• TOP
  • PEOPLE
  • レイ・バービーが選ぶ「ロングドライブで聴きたい」15曲【試聴可】

2019.11.10

レイ・バービーが選ぶ「ロングドライブで聴きたい」15曲【試聴可】

ジャジーなギターと、レイドバックした音で人気のレイ・バービー。スケータでもある氏にドライブをテーマにプレイリストを作成して頂きました!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

インタビュー/ Hashim Bharoocha 写真/高山康志 special thanks/Apple Music

レジェンドスケーターであり、人気ミュージシャンのレイ・バービー。彼のレイドバックした音楽は、まさに西海岸をクルージングしているかのような心地よさ。
盟友トミー・ゲレロ同様にジャンルレスな音楽センスを持つ、彼のドライブ&ミュージックとは?!

レジェンドスケーター&ミュージシャンにとってクルマとは?

「いつもドライブしているよ。僕はスケート・スポットまで運転していくことが多いし、家族もいるからね。運転はすごくデイリーなことかな」

そう語るレジェンドスケーターでありミュージシャンの彼には二人の息子さんがいるそう。

「二人ともスポーツをやってるし、長男はアルバイトを始めたから、僕と奥さんは子供たちの運転手のようなものだよ(笑)。長男を仕事場や学校にクルマで連れて行ってあげたり、次男がフットボールやバスケをやってるから、クルマで練習に連れて行ったりね」
そういいながらも、ドライブが苦痛なわけではなさそうです。
その証拠に、あえて使うお気に入りのコースがあるそう。

「時間があるときは、海沿いのPCH(パシフィック・コースト・ハイウェイ)をドライブするのが好きだよ。PCHを使うと時間がかかることもあるんだけど、他の高速道路が渋滞しているときは、逆にPCHを使うと速いときもあるんだよね。僕はロングビーチに住んでるんだけど、ハンティントンビーチや、コスタメサなんかの南に行くときは、PCHをあえて使うことが多いよ。普通の高速道路と違って、海の景色が美しいから気に入ってるんだ」
そんなドライブのときに音楽はもちろん欠かせないというレイ・バービーさんに、今回なんと、
ロングドライブをテーマにしたオリジナルのプレイリストを作って頂きました!
PAGE 2
「セレクトしたのはロングドライブのときに聴きたい音楽。一人で長時間運転してると疲れることもあるから、音楽がないとシャキッとしないし、テンションが上がらないよね。だから、アップテンポで躍動感のある曲をたくさん選んだんだよ。こういう曲を聴くと、元気が出て運転しやすいだろ?」

思い出のドライブの傍らにはいつも音楽があった

作ってくれたプレイリストを前に、どんなクルマでこの音楽をかけたいかと尋ねると、そこには家族を愛する一人の父親の姿が。

「クルマの種類より大事なのは、誰と一緒にクルマに乗るかさ。僕は家族と一緒にクルマに乗るのが大好きなんだ。最近は仕事で忙しかったから、ファミリーでロードトリップに行きたいね。だから、理想は家族と一緒にバンに乗ることかな」

17歳からプロスケーターとして活躍してきたレイ・バービー。常に移動の日々を送ってきた彼だけに、その願いには切実なものを感じます。
そんなレイ自身のドライブの思い出について聞くと、話してくれたのはプロ・スケーターとして参加してきた数え切れないほどのスケート・ツアーの日々のこと。

「スケート・ツアーでは、スケート・チーム全員がバンに乗り込んで各地に運転していくんだ。そういうロード・トリップでは、何時間もスケート仲間とバンの中で過ごしてアメリカを横断するんだけど、楽しい思い出が多いね。退屈しないように、ツアー中はみんなでクレイジーなことをしょっちゅうするんだよ(笑)」

レイ・バービーの選んだ「ロングドライブで聴きたい」15曲



プレイリストを眺めながら、この中でストーリーをもった曲があれば教えて欲しいと聞くと、そこには、たくさんの大切な思い出が続々。
PAGE 3

プレイリストの楽曲にこめられた思いとは?

「どの曲も大好きなんだけど、何曲か特に思い出深い曲があるんだよ。スケートボードをやり始めた頃に、ちょうどB-52’s、トーキング・ヘッズ、ポリス、ディーヴォにハマっていてね。ロングドライブをするときにB-52’sの“Strobe Light”を聴くと、スケボーに乗り始めた10代の頃の思い出が蘇るんだ」

「マイケル・ジャクソンの『オフ・ザ・ウォール』に収録されてる“Workin’ Day and Night”は、まだスケボーを始める前に聴いた曲なんだけど、家族や親戚で集まってバーベキューをしたときのことを思い出すよ。あとは、マーヴィン・ゲイの“T Plays It Cool”のフィーリングが大好きなんだけど、いつ聴いても飽きない曲だね。この曲からマーヴィン・ゲイの雰囲気を強く感じるんだけど、彼はこの曲で全く歌ってないんだ。歌っていなくても、彼のメロディやスタイルがこの曲に注入されているんだよね。Moogのシンセが使われていて、ベースラインがすごくファンキーなとこも気に入ってるよ。ヒップホップのアーティストの多くはこの曲にインスパイアされてるよね」
「UI(ウーイ)の“Drive Until He Sleeps”は『Lifelike(ライフライク)』というアルバムに収録されてるんだけど、Vansのヨーロッパのスケート・ツアーに出発する前にこのCDを入手したんだ。他のスケーターがブームボックスを持ってきていたから、ツアーバスの中でこのCDを聴きまくった。この曲を聴くと、ヨーロッパのVansスケート・チームと一緒にフランスのイベントでスケートしたことを思い出すな」
音楽をめぐる一通りの思い出を話すと、彼の視点はふたたび現代へ。
この夏は新曲を書き、サンフランシスコのスタジオでレコーディングを始めているそう。
「ここ最近はマトソン2とのプロジェクトや、ブラックトップ・プロジェクトのアルバムをリリースしたけど、10年以上もソロ・アルバムをリリースしてないから、アルバムを完成させるのがすごく楽しみなんだ」

●レイ・バービー

現役のプロ・スケーター、ミュージシャン。 自宅で録音した音源を、のちに盟友となるトミー・ゲレロに聞かせたところ、それをトミーが気に入りトーマス・キャンベルに紹介。それがきっかけで、01年”galaxia”からデビューEP『トライアンファント・プロセッション』をリリースした。 日本の音楽シーンとの交流も深く、11年には日本を勇気づけるためにBLKTOP PROJECTとして、東京、静岡、京都、金沢、名古屋でツアーを行う。 16年にはBLKTOP PROJECTの2nd Album「コンクリート・ジャングル」をリリース。東京、群馬、静岡、金沢、神戸、京都、名古屋、仙台、GREENROOM FESTIVAL’16でツアーを行った。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL