• TOP
  • LIFESTYLE
  • 【Dr.コパのモテる風水】2021年「三碧木星」の運勢は!?

2021.01.03

【Dr.コパのモテる風水】2021年「三碧木星」の運勢は!?

昭和9、18、27、36、45、54、63、平成9年生まれの人の風水における本命星は「三碧木星」(※各年の1月1日〜節分2月3日に生まれた人は「四緑木星」)。Dr.コパ氏に2021年のモテる開運術を聞きました!

CATEGORIES :
CREDIT :

文/小林照弘 監修/Dr.コパ

夏ごろに到来する幸運期に合わせて
正月明けのスタートダッシュが吉

▲ 将来のジャンプアップに向けて、2021年は力を蓄えるべき一年。

【総論】

3年先、5年先、10年先を見据えて、計画的に過ごす一年にしましょう。2021年は、将来のジャンプアップのために力を蓄える年です。未来のことは予測不能ですが、過去から学んだことを生かせば道は切り開いていきます。自宅の南西方位に観葉植物を置いてしっかりと育ててみると、この一年の運気もメキメキと育つでしょう。

赤と黄色のファッションが一年分の運気を支えてくれますから、差し色など意識的に取り入れてみましょう。目標をひらめいたら、真昼の太陽を背に受けて紙に書き移しておくと吉。

【金運・仕事運】

自分の能力を出し惜しみせずに行動に移すと大吉。良い運気は夏ごろにやってきますから、目標がある人は夏に照準を合わせて準備を正月明けから始めましょう。偶数の月に運気を変えるためのイベントがたくさんありそう。

仕事では、相手の意見に惑わされないことが大切。自分のなかの思い込みを払拭して客観的に物事を見る癖をつけましょう。仕事で使うバッグや名刺入れなどをベージュ色のものに変えると、金運・仕事運アップにつながります。年下の異性のビジネスパートナーとは、よく食事に行く関係をつくるといいですね。オススメは魚料理です。
PAGE 2

【恋愛・人間関係運】

良い出会いがやってくる予感があります。これまでの好みとは全く違ったタイプの人がやってきそうですが、固定観念にとらわれずに食事に誘ってみると、予想以上に意気投合するかもしれません。将来を一緒に描ける相手と愛情を育むには最高の一年になります。一方、相手の価値観や考え方を冷静に見極めて、将来がないと判断したら上手に距離を取っていきましょう。女性は左手のピンキーリングが、男性は新しい肌触りの良いネクタイが恋愛運を上げてくれそう。

【健康運】

自分がどのような環境にいると体調を崩すのかを分析し、根本的なケアを施すことが大切な一年に。また、歯は金運を動かすと風水では考えますから、2021年はしっかりと治療をしましょう。何となく不調を感じている人は、部屋の掃除やインテリアの配置などを見直してみてください。特に水回りが汚い家には邪気が集まりやすいので、しっかりと掃除をすること。プロの手を借りて月に一度、徹底的に掃除するのもアリですね。
● その他の本命星の運勢はコチラより

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL