• TOP
  • ITEMS
  • 【注目】この冬、手に入れるべきニットはこの3タイプ! 印象が断然変わります!

2018.12.02

【注目】この冬、手に入れるべきニットはこの3タイプ! 印象が断然変わります!

冬スタイルにおける“縁の下の力持ち”といえるセーター。このセーターが装いとマッチしているかどうかでコーディネイトの完成度も決まります。トレンドと装いの方向性を考慮した、今季手に入れておくべき一枚を、スタイリングとともにご提案いたします。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/小野塚雅之 テキスト/長谷川 剛(Zeroyon)

スタイルがランクアップする三種の神ニット

木枯らしが本格化してきた昨今、ニットアイテムの有り難みがほっこり沁みる季節となりました。装いの核となるスーツやコート、それにジャケットなどは手持ちのものでも構いませんが、ミドルレイヤーたるニットだけは今季らしい一枚を買い足し、旬な雰囲気を打ち出したいものです。そこでこの秋冬スタイルを確実にランクアップしてくれる、3種の優秀ニットをご紹介。

1.タートルネックニット

まず第一に用意したいのがタートルセーターです。首筋にぴたりフィットする筒リブを備えた一枚は、非常に温かいことに加え、シャツとのコーディネイトなどを考えず装いを成立させられる便利なアイテム。スーツやセットアップに合わせることで、スマートかつエレガントな装いが手軽に作り出せるのです。

2.ケーブルニット

二つ目はワントーンコーデにエッジを添えてくれるケーブルセーター。装い全体をほぼ一つのカラーでまとめる着こなしは、確かにスッキリ洒脱に見えるもの。しかし、無地プレーンのセーターではアクセント不足に陥りがち。立体的な編み込み柄を備えたケーブルセーターを組み入れて、素材にメリハリをプラスすることで、ワントーンの着こなしに深みがでるのです。

3.カラーニット

第三のニットとして、特にお奨めしたいカラーセーター。一般化してきたワントーンコーデのカウンター・テクとして、いま再び差し色スタイルに注目が集まりつつあるからです。なかでも赤からの派生となるパープルやオレンジ系は、ネイビーやグレーといったメンズの基本カラーとも相性良く、しかも個性的なルックスに仕上がる洒脱な一枚です。

NEXT PAGE2/ 4

タートルネックニットはどう着る? 

セットアップをモダンに見せるタートルセーターのこなし

スーツ29万円/ルカ グラッシア(エストネーション)、タートルネックニット3万1000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー)、チーフ8500円/タリアトーレ(トレメッツォ)、時計77万円/ウブロ(LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ウブロ)、ベルト1万4000円/ダミーコ(バインド PR)、靴6万5000円/パラブーツ(パラブーツ 青山店)
スーツやセットアップをオフスタイルとして活用するとき。シャツやカーディガンなどの組み合わせを考える必要が出てきます。しかしタートルセーターならばソレ一枚でOK。寛ぎつつもすっきりエレガントな装いに仕上がるのです。

また、タートルセーターは首周りが冷えることもなく、加齢の出やすい首元をカバーできる利点をも備えています。特にブラックの一枚はグレーやネイビー、それにブラウンスーツ(セットアップ)に合わせられる万能ニット。モダンな洒落感が滲み出るところも魅力です。
左から、ブラウンハイネックニット2万3000円/ルトロワ(八木通商)、ライトブラウンタートルネックニット3万7000円/ザノーネ(スローウエア ジャパン)、ライトグレーモックネックニット1万9000円/アンドレア フェンツィ(コロネット)
左/上品なカジュアルセーター作りの名手である、仏国シャンパーニュ生まれのルトロワ。リラックス感溢れるブラウンのモックネックはしなやかなハイゲージ。レイヤード使いにも適した新作です。

中/美脚パンツとして知られるインコテックスと同グループの、伊国ザノーネによるセーターは、優雅な温かみが味わえる折り返しリブのタートル型。コートなどにも合わせやすいミドルゲージです。

右/イタリアの高級ニットブランドが手掛けるモックネックセーター。折り返しのないモックネックは、喉周りの詰まりを気にする人にも親しみやすい一着。細編みのハイゲージはドレープも実にリッチ。

NEXT PAGE3/ 4

ワントーンの着こなしが変わる、ケーブルニットの効能

王道のワントーンコーデに温かみと個性が加わる

コート14万2800円/チーニ(エリオポールメンズ銀座)、ニット4万6000円/チルコロ 1901(トヨダトレーディング プレスルーム)、カットソー1万1000円/スリードッツ(スリードッツ青山店)、スラックス3万9000円/インコテックス(スローウエア ジャパン)、眼鏡3万7000円/ジュリアス タート オプティカル(コンティニュエ)、ブーツ7万4000円/パラブーツ(パラブーツ 青山店)
たっぷりシルエットのコートをニットで着こなす素朴な装い方が、今季広く話題となっています。派手色柄のコートならいざしらず、プレーンな無地コートを軸とした場合、インナーまでプレーンなものでは視線が上滑りするアクセントレスなルックスになってしまいます。

そこで用意しておきたいケーブル編みのセーター。編み込み柄の立体感がひとつのエッジとなり、たとえワントーンの装いでもどこか味わい深い印象が作りだせるのです。ケーブル編みやバスケット編みの一枚ならば、季節感をさり気なく演出できるところもポイントです。
左から、チャコールグレーニット19万8000円/カンタータ(カルネ)、グレーニット3万5000円/バフィー(バインド PR)
右/昔ながらの職人技や伝統的な素材使いにこだわる日本のブランドカンタータ。このアランセーターは本格ツイードにも使われる英国羊毛を用いたホンモノを越える一枚。油脂分を残したローゲージの毛糸を二週間掛けハンドにて編み上げており、ずっしりとした手応えを持つところもポイントです。

左/ヨーロッパの高級メゾンもOEMにて生産する、伊国ニットファクトリーが打ち出すバフィー。実力派が作る新作は、パッチワークを思わせる複数の編み柄がランダムにちりばめられたデザイン。モードなコートやスポーティな化繊パンツにて装いを構築する場合、こんな一着があると助かります。

NEXT PAGE4/ 4

カラーニット一枚で着こなしが変わる?

トラッドな着こなしをカラーニットでブラッシュアップ

ジャケット6万2000円/サンタニエッロ(ラ ガゼッタ 1987 青山店)、ニット2万3000円/インバーアラン、シャツ2万2000円/ボルゾネッラ(ともに伊勢丹新宿店)、デニムパンツ8万7000円/ヤコブ コーエン(ヤコブ コーエン GINZA SIX)、ベルト1万4000円/ダミーコ(バインド PR)、ソックス1800円/シックストックス(ノーデザイン)、靴9万8000円/フラテッリ ジャコメッティ(ウィリー)
紺ジャケにジーンズを合わせた着こなしは、もう大人男子の鉄板コーディネイトです。ちょっと困ったときなどは“とりあえず生!”の感覚でこのセットに頼るのが一番。とはいえインまでネイビーのセーターではサスガに食傷気味……。そんな誰でも陥りがちなマンネリを避ける意味でも、是非カラーセーターをご用意いただきたいのです。

その昔は原色ニットを挟むというテクもありました。しかし今季は、ちょい変化球カラーを取り入れハズしの気分を添えるのがコツ。赤系でもパープル寄りだったりオレンジ系、もしくはくすんだ赤茶などが良いでしょう。ソックスなども色みを合わせて着こなせば、洒落感も倍増しになること保証いたします!
左から、レッドクルーネックニット2万9000円/アルテア(アマン)、パープルクルーネックニット7万3000円/ドルモア(バインド PR)、オレンジクルーネックニット2万8000円/バーニーズ ニューヨーク(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)
右/“前V”や太幅リブなどスポーティなディテールを取り入れた一枚は、若々しいルックスになるのがポイント。くすんだオレンジは派手すぎず適度に上品さを感じさせるカラーです。

中/カシミヤ100%のミドルゲージニットは、とろけるような極上の肌触り。浅めのパープルだからギラついて見えないところも好印象。個性的でありつつ驚くほど合わせるアイテムを選ばない一枚です。

左/情熱の気分を盛り込みたい場合は、王道の真っ赤なセーターで元気よく。この一枚はウールシルクの高級なハイゲージ仕様。あえて袖口や裾にリブを設けないデザインゆえに、カットソー感覚でサラリと着こなせるところが特徴です。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

アマン 03-6805-0527
伊勢丹新宿店 03-3352-1111
ウィリー 03-5458-7200
エストネーション 0120-503-971
エリオポールメンズ銀座 03-3563-0455
LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ウブロ 03-3263-9511
カルネ 03-6407-1847
コンティニュエ 03-3792-8978
コロネット 03-5216-6521
スリードッツ青山店 03-6805-1704
スローウエアジャパン 03-5467-5358
トレメッツォ 03-5464-1158
トヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567
ノーデザイン 03-6677-7208
バインド PR 03-6416-0441
バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター 0120-137-007
パラブーツ 青山店 03-5766-6688
ラ ガゼッタ 1987 青山店 03-5468-5330
リーミルズ エージェンシー 03-3473-7007
八木通商 03-6809-2183
ヤコブ コーエン GINZA SIX 03-3572-0017

この記事が気になった方は、こちらもどうぞ

【検証】ウブロがモテ続ける、そのワケは?
革新的なプロダクトで高級時計の常識を塗り替え続けるウブロ。その魅力をエポックなモデルの歴史と、ファッションの両面から徹底的に紐解きます!

【検証】Apple Watch 4 は、アレでも最強なんじゃないか説
いまや浸透どころか、腕時計業界において一大勢力となったApple Watch。その理由は、機能性だけではありません。ビジネスにも休日にも馴染む、マルチなデザインも要因です。

【必須】大人が選ぶべきブーツ5選。今季の注目は断然アウトドア系!?
秋冬の定番シューズといえば、なんといってもブーツです。なかでも今年大豊作となったぽってりフォルムのマウンテンブーツは、大人の秋冬スタイルに多大な恩恵をもたらします。

【鉄板】ザ・ノース・フェイスの逸品4選。冬のお役立ちはコレ!
今年は暖冬らしいとはいえ、冬はやっぱり寒いもの。でも着膨れしたり、動きにくかったりするのは勘弁です。ということで、冬でもアクティブに過ごせるアイテムを「ザ・ノース・フェイス」で探してみました。

【絶対定番】黒アウターの旬なこなし方3選。人気ブランドのワザはコレ!
生地が地厚になったり、また重ね着によってかさばりがちな冬コーデ。スッキリと洗練させるなら、アウターを黒にするという選択肢が有効です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事