• TOP
  • ITEMS
  • 【定番】コンバース・オールスター、最強コーデ3選。いつもの着こなしが一発で変わる!?

2018.12.09

【定番】コンバース・オールスター、最強コーデ3選。いつもの着こなしが一発で変わる!?

ベーシックなデザインながら、こなしを一変させる力を秘めた「コンバース」のオールスター。この定番スニーカーを自在に使いこなすことが、モテる大人のこなしを手に入れる近道です。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/小野塚雅之 テキスト/押条良太(押条事務所)

合わせる着こなしを選ばない、世紀の定番スニーカー

数ある定番スニーカーのなかでも、「コンバース」のオールスターは特別な存在です。大人になって普段は高級靴ばかりでも、いまだにオールスターだけはときどき履いている、という方もは少なくないはず。そう、オールスターは流行や世代や超越し、合わせるこなしも選ばないキング・オブ・定番なのですね。

ただ、オールスターならなんでもいい、というわけではなく、いま大人が選ぶべきオールスターがあるのです。それはずばり「メイド・イン・ジャパン」のモデル。作りが丁寧なことに加え、アッパーの上質なキャンバスやコットンのシューレース、屈曲性とグリップ力を高めたソールなど、大人が履くにふさわしいスペックに仕上がっているのです。

そこで今回はメイド・イン・ジャパンのモデルの中でも、さらにド定番というべき白、生成り、黒の3カラーを使い、旬のモテるこなしを考えてみました。コーデの足元に一点投下するだけで装いが軽やかにアカ抜ける、その唯一無二のパワーをご覧ください。

● 白のオールスターの場合 

スーツコーデの脱マンネリは白コンにお任せ

ジャケット4万7500円、同パンツ2万円/麻布テーラー(麻布テーラー プレスルーム)、シャツ1万5000円/デザインワークス(デザインワークス 銀座)、タイ2万円/ステファノ ビジ(バインド PR)、バッグ1万9000円/カルティベイト(エストネーション)、靴1万2000円/コンバース(コンバースインフォメーションセンター)
主役はチャコールグレーの2ボタンスーツで、スーツと同色系のタイと白シャツでモードな雰囲気に。足元はドレス靴が正攻法なわけですが、問題はさほどドレス度を高める必要がないシーンに臨むとき。そんなときこそ白のオールスターの出番です。

キャンバス素材がダークスーツの装いにクリーンさと軽快感を演出しつつ、白が差し色となって印象がぐっと若々しく。オールスター特有のすらっとしたフォルムのおかげでスラックスとの相性も申し分ありません。
PAGE 2

● 黒のオールスターの場合 

レザーブルゾンのこなしに軽快感をプラス

ジャケット14万8000円/チンクワンタ、ニット3万2000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー)、カットソー1万1000円/スリードッツ(スリードッツ青山店)、パンツ3万8000円/PT01 フォワード(PT ジャパン)、サングラス3万8000円/アイヴァン(コンティニュエ)、ベルト3万9000円/J&M デヴィッドソン(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴1万2000円/コンバース(コンバースインフォメーションセンター)
ワイルドなレザーライダーズをハイゲージニットやウールのスラックスで品よくまとめた旬のコーデ。さらにカラーコーデはモノトーンにまとめて都会的なイメージを強調しました。

こうくると足元にはブーツなんかが思い浮かぶわけですが、一段上を狙うなら、黒のオールスターで。軽やかなキャンバス素材を合わせることでレザーライダーズ特有の重さやアクを程よく和らげつつも、黒が足元をきりっと精悍に引き締めるという寸法です。
PAGE 3

● 生成りのオールスターの場合 

休日のリラックススコーデにマッチするオフ白

ジージャン4万8000円/リーバイス®(リーバイ・ストラウス ジャパン)、ニット1万9000円/エディフィス(エディフィス 新宿)、パンツ3万8500円/インコテックス(スローウエア ジャパン)、帽子9000円/アナトミカ(アナトミカ 東京)、時計81万円/ゼニス、靴1万2000円/コンバース(コンバースインフォメーションセンター)
旬のジージャンをメインにした休日コーデ。インナーには白ニットを、パンツにはグレスラを合わせて大人っぽくまとめた点がキモです。で、仕上げとばかりに、足元は重いブーツや革靴ではなく、ちょっぴり黄色がかったオフ白、つまり生成りのオールスターを。

アメリカンテイストを感じさせる生成りのこなれたイメージはジージャンと相性抜群なうえ、リラックス感も演出可能。さらにアッパーを取り巻く赤いラインが足元のアクセントとしてひと役買います。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

麻布テーラープレスルーム 03-3401-5788
アナトミカ 東京 03-5823-6186
エストネーション 0120-503-971
エディフィス 新宿 03-5366-5481
コンバースインフォメーションセンター 0120-819-217
コンティニュエ 03-3792-8978
J&M デヴィッドソン 青山店 03-6427-1810
スリードッツ青山店 03-6805-1704
スローウエアジャパン 03-5467-5358
ゼニス 03-5524-6420
チンクワンタ 050-5218-3859
デザインワークス 銀座 03−3573−6210
バインド PR 03-6416-0441
PT ジャパン 03-5485-0058
リーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501
リーミルズ エージェンシー 03-3473-7007

この記事が気になった方は、こちらもどうぞ

【注目】話題のコレ! 新時代ダウン5選。その名もシンダウン、要記憶です!
ダウンの季節到来に、最新の機能性素材のご紹介を。その名も「シンダウン」。シート状に加工されたダウン混紡素材に、いまやモードからアウトドア系ブランドまで、世界中が注目しています!

【検証】Apple Watch 4 は、アレでも最強なんじゃないか説
いまや浸透どころか、腕時計業界において一大勢力となったApple Watch。その理由は、機能性だけではありません。ビジネスにも休日にも馴染む、マルチなデザインも要因です。

【検証】ロレックスの弟分「チューダー」がスゴイ!? その実力とは?
話題騒然の「チューダー」のなかでも「ブラックベイ フィフティ-エイト」こそは、大人が品良くアクティブに着けられる傑作ダイバーズウォッチ。スーツからカジュアルまで万能的に装いをランクアップさせる、古くて新しい超クールな腕時計の底力とは?

【注目】この冬、手に入れるべきニットはこの3タイプ! 印象が断然変わります!
冬スタイルにおける“縁の下の力持ち”といえるセーター。このセーターが装いとマッチしているかどうかでコーディネイトの完成度も決まります。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL