• TOP
  • PEOPLE
  • W主演、青山めぐ&雪平莉左。妄想「いい女」絵巻 -3-

2022.05.05

W主演、青山めぐ&雪平莉左。妄想「いい女」絵巻 -3-

「いい女」とはなんなのか? たぶん100人のオトコがいれば、100通りの「いい女」像があるのでしょう。というわけで、読者アンケートを元に、いまオトコたちが求める「いい女」像を、人気グラビアタレントのおふたりに演じていただきました。

CREDIT :

写真/平郡政宏 スタイリング/稲田一生 ヘア&メイク/YOBOON 撮影協力/The Strings by InterContinental Tokyo

W主演、青山めぐ&雪平莉左。妄想・いい女絵巻 -3-

似合う女性(ひと)

どんな時代になってもオトコは妄想してしまうのです。「いい女」のことを。
今回の特集では、事前にアンケートを実施。
そこで読者から上がった、さまざまな「いい女」を、人気タレント青山めぐさんと、雪平莉左さんが演じます。
-1-は「美しい女性(ひと)」、-2-では「ゾクゾク」させる女性(ひと)をテーマにお届けしてきました。
第三弾のお題は「似合う女性(ひと)」です。

Tシャツとデニムが似合う女性(ひと)

PAGE 2
PAGE 3
▲ カットソー1万4300円/アスペジ(トヨダトレーディング プレスルーム)、デニム2万900円/レッドカード トーキョー(ゲストリスト)、メガネ4万6200円/サヴァージュ(ジービーガファス)、ネックレス3万5200円、ブレスレット5万7200円/シンパシー・オブ・ソウル スタイル(S.O.S fp 恵比寿本店)
この「いい女」像は、おそらく80〜90年代ぐらいに生まれたのではないでしょうか。
CKの広告でデニムやTシャツをカッコよく着こなすスーパーモデルたち
その姿がそれまで男性のカジュアルウエアだったデニムとTシャツを一躍「いい女」の衣装に変えたんですね。
それはちょっとした革命だったわけですが
マスキュリンなアイテムを軽やかに着こなす女性って時代を問わず、惹かれるものがありますよね。

赤い口紅が似合う女性(ひと)

PAGE 4
▲ ワンピース15万1800円/エリザベッタ フランキ(エスケーシー)、ネックレス3万6300円、バングル5万7200円/ともにシンパシー・オブ・ソウル スタイル(S.O.S fp 恵比寿本店)、レザーケース1万780円、リフィル4840円/ともにラ ブーシュ ルージュ(エドストローム オフィス)
PAGE 5
赤い口紅が似合う女性。
これはもう普遍的な「いい女」のアイコンでしょう。
クラシックな「いい女」像とも言えますが、
オトコたちには抗えない、なにか本能的に惹きつけられるものが
赤い口紅にはあるのでは?

ハイヒールが似合う女性(ひと)

PAGE 6
▲ 靴13万900円、ピアス6万500円、ネックレス9万3500円、ブレスレット6万500円、バッグ14万1900円/すべてジミー チュウ、ドレスはスタイリスト私物。
女性の足を美しく見せるために進化してきた靴。
それがハイヒールです。
そのフォルムの源泉となっているのは、女性の曲線美なのだそう。
というわけで、これが似合う女性を嫌いなオトコがいるわけないですよね?
PAGE 7

黒が似合う女性(ひと)

PAGE 8
▲ ネックレス2万6400円/シンパシー・オブ・ソウル スタイル(S.O.S fp 恵比寿本店)、その他スタイリスト私物。
あらゆる光を吸収してしまう黒は
シックな色でもあり、華やかな色でもある
かように振り幅の大きい色でもあります。
これが似合う女性というのは、つまり
相反するキャラクターを合わせ持った
深い魅力がある人ってことなのかも。
エロスとタナトスを体現した色、とも言えますよね。
PAGE 9

青山めぐ&雪平莉左・インタビュー

うまくいなせる男性は、あ~「いい男」だなぁと思いますね(青山)

── おふたりは男性の目線と女性の目線、どちらがより気になりますか?

青山 それは昔から断然女性ですね。こういう言い方はメッチャよくないんですけど、男の人って大体ニコニコしていたら、可愛いなぁって言ってくれるけど(笑)。

── ちょろい?(笑)

青山 まぁまぁ(笑)。でも、女の人はすべてにシビアですし、私自身も無意識のうちに同性の立ち居振る舞いとか見ちゃいますよね。女性は女性に対して厳しいんです。だから同性の方に褒められたりすると、すごいうれしい。ホントに認められたんだなという、色眼鏡なしの感じがうれしいんです。

雪平 私も女性の目線が気になりますね。お仕事ではグラビアが多いので、今はSNSとかも、フォローしていただいているのはほぼ8割が男性がなんですが、それでも少数の女性の声が気になります。男性の方にはグラビアだと、なかなか私の内面まで見ていただくのは難しい気がするんですが、女性って多分写真以外のところも見ていただいてる気がして。シビアだとは思いますが、自分がどう思われているか興味もあります。自分的には、今後はグラビア以外の仕事も増やして、女性の方にも見ていただきたいなと思っているので、余計気になるのかもしれませんが。
PAGE 10
── では最後におふたりが考える「いい男」とは?

青山 え~。難しいなぁ。なんだろう。よく笑うとか優しいとか。なよなよした優しさのイメージじゃなくて、もっと包容力や思いやりがあるとか、そういうイメージかな。やっぱり女の人の方がキャンキャン、ガミガミうるさいじゃないですか。すぐ感情的になるし。それをうまくいなせる男性だと、あ~「いい男」だなぁと思いますね。

雪平 私は、仕事優先で思いやりもある人がいいですね。仕事をおろそかにして女性に依存する人はちょっとダメです。

── 最近は男性が弱くなって、逆に女性に包容力が求められたりしますが。

青山 確かに令和ですからね。男女のあり方が変わってきていますよね。私も今までは男の人に包んでもらって守ってもらって当たり前の20代だったんですけど、これからは一緒にいて落ち着く女性とか、包容力のような部分を磨こうっと思って、30代は(笑)。

雪平 私の周りもいわゆる草食系男子が多いような気がしますね。奥手なのか草食なのかよくわからないですけど、同世代ではあんまりガツガツ来る男性はいません。少し上の世代ぐらいの方だといるんですけど、同世代は少ないなぁと感じますね。

── ちょっとものたりない?

雪平 そうですね(笑)。私の好みも落ち着いていて包容力があって、頭が良くて仕事ができてみたいな感じなので、そうなってくると、やっぱり30代ぐらいの男性ですよね。
PAGE 11

● 青山めぐ(あおやま・めぐ)

 1988年 09月 28日、埼玉県生まれ。タレント、女優。身長164cm。趣味は日焼け、格闘技観戦、絵を描くこと、キックボクシング(ガチでやってます!)。特技は女豹のポーズ、柔道(黒帯)。猫20匹犬1匹の大家族。
Instagram/青山めぐ Megu Aoyama(@megu_19880928)
Twitter/青山めぐ(@aoyama_megu)

● 雪平莉左(ゆきひら・りさ)

1994年6月17日、愛知県生まれ。グラビアアイドル、モデル。身長164㎝。趣味はゴルフ、競馬、映画鑑賞。特技はダイビング、乗馬、腹筋を割ること、いちごの大食い。初のソロ写真集『とろける。』(集英社)が好評発売中。
Instagram/雪平 莉左 (risa yukihira)(@risa_yukihira)
Twitter/雪平 莉左(@risa_yukihira)

■ お問い合わせ

ジミー チュウ 03-5413-1150
トヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567
ゲストリスト 03-6869-6670
ジービーガファス 03-6427-6989
S.O.S fp恵比寿本店 03-3461-4875
エスケーシー 06-6245-3171
エドストローム オフィス 03-6427-5901

PAGE 12

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        W主演、青山めぐ&雪平莉左。妄想「いい女」絵巻 -3- | 著名人 | LEON レオン オフィシャルWebサイト