• TOP
  • PEOPLE
  • 岸井ゆきのは売れっ子になっても「等身大の自分であり続けたい」人

2022.10.02

【第20回】岸井ゆきの(女優)

岸井ゆきのは売れっ子になっても「等身大の自分であり続けたい」人

世のオヤジを代表して作家の樋口毅宏さんが今どきの才能溢れる素敵な女性に接近遭遇! その素顔に舌鋒鋭く迫る連載。第20回目のゲストは、女優の岸井ゆきのさんです。このところさまざまなドラマや映画で印象的な演技を見せてくれる注目の女優さんは、笑顔の素敵な本当にいい娘さんで……。

CREDIT :

文/井上真規子 写真/内田裕介(Ucci) スタイリング/森上摂子 ヘアメイク/秋鹿裕子

『さらば雑司が谷』『タモリ論』などの著書で知られる作家の樋口毅宏さんが、才能溢れる女性著名人の魅力を掘り起こす連載対談企画「樋口毅宏の手玉にとられたい!」。

今回のゲストは、近年、幾つもの話題作に出演して実力派俳優としての地位を築きつつある岸井ゆきのさんです。2009年のデビュー以来、一度見たら忘れない存在感と安定感のある演技力で数多くの作品に出演。特に今年はドラマに映画と出演作が目白押しです。そこで樋口さんが、現在公開中の映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』の撮影秘話と合わせて、岸井さんの魅力を深掘りしてきました!

「強烈な存在感で、誰だろうこの人は?って妻と大騒ぎした」(樋口)

樋口毅宏(以下:樋口) 今日はお会いできてうれしいです。どうぞよろしくお願いします。

岸井ゆきの(以下・岸井) こちらこそ、光栄です。よろしくお願いします。

樋口 岸井さんを初めてお見かけしたのは、2018年に放送されたNHKの朝ドラ『まんぷく』でした。髪を2つに結った14歳の少女・タカを演じられましたが、強烈な存在感で、誰だろうこの人は?って妻と大騒ぎしたのを覚えています。朝ドラは放送が半年間に及ぶので、どうしても中だるみしがちですが、岸井さんの衝撃的な登場でまた心掴まれましたね。

岸井 ありがとうございます! うれしいです。

樋口 その後、岸井さんをCMで見かけて、瞬く間にドラマや映画でも引っ張りだこになって。やっぱり!って思いました。岸井さんの実感としては、朝ドラで知名度が上がったという感覚はありますか?

岸井 そうですね。『まんぷく』は大阪局の制作だったこともあり、放送が始まると大阪ではよく声をかけられるようになりましたね。土地柄のせいか、東京では気づかれても声をかけられることは少なかったですけど、大阪は皆さん気さくで(笑)。朝ドラって本当にたくさんの人が見ているんだなって実感しました。
PAGE 2
樋口 近年、岸井さんといえば映画『愛がなんだ』で演じた、片思いを続けるテルコのイメージが強かったですし、浜辺美波さんとダブル主演した映画『やがて海へ届く』、Youtuberを演じた映画『神は見返りを求める』もすごく印象的でした。そして今作『犬も食わねどチャーリーは笑う』。確実に女優としての幅が広がって、ステップアップしているなと。及ばずながら、一人の役者さんの成長を見せていただいている感じがします。

岸井 それはうれしいです。確かに色々なお仕事をいただけるようになったと思います。ただ自分としてはそこまで成長している実感はないんですけど(笑)。

樋口 そうなんですか。作品では、香取慎吾さん演じる鈍感夫・裕次郎の悪口をSNSの「旦那デスノート」に書く妻・日和(ひより)を演じましたが、とにかく岸井さんの色々な表情が見られて楽しかったです。特に香取さんを睨みつける顔にはゾクッときました! 日本版「ゴーンガール」って感じ(笑)。

岸井 本当ですか⁉(笑)
樋口 岸井さんはプライベートではご結婚されていませんが、夫婦の“倦怠感”をよく出せているなと思いました。「まったくうちの夫はどうしようもないな〜」って奥さんの不満たらたらな感じと、それにまったく気づいてない夫の鈍感な感じがすごくリアル。役作りはどうやったのでしょう?

岸井 今回は役作りというより、自分の家族をずっと見てきた中で得た感覚なんです。うちの家族はすごく仲がいいですが、365日一緒にいると当然色々なことがあって。そんな何かに、ふと気付くのはやっぱり母なんです。母からは「お父さん、こんなこと言ってきたんだけど⁉」とか他愛のない愚痴をよく聞きましたが、父からは全然なかったなと。

樋口 やっぱり男性は鈍感で、気付くのは女性なんですね。

岸井 そうですね。今回は、そういう夫婦の “連鎖”が日和と裕次郎の間にも始まっているんだろうなって思いながら演じました。

樋口 思い出してみたら、自分の両親もそうでしたね。ああ、でもうちは今、妻が忙しいので僕が育児を担当しているんで、僕のほうが愚痴ってるかも……。良くないっ(笑)。

岸井 そうなんですね! アハハ。
PAGE 3

「『お腹痛くて機嫌悪い』ってはっきり言っちゃいます(笑)」(岸井)

樋口 それにしても日和と裕次郎のヤキモキ感って、いい意味ですごく日本人的ですよね。もし欧米の人たちが見たら、「なんで我慢するんだろう」「なんで離婚しないの?」って不思議に思うでしょうね。やっぱり日本人には相手を思いやる文化があるから。

岸井 そうですよね。特に夫への不満を掲示板の書き込みで発散するっていうのは独特かもしれない(笑)。なんの解決にもなってないけれど、それで満たされてしまうという。

樋口 世の男性は、どうやって女性のイラッとしているサインをキャッチしたらいいのでしょうか。

岸井 え〜、難しい! ただ、「察して」というのも日本独特ですよね。海外の映画を見ていると、女性も自分の気持ちをきちんと伝えますし。私自身は「察して」みたいなのはあまり好きではないので、例えば体調悪くて機嫌悪かったら「お腹痛くて機嫌悪い」ってはっきり言っちゃいます(笑)。そのほうが、自分も周りも楽になるかなと思って。
樋口 確かに男性は(女性が)イライラしているとか、ましてやその理由にもなかなか気付けないから、言ってもらったほうがうれしい! この映画はパートナーと見に行くことを推奨したいですね。女性も男性も“教え”にしてほしい。

岸井 そうですね。見ていると、どうして日和の機嫌が悪くなっているかがちゃんとわかるから、なるほどって思うはず。女性だって、ただ機嫌悪いわけじゃないんだよって(笑)。

樋口 そうそう、イライラされても理由がわからないから八つ当たり期かな? って思っちゃうんです(笑)。女性の中ではちゃんと筋道立てて理屈があるのに、男性からするといきなりなんだよ? って訳がわからない。サインをバンバン出されているのに全然気づかないんです。

岸井 だから日和は、もっと裕次郎に言ってあげたらよかったのになって思います。

樋口 そうですよね。岸井さんは「機嫌悪い」って伝えられる人ですからね(笑)。

岸井 はい(笑)。 
PAGE 4

「とりあえず『旦那デスノート』は書かないだろうと思います(笑)」(岸井)

樋口 7月に発売された岸井さんの初フォトエッセイ『余白』、読ませていただきました。すごく面白かったです。先ほどもご両親のお話が出ましたが、とても愛情深いおウチで育ったんだなと感じました。

岸井 そうですね。母が父のこと愚痴るのは本気じゃないというか、私が聞いてあげられれば、済むような程度の愚痴なんです。「私が買ったのにありがとうって言ってくれなかった」とか、くだらないようなことでも小出しにしているから、大丈夫なんだなって。

樋口 ゆきのさんが、ガス抜きの存在になっているんですね(笑)。岸井さんはお父さんに「お母さんがこう言ってたよ!」って伝えたりはしなかった?

岸井 本当に父が悪いと思った時は「ちゃんと謝ったら」って言ってました。

樋口 いい娘ですね! 息子は、基本「お母さん怒ってたぞ」とか、父親には言わないですからね。「はいはい」、で終わり。それにしても夫婦の予習というか、リハーサル的なものが家族の中にあったんですね。
岸井 見てきたものの中に、なんとなくあったなって感じはします。

樋口 今後、自分ならこうしようとか、考えたりしますか?

岸井 そうですね、とりあえず「旦那デスノート」は書かないだろうと思います(笑)。

樋口 アハハ! バレそうですよね。
PAGE 5

「スカウトされなかったら、コスタリカでコーヒー豆を売ってたかも」(岸井)

口 『余白』を読んで印象的だったのが、岸井さんはバリスタの専門学校へ向かう電車の中でスカウトされたということ。そんなことあるんだ? って驚きました。渋谷や原宿とかいろんな繁華街で声をかけられるのはよくありますが、電車の中っていうのは聞いたことがない。不審者と思っちゃいそう。

岸井 はい、びっくりしました。当時、バリスタの学校が神奈川にはなくて、東京まで通っていたんですけど、まだ始めたばかりで慣れてない時だったので、やっぱり東京ってすごいな〜って思った記憶があります。

樋口 電車は何線だったんですか? スカウトマンは男性?

岸井 山手線で女性でした。多分、男性だったら逃げていたと思います(笑)。

樋口 ナンパとかよからぬものだと思っちゃいますよね。僕がその場面を見かけたら注意しに行っちゃうかもしれない! そして岸井さんはそののち、お母さんの付き添いで事務所に行ったんですね。もしその電車に乗っていなかったら、全然違う人生を歩んでいたかもしれないですね。
岸井 コスタリカあたりでコーヒー豆を売っていたと思います! それはそれで、楽しそう。

樋口 コスタリカ! 特別な縁があるわけではないですよね?

岸井 はい。でもコスタリカはコーヒー豆の生産が盛んで、治安も良く住みやすいらしいんです。日本人も多いそう。私は海外旅行が大好きで一人でよく行くのですが、コスタリカはずっと気になっているんです。
PAGE 6

「テレビに出ている人は別世界の人だと思っていたんです」(岸井)

樋口 岸井さんは子供の頃から感受性が強くて、映画とか舞台が大好きだったそうですね。作品に感動することがあっても、自分が出る側になるということは考えなかったんですか?

岸井 子供の頃は、そもそも俳優を職業として認識していなくて、テレビに出ている人は別世界の人だと思っていたんです。海外にも行ったことがないし、洋画のヒーローは本当にいると思っていて、『スター・ウォーズ』の世界とかもどこかに本当にあるんだろうなって(笑)。

樋口 ワハハ。素直すぎます!

岸井 あと、うちがニュースやクイズ番組ばかり見る家で、バラエティ番組に俳優さんが素の感じで出ているところも見たことがなかったんです。だからバリスタもそうですけど、ずっと仕事をするなら衣食住に関わる職業で生きていきたいと思っていました。

樋口 なるほど! 堅実ですね。ちなみに岸井さんが好きな映画『悪魔の住む家』(※)もフィクションなのはご存知です?

岸井 え⁉ あれは今でも本当にあると思ってた!(ショック)
樋口 BS NHKで作品の舞台裏が放送されていたんですけど、全部作り物だったそうです。あの家で人殺しがあったのは事実だけど、後から住んだ人たちが語った怪奇現象は、お金がなくてひと儲けするための作り話だったそう。彼らが出て行ったのは、家賃が払えなかったからだとか。

岸井 えええ〜!(呆然)ある意味、本当のホラーですね(笑)。
※『悪魔の棲む家』は、1974年にニューヨーク州ロングアイランドのアミティヴィルで起きたと言われる超常現象を題材にしたジェイ・アンソン著のベストセラー『アミティヴィルの恐怖(英語版)』を映画化した1979年のアメリカのホラー映画。悪霊に取り憑かれた家とも知らずに越してきた平凡な一家を襲う怪異現象を、ドキュメンタリー・タッチのダイナミックな演出で見せる。岸井さんお気に入りの一本。
PAGE 7

「思ったら伝えておかないと後悔するなって思いました」(岸井)

樋口 岸井さんは海外の映画祭に出るのが夢だそうですが、今後共演したい監督や俳優がいたら教えてください。

岸井 もう何度かご一緒しているんですけど、黒沢清監督とはもう一回やってみたいですね。あとずっとご一緒したいと思っていたのは、今年亡くなられた青山真治監督。またいつかと思っていたんですが、こういうことになって、思ったら伝えないと後悔するなって本当に思いました。言ってもタイミングや巡り合わせで一緒にできない事も多いけど、きちんと言葉にしていこうと思いましたね。

樋口 そうですね。だから今回、『余白』を出版されたのは良かったと思います。岸井さんの人となりが伝わってきますし、応援したくなりましたから。

岸井 ありがとうございます。
樋口 本の中で感心したのが、「仕事を居場所にしたくない、戻る場所は別にある、ここではない場所に信じられる人が待っている、そう思えることが私の救いになっている」という部分。浮き足立たないで、等身大の自分でいたいという岸井さんの真摯な姿勢に胸打たれました。だから、こういう役ができるんだなってすごく腑に落ちました。

岸井 それは大切にしているところですね。

樋口 次の映画も楽しみにしています。

岸井 はい、頑張ります。今日はありがとうございました! 
PAGE 8

【対談を終えて】

何と申しましょうか。友だちの娘さんが真っ直ぐに、しっかりと成長した感じに目を細めるような、ほっこりした夏の終わりの一日でした。著作の中で「ふつうの私であり続けたい」と綴っていましたが、確かに岸井さんは愛情溢れるお家で育った普通人。されど一見華やかに見える世界で浮き足立って自分を見失いまいとする生真面目な心は、普通人だからこそ持ち得るもの。齢51のおじさんも学ぶ点が多いです。とりあえず岸井さんが毎日実践しているという、「一日一回自分を褒める」を僕も試してみます。

● 岸井ゆきの(きしい・ゆきの)

1992年、神奈川県出身。2009年女優デビュー後、ドラマや映画、舞台で幅広く活動。2017年『おじいちゃん、死んじゃったって。』で映画初主演を務め、第39回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞。2018年に連続テレビ小説『まんぷく』、2019年映画『愛がなんだ』で主演を務め、話題に。映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』は現在公開中。今年7月に出版された初フォトエッセイ『余白』(NHK出版)も好評発売中。
公式Instagram

● 樋口毅宏(ひぐち・たけひろ)

1971年、東京都豊島区雑司が谷生まれ。出版社勤務の後、2009年『さらば雑司ケ谷』で作家デビュー。11年『民宿雪国』で第24回山本周五郎賞候補および第2回山田風太郎賞候補、12年『テロルのすべて』で第14回大藪春彦賞候補に。著書に『日本のセックス』『二十五の瞳』『愛される資格』『東京パパ友ラブストーリー』など。妻は弁護士でタレントの三輪記子さん。最新作は月刊『散歩の達人』で連載中の「失われた東京を求めて」をまとめたエッセイ集『大江千里と渡辺美里って結婚するんだとばかり思ってた』
公式twitter 

犬も食わねどチャーリーは笑う

ある夫婦の互いに譲れないバトルを、香取慎吾と岸井ゆきのの共演でコミカルに描いたブラックコメディ。結婚4年目となる裕次郎(香取)と日和(岸井)は、表向きは仲良し夫婦だが、実は鈍感な裕次郎に日和は日々不満を募らせていた。そんな日和が鬱憤を吐き出していたのが、SNSの「旦那デスノート」だった。裕次郎は偶然そのSNSの存在を知り、ある記事に注目する。書き込んでいるのは、チャーリーというハンドルネームの人物だった。チャーリーとは、裕次郎と日和が飼っているフクロウの名前と同じで……。
監督・脚本は『台風家族』などの市井昌秀。共演に井之脇海、的場浩司、眞島秀和、きたろう、浅田美代子、余貴美子ら。現在公開中。
HP/映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』公式サイト

PAGE 9

Club LEONの最新情報から人気・最新記事などお得な情報をお届け! 

LEON.JP公式ニュースレター

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        岸井ゆきのは売れっ子になっても「等身大の自分であり続けたい」人 | 著名人 | LEON レオン オフィシャルWebサイト