2021.01.01

【vol.09】春画を極める

江戸のエロスは粋でユーモアたっぷりだった!

いい大人になってお付き合いの幅も広がると、意外と和の素養が試される機会が多くなるものです。モテる男には和のたしなみも大切だと、最近ひしひし感じることが多いという小誌・石井編集長(46歳)が、最高峰の和文化体験を提供する「和塾」田中康嗣代表のもと、モテる旦那を目指す連載です。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/トヨダリョウ 文/井上真規子

第9回目となる今回のテーマは、今、世界から注目を浴びている「春画」。性の営みを赤裸々に描いたユニークな浮世絵です。その大胆な描写により明治以降の日本では長らくタブーとされてきましたが、国内外の文化人による尽力で、近年ようやく美術品として認められつつあります。

そんなアツ~い春画の魅力を探るべく、春画復権の立役者の一人で、有名な古美術商「浦上蒼穹堂」の店主である浦上満さん案内のもと、石井編集長が江戸人のエロスをご指南いただきました。
【注意】本記事には数多くの春画が掲載されています。18歳未満の方、および性的な表現に触れたくない方は閲覧をお控えくださいますようお願い申し上げます。

春画って一体、なんぞや?

▲ 石井編集長(左)、浦上満さん(中)、田中康嗣さん「和塾」代表(右)
田中 「今日は春画の指南ということで、日本を代表する美術商、浦上蒼穹堂の店主、浦上満さんに来て頂きました!」

石井 「浦上さん、お久しぶりです! 昨年、シャネルが開催した『KYOTOGRAPHIE2019(京都国際写真展)』でお会いして以来ですよね。あの時の春画の展示は、とても記憶に残っています。でも確か浦上さんのご専門は、東洋古陶磁でしたよね?」

浦上 「こんにちは、ご無沙汰しております。私はもともと中国や朝鮮、日本の古陶磁を専門に扱っておりますが、浮世絵が個人的に大好きで長年収集してきました。『北斎漫画』のコレクションは10代の頃からで、今では世界一といわれています。春画は少し奥手で40代後半からです」

田中 「浦上さんの春画コレクションは、本当にすごいですよ。で、実際に春画を見る前に歴史を少し。これまで日本の美術界、正確には明治期以降ですが、春画は長い間タブー視されてきました。そんな中、春画を正式な美術品として初めて認めたのはイギリスだったんです」

石井 「確か、2013年にロンドンの大英博物館で春画展が開催されて、世界でも大きな話題になりましたよね」
▲ 2015年秋、永青文庫で開催された「春画展」の図録
田中 「そうです。大英博物館の春画展には、浦上さんの所蔵作品も出品されました。そこから紆余曲折ありつつ、浦上さんも含め、著名な文化人、美術研究家が結集して、日本で春画展を実現させるべく奮闘したのです。そして、2015年にようやく目白の永青文庫での開催にこぎつけたという経緯があります」

石井 「永青文庫での春画展も、大変な盛況だったと伺いました。今日は大英博物館にも出品されたと~っても稀少な春画をたくさんお持ちいただいたと!」

浦上 「超一級品がたっぷりありますから、お楽しみに」

田中 「じゃあ、さっそく見せていただきましょう!」

【ポイント】

■春画は明治期以降タブー視されてきたが、近年正式な美術品として認められつつある
■日本では2015年に初めて大規模な春画展が開催された

PAGE 2

人間の体は美しくて隠すようなものじゃなかった!?

浦上 「では、巻物から見ていきましょう。こちらは、平安時代に描かれた最古の春画『小柴垣草子』を、江戸時代に忠実に写したものです。春画といえば、版画のイメージをもつ方も多いと思いますが、これは筆で書かれた肉筆画です」

石井 「ということは、春画は平安時代からあったということですか? 女性がいい表情をしてますね!」

田中 「そうですね。もともと春画は、貴族や僧侶、武士など身分の高い人たちの間で流通していましたが、時代とともに版画の技術が発達したことで大量生産が可能になり、江戸期以降は庶民にも普及していくようになるんです」
浦上 「だから登場人物も身分が高い人が多いです。この絵巻は、平安中期の寛和2年(986)に、天皇の名代として伊勢神宮に奉仕するため、嵯峨野の野々宮で身を清めていた済子内親王が、イケメンの警備担当の武士を誘惑するという有名な話です」

石井 「ちゃんとストーリーがあるんですね! それにしても、皇女のような身分の高い女性は性に対してクローズなイメージがあったのですが、当時は意外とオープンだった……?」

浦上 「この絵巻の特色は、空想ではなく実際にあった事件を元にしていることです。それから一般的に、江戸時代の女性は封建制で窮屈だったと書かれることが多いですが、結構奔放だったようです」

田中 「処女信仰などの性に対する閉鎖的な考えは、欧米のキリスト教が入ってからのものですよね。春画を見ていると、性行為はとてもオープンで隠すものではなかったことがわかります。子宝を授かるための大切な行為ですから、豊穣を意味するとても縁起の良いものという認識だったのでしょう。だから、性に対して大らかだったんですよね」
浦上 「それに江戸には男性が圧倒的に多く、女性が少なかった。だから、女性は大変モテたようで、性事情も奔放だったんですね。旦那が三下り半を突きつける、なんて言ったりしますけど、女性の方からしたら別れてもいくらでも相手がいる時代でした」

石井 「へ〜! それは初めて知りました。面白いですね」

浦上 「幕末や明治になって日本にやってきた外国人も、春画を見てびっくりするんです。武家や大商人の家で、上品な奥様が『家宝をお見せしましょう』と言って、春画を恥じらいもなく自慢気に見せてくる。日本はなんという国だ、と驚いたそうです」

田中 「混浴もそうですよね。日本人の男女が堂々と裸で入浴していることに外国人が驚いた。人間の体は美しくて隠すものじゃないという考えがあったんです」

石井 「確かに明治以前は、日本はそういうことに対して大らかだったんですよね」
PAGE 3

春画はみんなで笑いながら見るもの

浦上 「春画の歴史を遡ると、中国から伝来したことがわかっています。良い性生活をすること=健全である、という良い意味で伝わってきたんです。日本でも、『古事記』にイザナギとイザナミの和合により日本が生まれたとあり、昔から子孫繁栄は非常に大事なこととされてきました。また、春画には初めは医学書的な意味もあったようです」
石井 「現代のポルノのようなものとはまったく別物だったということですね」

浦上 「春画とポルノの違いは、よく聞かれます。ポルノやAVは、男性本位で陰湿なものというイメージがありますよね。キリスト教が禁欲的だったため、性に関することは公にできなかった面があるのでしょう。一方、春画はオープンで明るい存在だったと思います」
田中 「春画は男性が自慰のために一人で悶々として見るものではなく、みんなで笑いながら見るものだったんですよね」

浦上 「そうです。局部が誇張して描かれているのは春画の大きな特徴ですが、これも作品として面白くするためなんです。中国の春画は普通に描かれていますから、日本人が工夫したんですね。日本人って、昔からそういうユーモアの感覚があるんです。春画を見た西洋人は、日本の男はこんなに立派なのかと驚いたという笑い話もあります(笑)」

石井 「それにしても昔は、春画をみんなで見ていたんですね!」

田中 「男性も女性も関係なく楽しめたのは、春画の世界が男女平等で、男女和合が基本精神としてあったからです。むしろ女性上位で、女性が誘っているようなものも多く見られます」

浦上 「だからというわけではないですが、春画は女性の研究者が多いんです。彼女たちになぜ春画の研究をするのかと聞くと、女性の視線から見ても不愉快なことがないという答えが返ってきます」

石井 「なるほど」
浦上 「とにかく明治以降は、春画なんて見てもダメだし、学問の世界からも締め出されてしまった。美術館や大学できちんとした春画を所蔵していても、隠さざるを得ない時代が続いたんです。本当につい最近までそういう状態だった。永青文庫でも、実はうちにはこういうものがあって、と春画展の際に初めて所蔵品を見せてくれました」

田中 「普通の家でも、立派な旧家には必ず春画があるんですよね。花嫁は春画を持って嫁入りするのが習わしでしたから。立派な家ほどきちんとした春画があります。さっきの肉筆画も皇女が描かれていましたが、皇室の春画のコレクションもすごいと聞いたことがあります」

浦上 「また春画は、世界の画家たちにも影響を与えてきました。オルセー美術館に、ギュスターブ・クールベの『世界の起源』という女性の局部をアップで描いた絵がありますが、これは春画の『大つび絵』からインスピレーションを得て描かれたものといわれています」

石井 「へ〜! とっても興味深いですね」
浦上 「次は江戸時代初期の肉筆春画です。全部で12図ある巻物。いろいろなシテュエーションで男女が交わっています。男性は烏帽子をかぶっているので高位の人で、女性も身分の高さを思わせます」

石井 「着物の色が鮮やかですね。春画はほとんど着衣のまま描かれているイメージがありますがなぜですか?」

浦上  「私は隠すことによって、よりエロティシズムが強烈になるからではと思っています。また服装などから、身分やふたりの関係性、季節感などがわかります。これについては、後ほど作品を見ながら詳しく説明していきます」

【ポイント】

■春画は肉筆画と版画がある
■中国から伝来し、日本では平安時代から描かれていた
■初めは身分の高い人たちが楽しむものだった
■男女の服装から、描かれた場面の背景を読み取ることができる

PAGE 4

「あぶな絵」とは、まだコトが始まっていない設定

浦上 「ここからは、浮世絵で有名な絵師の春画を見ていただきます。鈴木春信、喜多川歌麿、葛飾北斎など、浮世絵で名を馳せた絵師のほとんどが春画もたくさん描いたんです。こちらは、初めて多色摺りの木版画を始めた鈴木春信の春画です」
▲ 鈴木春信 「煙管」明和6年(1769)
石井 「構図から色使いからとっても洒落てますね」

浦上 「これは『あぶな絵』といって、まだ行為が始まっていない状態。男性は少し焦っているけれど、女性はキセルをふかして『焦りなさんな』と余裕のある雰囲気です。ふたりの後ろにある屏風に『春信画』と隠し落款がありますね」

田中 「こちらもあぶな絵ですね」
▲ 鈴木春信 「綿摘み女と若衆」明和5年(1768)
石井 「ふたりとも線が細く、美しいです。まるで女性同士の絵のようにも見えてきます」

浦上 「春信の描く男性は、女性のように華奢で美しいんです。特に、前髪がある男性は16歳以前の若衆で美しさも際立っています。若衆は当時人気があって、若い女性やおばさんはもちろん、おじさんにも人気があった。色も売っていたようです」

田中 「これは舟遊びの様子。猿回しの船を別の船から女性たちが見物していますが、よく見ると真ん中の男女が交わっている」
▲ 鈴木春信 「両国の開仕」明和7年(1770)
石井 「ほんとだ! こういうシテュエーションというのは、実在したことを描いているんですか?」

浦上 「基本はファンタジーですね。絵師たちは、消費者に飽きられないように様々なシテュエーションを考えて工夫を凝らしていました。鈴木春信の死後は、後継者として磯田湖龍斎という絵師が美人画や春画で人気を得ました」
浦上 「こちらが湖龍斎の絵ですが、よく見ると、3人います。亭主がぐ~ぐ~寝ている側で、奥さんが『大丈夫よ』と蚊帳を隔てて間男を引き込んでいる。セリフのような文字はお互いの会話がわかる『書入れ』というものです」

田中 「男性が襲っているというより、奥さんが早くしてというようなことを言っていますね」

石井 「面白い!  それにしても、本当に女性上位だったんですね」
PAGE 5
浦上 「こちらは、重陽の節句(菊の節句)に縁側で若衆が同じ年くらいの若い女の子と交わっているところ。女性は恍惚としていますが、男性は周りを気にしている様子がわかります。屏風には荒波のような模様が描かれていて、2人の激情を表しているとも読み取れますね」

田中 「鑑賞する際に接合部分や顔にばかり目がいきがちですが、周囲の要素も合わせて見ることがポイントです。着物や帯、髪型、小道具、屏風、花など、描き込まれた様々な情報を読み取って、当時の人は一層興味深く見たんですね」
浦上 「浮世絵版画は売れてなんぼの商業アート。肉筆画のように注文生産ではないし、売れなければ次の仕事が来ないので、そういう意味でも一生懸命工夫していました。狩野派など、将軍や大名のお抱えで楽して飯を食っている絵師たちは、努力を怠って堕落し、つまらない絵ばかり描くようになっていきましたが、浮世絵版画や春画はどんどん面白くなっていったんです」

石井 「それで新しい技法を生んだり、アイディアが次々生まれたんですね」

浦上 「そうです。江戸期、春画は禁制になって地下出版になったり、また表に出たり、もぐらたたきのような状態を繰り返していました。浮世絵版画は庶民向けと言いましたが、大名や武士などにも受容されて、購買層は全方位でした。江戸の三大改革で贅沢禁止令が出されましたが、春画は地下に潜っていたため、逆に制限がなくなって次から次に贅沢で新しい技術が生まれていったんです」
田中 「そうして生まれた技術は、美人画や役者絵などにも反映されていったんですよね。春画ってそういう貢献もしているんです」

浦上 「春画で陰毛の細かい線を表現するのは、ものすごく高度な彫りの技術が必要です。だいたい1mmの間に3~4本描かれていますから。それだけでも春画の技術がすこぶる高かったことがわかります」

田中 「描くのも大変なのに、版画で彫るんですからものすごいです。現代に復刻版の彫師さんがいるんですが、春画は細かすぎて再現できないというんです。今の技術ではあんなにすごい陰毛の線は出せないという」

石井 「日本文化の代表ともいる浮世絵人気を支えたのが春画だったとは! 驚かされることばかりです」

【ポイント】

■商業アートだった版画は、絵師たちの創意工夫が満載!
■春画で新しい版画技術が生まれ、浮世絵全体にも影響を与えた
■春画は女性上位のテーマが多く描かれている

※後編(こちら)では北斎や歌麿の春画をご紹介します。

● 浦上 満(うらがみ・みつる)

幼少の頃より、コレクターであった父、浦上敏朗(山口県立萩美術館・浦上記念館 名誉館長)の影響で古美術に親しみ、大学卒業後、繭山龍泉堂での修行を経て浦上蒼穹堂を設立。数々の展覧会を企画開催し、また、日本の美術商として初めて1997年から11年間ニューヨークで「インターナショナル・アジア・アート・フェア」に出店。ベッティングコミッティー(鑑定委員)も務めた。現在、国際浮世絵学会常任理事、東京美術倶楽部常務取締役。著書として「古美術商にまなぶ 中国・朝鮮古陶磁の見かた、選びかた」(2011年 淡交社)、「北斎漫画入門」(2017年 文春新書)など。

● 田中康嗣(たなか・こうじ)

「和塾」代表理事。大手広告代理店のコピーライターとして、数々の広告やブランディングに携わった後、和の魅力に目覚め、2004年にNPO法人「和塾」を設立。日本の伝統文化や芸術の発展的継承に寄与する様々な事業を行う。

和塾
豊穣で洗練された日本文化の中から、選りすぐりの最高峰の和文化体験を提供するのが和塾です。人間国宝など最高峰の講師陣を迎えた多様なお稽古を開催、また京都での国宝見学や四国での歌舞伎観劇などの塾生ツアー等、様々な催事を会員限定で実施しています。和塾でのブランド体験は、いかなるジャンルであれ、その位置づけは、常に「正統・本流・本格・本物」であり、そのレベルは、「高級で特別で一流」の存在。常に貴重で他に類のない得難い体験を提供します。

■和塾HP
URL/http://www.wajuku.jp/
和塾が取り組む支援事業はこちら
URL/https://www.wajuku.jp/日本の芸術文化を支える社会貢献活動

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        江戸のエロスは粋でユーモアたっぷりだった! | ライフスタイル | LEON レオン オフィシャルWebサイト