fan's Mail (Tron Song Suite II)/Thundercat
9.アイ・キープ・フォーゲッティン/マイケル・マクドナルド
10.The Fez/スティーリー・ダン

ポルシェ911GTSの詳細はこちらへ http://www.porsche.com/japan/jp/

ポルシェ911GTSの詳細はこちらへ http://www.porsche.com/japan/jp/

● 沖野修也(KYOTO JAZZ MASSIVE/KYOTO JAZZ SEXTET)

DJ/作曲家/執筆家//The Roomプロデューサー。これまで世界40ヶ国140都市に招聘される。著書に、『DJ 選曲術』や『クラブ・ジャズ入門』、自伝『職業、DJ、25年』等がある。2017年6月、ジャズ・プロジェクト、Kyoto Jazz Sextetのセカンド・アルバム『UNITY』をブルーノートよりリリース。現在、InterFM『JAZZ ain't Jazz』にて番組ナビゲーターを担当中(毎週水曜日22時)。有線放送内I-12チャンネルにて"沖野修也 presents Music in The Room"を監修。

www.kyotojazzmassive.com/
www.extra-freedom.co.jp/artists/shuya_okino/

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        DJ/音楽プロデューサーの沖野修也が、ポルシェ911GTSで横浜へドライブ | 著名人 | LEON レオン オフィシャルWebサイト