• TOP
  • PEOPLE
  • テレビ東京プロデューサー 祖父江里奈「年を重ねた自分だから作れるドラマを模索しています」

2022.09.21

テレビ東京プロデューサー 祖父江里奈「年を重ねた自分だから作れるドラマを模索しています」

テレビ東京のプロデューサーとして活躍する祖父江里奈さん。『来世ではちゃんとします』など、これまでにないヒロインの登場するドラマを手がけてきました。仕事にかける思いや、ドラマを通じて伝えたいことなどを伺います。

CREDIT :

写真/玉井美世子 文/木村千鶴 

▲ テレビ東京プロデューサー 祖父江里奈さん
テレビ東京の深夜ドラマ枠のプロデューサーとして活躍する祖父江里奈さん。これまでにないヒロイン像を描き出すことで、特に同性から大きな支持を得ています。人気ドラマを次々と生み出す祖父江さんは何を思い、どんな信念を持ってドラマを作っているのでしょうか。

人気作『来世ではちゃんとします』などを手がけた経緯などを伺った前編に続き、後編ではプロジェクトの責任者としての苦労や、今後の仕事についてお話しいただきました。
PAGE 2

スタッフに苦労をかける分、面白い現場作りを

── 祖父江さんは、『来世ではちゃんとします』や、『38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記』のように、これまではあまりドラマで焦点が当てられてこなかったヒロインを描いていますね。これはテレビ東京だからこそできるということもあるんでしょうか。

祖父江 うち(テレビ東京)は深夜ドラマが多いのも特徴のひとつで、だからこそ挑戦的な作品ができるとは思います。ゴールデンタイムって時間が浅いから過激なことができないというだけじゃなく、作品の図体も大きいんですよね。お金もかかるし、多くの人や組織が関わったり、著名な俳優さんが出演していると、いろんな制約も出てくる。テレビ東京には深夜帯の小規模な作品が多いので、小回りが効くと言いますか、取り残されたジャンルに果敢に攻めていけると思っています。

── 小回りが効くというと、予算も小さいわけですよね。制作する上で苦労があるんじゃないかと思うのですが……。
祖父江 めちゃくちゃ苦労しかないですよ(笑)! ロケはお金がかかるので、ラブコメなのに「店舗を使ってのデート撮影は禁止です」ってこともありました(笑)。

── ええっ(笑)。そんな苦労があるんですね。

祖父江 はい。その時は、家や公園とかで撮りました。心苦しいのはスタッフに苦労をかけることですね。私たちにできることは誠実に作品に向き合って、視聴者だけでなく、参加したスタッフにも俳優にも「面白かったね」と思ってもらえるような作品作り・現場作りをすることだと思っています。
PAGE 3

今は自分の“フェーズ1”が終わったところかな

── 入社してからやりたかったことはどのくらいできていますか。

祖父江 うーん、やりたいことってだんだん変わってきますよね。自分の初期衝動で作れるドラマはひと通り作った気はしているんですよ。そういう意味では、自分の“フェーズ1”が終わって、この先はどうしようかなと思っているところかな。この夏は「次は何をしようかな」ってずっと考えていたんですが、ぼんやりとしたワードがいくつか出てくるけど、まだ固まってはいないです。

── ご自身の転換の時期を感じている、と。

祖父江 私も年を重ねる中で、成長なり劣化なりして、見たいものも変わっていると思うんです。今、38歳になったところで、この先たぶん結婚とか出産っていうことに目が向かなくなってくるだろうし。

近頃のコンテンツには、マスから溢れてしまった感性みたいなものを拾い上げる風潮が出てきたと感じています。それはこの大サブスク時代の影響だと思いますけど。今までは視聴率競争からこぼれるものは正義ではないとされていて、だから若い・可愛い・キレイ・強いみたいのが正義だったんですが、小さくて面白い作品みたいなのが、地上波で成立しなくても配信で成立するようになってきてる。

それから、一般の方々のSNSなどがクリエイティブの現場になってる空気も感じますね。

── ただ、何人ものプロのフィルターを通って世に出すものと個人で発信するものは違いますよね。

祖父江 関わる人が多い分、より責任を感じます。もし、私個人で作って発信するなら何か失敗しても自分が謝ればいいですが、テレビ局として作っているものはそうはいきません。エンタメである以上、誰も傷つかないなんて無理だとは思うんですけど、世に出したものが誰かを傷つけることがないように努めることが、最大の違いじゃないかな。
PAGE 4

制限があるからこそアイデアが浮かぶ

▲ 吉田羊と國村隼が父娘を演じ、家族の愛憎を描いた『生きるとか死ぬとか父親とか』。 ©「生きるとか死ぬとか父親とか」製作委員会
── 今後の仕事の目標はありますか? 最近の傾向としては、プロデューサーとして独立する選択肢もあるのではないでしょうか。

祖父江 私は、実は怠け者なので、枷がないと何もしないかもしれない(笑)。だから会社にいるのは、自分にとってはちょうどいいと思っています。制限がある中だからこそアイデアも浮かんでくるし。条件の中で最大限の仕事をする。そういう仕事の仕方、生き方をしていく人間だと思っています。

── その生き方にこのテレビ東京は合っていると思われますか。

祖父江 そう思います。これだけ自由にやらせてくれる会社はないですからね。そして、イヤな人がいない。やることは多いけど、みんなが楽しく、いそいそと働いてる会社だから、私は居心地が良いです。入社時は違うテレビ局が本命だったので、「テレ東か〜」って思ったんですが、入ってみたらやっぱりここで良かったと思っています。
PAGE 5

柔軟に変わっていける大人がカッコいい

── LEON.JPでは、大人のカッコいいを模索しています。祖父江さんにとってカッコいい大人ってどんな人だと思いますか。

祖父江 変化することを恐れない人。何かに固執せず、柔軟に変わっていける人ですね。「生きるってことは変わるってことさ」という、新世紀エヴァンゲリオンに出てくる加持リョウジが言った有名なセリフがありまして。

私は未だにあの人が世界で1番カッコいいと思っていて(笑)。変わることを恐れない、変わっていくことに順応できる大人がカッコいいじゃないでしょうか。

● 祖父江里奈(そぶえ・りな)

テレビ東京所属プロデューサー。岐阜県出身、一橋大学社会学部卒。2008年入社、バラエティ番組担当を経て、2018年より制作局ドラマ室に異動。「来世ではちゃんとします」「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記」「生きるとか死ぬとか父親とか」等を担当(すべて動画配信サービス「Paravi」ほかで配信中)。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        テレビ東京プロデューサー 祖父江里奈「年を重ねた自分だから作れるドラマを模索しています」 | 著名人 | LEON レオン オフィシャルWebサイト