• TOP
  • ITEMS
  • 【基本】大人のミリタリーアウター5選。休日コーデはやっぱコレ!

2018.12.09

【基本】大人のミリタリーアウター5選。休日コーデはやっぱコレ!

機能から生まれた実用デザインが魅力のミリタリーアウター。とはいえ、大人が着るなら武骨さ控えめの"ちょい上品ミリタリー"がオススメです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/小野塚雅之 テキスト/安岡将文

トレンドに関わらず、相棒と呼べる存在

オトコなら誰でも大好物なミリタリー。最近ではMA-1がトレンドアイテムとして人気を集めましたが、本来トレンドに左右されない普遍的スタイルなので、値が張る冬アウター選びにおいては実に頼れる存在です。さらには、多ポケット使いをはじめとしたデザインが、実用面の機能性に優れているところも魅力のひとつです。とはいえ、あまりに武骨すぎるのは考えもの。大人のミリタリーは、あくまで品良く洗練させるのがお約束です。

● コーディネート例 

スラックスとも好相性なヴィンテージ顔

モッズコート7万9000円、タートルネックニット3万9000円、スラックス3万2000円、ブーツ参考商品/すべてポロ ラルフ ローレン(ラルフ ローレン)
1950年代にアメリカ空軍で極寒地用フライトジャケットとして採用されたN-3B。ミリタリーな冬アウターにおける大定番です。

こちらは、酸素マスクをクリップ留めするためのオキシジェンタブや、エアフォースマークをアレンジしたアームのプリントなど、オリジンへのリスペクトを示しながら、コットン×ナイロン生地にすることで軽い着心地に。ヴィンテージ加工がタフさを誇示しますが、カーキの発色が抑えめなので、タートルネックニットにグレスラという大人コーデにも意外となじみます。
PAGE 2

◆ アスペジ 

これ1着で来春まで着回せます

ジャケット9万8000円/アスペジ(アスペジ 六本木店)
1965年にアメリカ陸軍に採用された、フィールドジャケットの決定版M-65。様々なブランドからリリースされていますが、大人はやっぱり「アスペジ」でしょう。ポリエステル×ナイロン地に染めをほどこしてヴィンテージ感とタフさを演出する一方で、一方でシルエットはコンパクトで洗練顔に。保温力の高いサーモアを中綿に採用した着脱可能なベスト付きなので、ロングシーズン着られます。

◆ ナイジェル・ケーボン 

ずっしりとした重さがオトコ心を刺激

コート22万円/ナイジェル・ケーボン(アウターリミッツ)
林業をはじめとしたワークウェアのマッキノーコートを出自とし、1940年代にはアメリカ軍将校が着用したジープコート。ヘチマ型の大振りな襟、ダブルブレスト、ハンドウォーマーポケットなど、オトコ心をくすぐる要素が満載です。こちらは、たっぷりとオイルを含んだ上質なホースハイドを採用。ムラ感のある染めとともに、ヴィンテージ感を楽しませてくれます。着心地は、見た目通り重量級です。
PAGE 3

◆ ストーン アイランド

まさしくフライトできそうな極軽量

ブルゾン9万8000円/ストーン アイランド(トヨダトレーディング プレスルーム)
MA-1やA-2などに代表される爆撃機用フライトジャケット、またの名をボンバージャケットをベースにしたこちら。斜めに走るジップラインとジップポケットに、ストーンアイランドらしさが見て取れます。

さらに見どころは生地にもあり。ポリウレタンを25%もブレンドした薄手で軽量なスーパーストレッチナイロンが、ノンストレスな着心地を提供。さらに特殊な物質を加えたガーメントダイ加工によって撥水効果も得ています。

◆ タトラス アールライン 

ミリタリー×ラグジュアリーといえばコレ

コート15万円/タトラス アールライン(タトラス ジャパン)
N-3BをベースにしたFONDO。パラシュートボタンや風防フラップ、アームのツールポケットなどミリタリーなディテールを踏襲していますが、その生地使いとファーは一転してラグジュアリー。生地はロロ・ピアーナ製のレインシステムを採用。スーパー150sという上質なシルクウールを用いながら、撥水性を備えています。ファーは、毛足の長いラクーン。大人の上質ミリタリーアウターの名にふさわしい1着です。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

アウターリミッツ 03-5457-5637
アスペジ 六本木店 03-5413-5699
タトラス ジャパン 03-5708-5188
トヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567
ラルフ ローレン 0120-3274-20

この記事が気になったかは、こちらもどうぞ

やっぱりハズせない! 大人が選ぶべきは美脚デニムパンツ
大人の休日コーデに欠かせないデニムパンツ。その選び方について、今一度正しく理解しておきたいものです。

【注目】話題のコレ! 新時代ダウン5選。その名もシンダウン、要記憶です!
ダウンの季節到来に、最新の機能性素材のご紹介を。その名も「シンダウン」。シート状に加工されたダウン混紡素材に、いまやモードからアウトドア系ブランドまで、世界中が注目しています!

【検証】Apple Watch 4 は、アレでも最強なんじゃないか説
いまや浸透どころか、腕時計業界において一大勢力となったApple Watch。その理由は、機能性だけではありません。ビジネスにも休日にも馴染む、マルチなデザインも要因です。

【検証】ロレックスの弟分「チューダー」がスゴイ!? その実力とは?
話題騒然の「チューダー」のなかでも「ブラックベイ フィフティ-エイト」こそは、大人が品良くアクティブに着けられる傑作ダイバーズウォッチ。スーツからカジュアルまで万能的に装いをランクアップさせる、古くて新しい超クールな腕時計の底力とは?

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL